北へ南へ、東へ西へ

旅と山歩き・街歩きの記録です 今を語りながら過去も振り返って

海はあった! 国営ひたち海浜公園④:茨城県ひたちなか市

2016-10-13 12:14:51 | 水のある風景

 公園を半周ほどして「砂丘エリア」まで来て、やっと海の見える所へ来た!

 海浜公園の名称がついているから海辺にあるに違いないと思い込んできたが、観覧車の上から眺めても遙か公園の外れに海原が見えているに過ぎなかった。とにかく外周沿いに公園内を巡り海を見に行くこととした。

 観覧車を降りて、沢山の種類の遊具の間を抜け、花のないフラワーガーデンを眺めて南口エリアへ向かう。「アカシアの並木」とあったような気がするが、例によって植物の名前は定かでない。

 振り返るとこのエリアまで続くドームが見えているが、あの中には子供が走り回っていたが、並木道に入ると人の姿は時折見かける程度だった。

 「南口エリア」の目玉は何か不明だったが、メインはこの「泉の広場」と隣に広がる「泉の広場ガーデン」?? 泉は僅かな噴水と花壇には花の終わったひまわりの残骸があったのみ!夏の盛りには広場いっぱいに水が溢れ、子供たちの水遊び喧噪で賑やかだったのであろう。

 泉の先背の低い灌木の間坂を上る、「砂丘エリア」となる。一段下がった所に園内に張り巡らされている「サイクリング・ロード」があった。こちらは沢山の自転車が行き交っていた。

 砂丘を上り詰めるとやっと海が見えてきた。これぞ「海浜公園」!

 ??公園の外周は公道が走っている!直接海に近づくことは出来ない。海浜口近くに(海浜テラス辺り)園内を周遊している「シーサイドトレイン」が現れた。???「シーサイドトレイン」???シーサイドを走るのはこの辺りのみなのだが???

 海浜口を素通りして森の中へ入ると瀟洒な佇まいの「グラスハウス」が見えてきた。

 中はレストルームになっていて軽食と喫茶が出来るよう、落ち着いた雰囲気を楽しむ人々がかなりいた。散歩道には人影が少ないのに、要所要所には人がいる???公園に通じたリピーターか?

 自然観察の「グリーン工房」陶芸教室も開く「陶芸工房」を通り過ぎると目の前に広~~い草原が現れた。「草原エリア」、遙か彼方に観覧車が見えている。

 ばかでかい「ススキ」??と勘違いしていた「ジニア」が片隅に・・・草原の周りにも植えられていた。

 この後園内を突っ切る道路を橋で渡って最初に掲載した、「みはらしエリア・みはらしの丘」を経て西口から退出した。掲載漏れしていた「みはらしの丘」から見た「みはらしの里、古民家」の画像を追加した。里山の風景を再現している。

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久しぶりの観覧車 国営ひた... | トップ | オランダ型風車ですがここは... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。