北へ南へ、東へ西へ

旅と山歩き・街歩きの記録です 今を語りながら過去も振り返って

静寂に包まれて 浅草寺:台東区

2016-12-20 16:08:04 | 東京ぶらり旅

 浅草寺仁王門。浅草はしばしば訪れるので何回もレポートしているが、有名観光地なのでweb上に情報が溢れているのでついはしょってしまう。仁王門の全体像は多分初めて!

 月に一度の大学時代の仲間の勉強会・・・かってはスライドを持ち寄ったり講師を招いたりしていたが、そろそろ仕事を間引き始めた年代に入り、最近では情報交換と懇親(飲み会)になってきた。1年交替で幹事持ち回り、幹事の地元で開催が多いのでこの1年は浅草三昧だった。そして先週火曜日が浅草最終日、浅草寺裏手には「検番」が存続していて、かっての料亭街だった場所、僅かに残っている「料亭」が会場だった。

 午後7時前だが、仲見世の大半はすでに店を閉じていた。浅草寺内も僅かな参拝客だけだった。時間が押していて会場に直行したので、写真は帰り道午後9時を僅かに過ぎただけだが殆ど人影はなかった。この時間我が地元の渋谷では駅から人が街になだれ込んでいる・・・。

 雷門と文字が違っている仁王門の提灯。

 こちらは雷門、2011年4月撮影の再掲になるが並べてみた。

 本堂も静寂の中だった。

 駅へ向かう仲見世はすべてシャッターが閉じ、寝場所を決めて人気の無くなるのを待つホームレスの人影のみとなっていた。

 料亭といっても「黒板塀にみこしの松」は過去のもの、縦に積んだビルの中、それでも窓の外広いベランダには坪庭が設えられていて、借景にスカイツリーがクリスマスバージョンに彩られていた。が、残念ながら窓ガラスの反射で撮影は失敗していたので、4月、アサヒビールのビルの谷間の広場、川向こうの墨田区から撮影したスカイツリーをアップした。

『散歩』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美術館もありました・五浦海... | トップ | 混雑嫌いが雑踏の中に居た ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。