楽しい!?#$%&~

楽しいこと、楽しい話をして、楽しく生きる、たのしいサイト。

グラストラッカーのチューブレス化~改造は失敗

2017-08-12 | バイク
グラストラッカーのチューブレス化です。
夏休みなので、バイクいじります。
スポークホイルをチューブレスにする改造です。

けれど、結果は失敗です。
ちゃんとしたつもり、なのに、空気が抜けます。。。
スポークのニップルに洗剤を塗ると、怒った蟹さんみたいに、泡吹きます。

チューブレス改造は、2回目。
今回の方法は、ブチルゴム粘着テープを使う方法です。

前回、加工した時は、空気漏れはなかったように思う。。
転倒した後、放置している間に中がおかしなことになったのか?
転倒のダメージでなったのか?
しばらく放置していたら、空気が抜けてました。

とにかく、タイヤを外します。

ちからの入れやすい、らくちんなメガネ・レンチは、入らない。。。
回すのに力が必要な片口スパナを入れて蹴ります。

リムから、
タイヤをはずすのに1時間以上かかってしまった。
ビードが落ちない。チューブレスタイヤは硬く、リムにハマり込んでます。
タイヤレバーのあつかい方・・・ビードの落とし方の、
コツをつかんだつもりでも、忘れてしまった。認知症か?ただの老化か?年だねぇ。。

中は???
上に耐候性ガムテープ。その下にブチルゴム粘着テープ。。。

リムは、こんな状態になってます。
やすりできれいに落として、錆止め塗ったつもりでも、またサビサビ・・・

テープの内側がサビサビ?

だめじゃん、これ。。。
錆止めはサッパリ効果がありません。
ロックペイントもアサヒペンもダメです。

チューブレス改造について、要点をまとめます。

1.シリコンで固める方法は、うまくいった。ボルティーの鉄リムは、こんなに錆びなかっただけ??
 問題点は、シリコンがぽろぽろと割れてくるので不安。
2.ブチルゴム粘着テープでふさぐ方法は、失敗。
 うまく粘着しない。リムがさびれば、アウト。
 「鉄リムには不可」・・・某メーカー品チューブレスキットの注意書きと同じです。

グラストラッカーの鉄リム・スポークホイルを、テープ貼りで、チューブレス化する事は難しい。
計画のやり直しです。

今日は、疲れました。。。汗だくヘトヘトです。
時間もないし、作業は中断、今日は終わりにします。
こんなことではへこたれない。きっと、最後にはうまくいく。

うまい方法は、明日考えよう。

たのしい。
『メンテナンス』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メダカの水鉢に何かの卵 | トップ | グラストラッカーをチューブ... »

コメントを投稿

バイク」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。