北へ南へ、東へ西へ

旅と山歩き・街歩きの記録です 今を語りながら過去も振り返って

静かな湖畔の森の・・・ 道の駅「いりひろせ」:新潟県魚沼市

2017-05-18 16:46:08 | 水のある風景

2017GWの旅 その4

 山に囲まれた静かな池・・・湖とは呼べない大きさ・・・「鏡ヶ池」とあった。

 銭淵公園を跡に山際へ戻り大月トンネルを抜けて「カタクリ」さて次は・・・とりあえず「道の駅」巡りとした。農道にも似た田園の中の道をくねくね行くとやがて関越道に近づき小出IC近くの道の駅「ゆのたに」についた。尾瀬や奥只見への通過地点観光地の玄関で施設も駐車場も広く品揃えも豊富だが、たびたび訪れているので目新しさに乏しい。あと二日滞在するので買い物も考えなければならない。

 情報板を見ると田子倉湖経由の252号も奥只見湖352号の檜枝岐方面も会津への道は冬季閉鎖が続いているようだった。それでは通行量は少ないはずと田子倉湖方向に向かった。道の駅「いりひろせ」を目指した。

 道の駅としては環境がよい。静かな池と、桜の花も残っている。女神像の由来は判らない

 スワンボートは後で調べると「無料」とあったが???

 この碑は「鏡池整備完成記念」とあった。地元の思い入れはかなりのものだ。

 ここは「魚沼市」さっきまでいた六日町は「南魚沼市」、平成の大合併はよそ者を混乱させてしまう!!

 もう一つ???いりひろせに関するサイトで運がよければ「アヒル」の泳ぎが見られるとあったが、確かに目の前を横切って泳いでいた。シャッターを何枚か切ったが、保存されていない。対岸の東屋も、池畔の桜も同じ???前にも同じ現象があったが???

 ほとんど車の通らない252号線を道の駅「おぢや」「越後川口」経由で帰路についた。

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北国の春 銭淵公園:新潟県... | トップ | 雁木通りだった 鈴木牧之記... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。