むらいむらいとです。 

「らいむらいと」「CARO」所属 お嬢の 日々反省日記。

4月8日 五反田 ロッキー

2017年04月29日 14時24分29秒 | りさいたるレポ
4月、らいむらいと2本の舞台を終えたその翌日はCAROでした。
五反田までお越し下さいました皆さまどうもありがとうございます。
相方の最鋭輝が体調不良で倒れてしまった事、3月後半のらいむらいと演奏旅行中に知りました。
今回のロッキー 無事舞台に立てるか心配しており「決して無理しないで!」とは言っていたのだが。
本人から「無理せず・・座ってなら何とかできる!」とイベント日直前に連絡があり。
それで 決行しました。

モッキーとはもう長い付き合いになるが。
見ていて、彼は本当に心意気の強い男で。何事も前向きに捉え 決して弱音吐かず。
周りとの信頼関係も多く。それは彼の厚い人望、常に細かいところまで行き届く気配りによるものだとあたしは思っている。
それに何より やさしい男だ。
必然的に 抱え込むものが非常に大きくなってしまい、心と身体が今回SOSを出してしまったのかな。

ですがこの日。
最後まで元気な姿でイベント終える事ができ ほっと胸を撫で下ろしました。

最鋭輝と知り合って間もなく 新宿JAMでの「朝まで生ムード」という彼主催による深夜トークライブイベントにあたしゲスト出演し。
その後、2人のコーナーを独立させて「ネオフォークナイト」という形で月1回JAMで深夜イベントやっていた時期があった。
ON AIRランプ点してラジオ番組風にして。もうその頃はCAROと名乗っていたように思います。
そうこうしていると今度はインターネットラジオで「ネオフォークナウ!」というCAROの番組を持たせていただく事になりました。
ラジオ局なき後も、G-arkや下北沢CCO、モッキーがスタッフで働いていた以心伝心、と場所を変えてイベント継続させた。賀句さんのソウルキッチンでやった事もある。G-arkとCCOではMARKさんにもゲスト出演していただきました。
今回モッキーのアイデアで、久し振りに「ネオフォークナイト」のようなラジオ番組風にして。
楽しかったなぁ。
入り口でお渡ししたアンケート用紙をあたかも番組宛のお便りのように見立てて、それを読ませてもらいながら進行しました。

<一部>
1. 一人で行くさ
2. たんぽぽ
3. 個人的メッセージ
4. 一人にしないよ
5. 人は生れて
6. 四葉のクローバー
7. ロージー
8. 愛のない世界
9. 吟遊詩人


マスターも。今回モッキーの体調を気遣い「私のお喋りの時間を増やして何とか助けてあげようと思いますー!!」と、楽しい小噺を沢山してくださいました(*´ω`*)

<二部>
1. 蒼いハイウェイ
2. 花の伝説
3. 君の誕生日
4. 銀河旅行
5. 木馬
6. 時の魔法
7. 涙はいらない
8. 風にのって
9. 散歩
10. 口笛ふいて
11. 暗い部屋

思ったのですが。
MARKさんと我々 過去に京都、名古屋、郡山、仙台へ演奏しに行きました。
郡山〜仙台公演に関してはお亡くなりになる約2ヶ月前。
後から考えて その時身体相当きつかったはずなのだが。
だけどMARKさんどんな時も一切弱音吐かず、仙台の帰り際でさえ「楽しかったねぇ〜!!また色んなところに行きましょうね。皆 待っていてくれてるからね!!」とずーーっと話してた。
なんだか。
モッキーの がんばり過ぎてしまうところってMARKさんゆずりなのかなぁ。。とも思いました。
これからは、無茶し過ぎないようやってゆこうと思っていますが。
MARKさんから感じ取った 心意気は ずっと大切にしてゆきたいです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月6日 渋谷 ラ・ママ、4月7... | トップ | 4月15日 歌舞伎町 ソウルキ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-04-30 00:16:59
仙台といえば、高熱のまま出演されていましたね。
それでも、昔の憧れと一緒にギターを持参されたような、往年のファンの人たちと盛り上がった、素晴らしい(男性的な)ライブで、どこよりも記憶に残っています。
お二人とも、どうぞご自愛ください。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL