ちょい不良ゴーシュの豪酒録

何年やってもビギナーチェリストの日記

海外研修安全ガイダンス

2017年08月09日 13時51分26秒 | First Penguin Stories
8月8日に薬学部の国際交流プログラム参加者を対象とした「海外研修安全ガイダンス」が開かれました.
外国では,日本の常識は通用しません.
そこで,海外研修行く前に,安全のための基礎知識や,これまでの海外研修のトラブル事例などをしっかりと学びます.



ちなみに,平成29年度の海外研修に参加する薬学部生は,

2年次・中国研修(天津外大)25名,
3~5年次・日中韓三大学合同教育研修(瀋陽薬科大)7名,
6年次アメリカ医療臨床薬学研修(UCR)10名.

東洋医薬学の本場や臨床薬剤師の先進国で,日本では学んだり触れたりすることができない専門領域に関する見聞を深めます.
それと同時に,海外研修は渡航先の情報を収集する力や,状況に応じた判断力を養成する訓練にもなります.
学生時代の海外研修や留学は,将来どの国へ行っても,自らの判断で行動できる人になるための第一歩です.

薬学部での学びは,国家試験の勉強だけではありません.
薬剤師免許に加えて,学生時代にどれだけ多くのプラス・アルファの知識や経験を身につけることができるのか?
この点が,将来の薬剤師としての伸びしろに,大きな影響を及ぼすことだと思います.

学びの場を海外に移して,ふだん講義室や実験室では体験できない多くのことを学び,全員無事に帰国してネ!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成29年度・総合薬学研究発表会 | トップ | とんこつ醤油らーめん・唐揚... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL