むらいむらいとです。 

「らいむらいと」「CARO」所属 お嬢の 日々反省日記。

4月15日 歌舞伎町 ソウルキッチン

2017年04月29日 16時16分28秒 | りさいたるレポ
15日はソウルキッチンにてあたし最後の弾き語りでした。
お集り下さいました皆さまどうもありがとう。
相当の思い出詰まっているお店ソウルキッチン。
確か2012年「この世の果て」のマスタリング完了して間もない頃に オープンしたてのお店にらいむらいととして出演したのが始まりで、その後も定期的にらいむらいとワンマンショーという形でこの場をお借りしていたし、あたくし個人的には 沢田研二、甲斐よしひろ、加藤和彦、吉田拓郎、井上陽水をリスペクトするイベントには弾き語りでほぼ参加させていただいた。CAROのイベントもやった。日本のロックにいかに洋楽のパクりが多いか!を徹底検証するという面白いイベントにも参加させていただいた。平成フォークジャンボリーなるイベントにもよく出演しました。更に。更に。まだまだ色んなイベントありました。。沢山の素晴らしい音楽家とここで知り合いました。
それから、敬愛する井上堯之さんの前座をソウルキッチンで務めさせていただいた事もあった。この日の事は自分にとって一生の宝物です。
賀句さんとは、青い部屋の時からお世話になっていて。
10代の頃ジョニー・サンダースの伝記「イン・コールド・ブラッド」を貪り読んだ その時想像していたロック評論家というイメージとは違った・・昭和歌謡、GS、あんぐらフォーク。はたまたシャンソンなどのワールドミュージックまでもこよなく愛する鳥井賀句という人物として青い部屋で知り合い。今までその辺りの音楽のお話も沢山沢山ご一緒させていただきました。
んーーーソウルキッチンでの思い出だけを挙げていっても もうきりがないほど。


あたし。この日、何を唄ったらよいのか・・なんとなくおのずと決まっていたように思います。
自分にとってどの曲も 門出に立つ思いで演奏した。
1. 訣別
2. 挽歌
3. ひとつだけ
4. 時の過ぎゆくままに(沢田研二)
5. 自己嫌悪
6. 希望の花
7. ママリンゴの唄(デイヴ平尾)
最後、ママリンゴの唄を唄いながら「これで最後か」と思うと泣けてきた。


ご一緒させていただいた皆さんも それぞれソウルキッチンへの思いを持って演奏されていた。
終演後も思いで話尽きず。最終列車ぎりぎりまで皆さんと語り合った。


賀句さん。
あたしのようなひよっこに いつも「お嬢!!またよろしくな!!」とお声かけてくだすってありがとうございます。
「またよろしくな!」が いつも本当に嬉しかった。
この5年。自分の出演日以外でも 何かコンタクトとる事があれば、夕方ソウルキッチンのドアを開け「賀句さーーん!!」と顔出した。
この先 こんな風にふらっと賀句さんを訪れる扉がなくなってしまうのは自分にとって寂しいけれど。
でもまた これからもずっとあたしはお世話になりたいと思っている。
とりあえず、少しゆっくり身体休めてください。
で、落ち着いたら色んなお話またご一緒させて下さい。
それから またバンドのイベントにも呼んで下さい。

5年間 お疲れさまでした。
本当にどうもありがとうございました
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月8日 五反田 ロッキー | トップ | 4月24日 荻窪 クラブドクター »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL