釣・食・感

釣行記録と釣魚料理、雑感等をつらつらと。

【釣】トラフグ 4/28(野毛屋) 「達成するも満足せず」

2017-04-29 21:50:00 | 釣り
野毛屋さんでの今季2度目のトラフグ釣行。
前回のハリス切れから、ワイヤーで対策した特製カットウを作成、リールのPEラインも新調し、万全を期して挑みますよ。

野毛屋さんに5:00着で駐車カードは7番目のラッキーセブン。
予約人数が少ないから出船は健船のみとのこと。釣り座は狙いの両艫が取られてたから、左舷舳1番をチョイス。幸先が良い感じがするぞ。


(健船長の船は2ヶ月振りだ。)

出船準備をしていると、総員16名だから8名ずつで2船出しにするとアナウンスがあり、半数が俊船に移動した。余裕の釣り座になって、プラス要因が加算される。
全てが必然に向けて動き出しているようだぞ。


(潮はこんな感じ。)

前回釣行では2kgとか3kgとかを揚げるイメージが全く出来てなかった。半信半疑のまま挑んだ感じだったのが、今回は違う。人事を尽くしたからか、なぜか不敵な自信がある。


(人事を尽くしたカットウ。)

対トラフグ用ワイヤーカットウには視覚と聴覚にも訴えようと、カワハギ用のラバースカートとボーンラトラーまで着けた。これでもか!と人事を尽くしまくりますよ。


(釣り場は久里浜沖。)

釣り場に着いたら集まって、船長から釣り方のレクチャーを受ける。
基本は指示ダナから水面までキチッと誘うとのこと。トラはエサを追って浮いてくるので、水面まで誘うことでより浅い水深に寄せることにもなり、揚げる確率が上がるのだろう。

誘いは2通りを教わる。
1つは、2秒でリールを1回転のペースでのただ巻き。指示ダナから水面まで一定のペースで巻いてくるだけ。当たってもただ巻きを続けるとのこと。タイラバの釣り方だな。
もう1つは、シャクって巻くを繰り返す、タチウオのような釣り方。

「トラフグは仕掛けも釣り方も何でもありだよ。」

と、健船長。トラフグの乗り合いは昨年からだから、まだ釣り方も確立してないのだろう。


(トラフグ船団。)

最初の場所は70mの指示ダナ。
50mまではただ巻き、それより上は大きめの誘い上げて3秒待ち1m巻くを繰り返す釣り方にした。

トラフグは居れば食ってくるだろうから、ペースを早くして広いレンジを探り、活性が高いヤツを捕る作戦だ。


(第三忠丸と吉野屋さんもいた。)

何事もなく1時間ほどで移動した先は船団が揃ってる、タナ50mの場所。
すると、アタリがあったよ。とアナウンスがあったり、左隣の方は水面までトラフグが追ってきた。と言う。気配はあるぞ。

誘い上げて1m巻き、3秒ステイして竿先を注視しつつアタリを待つを繰り返す。
ある誘いのステイで、竿先が微妙にモタレた。すかさずアワセたけど微妙。そのままゴリ巻きしてみると微かな活性を感じるけど、感触的に20cmにも満たないおチビだろう。
ビミョーだなー。と思いつつ巻いてると、フッと軽くなった。巻きバレ。


(やられたー。)

窓から顔を出してる船長にエサを食われたカットウを見せると、ちっちゃいトラだったんだよ。とのこと。
タナを聞かれて、30mチョイと答える。アタリは20~30mが多いそうだ。

ちっちゃかろうがビミョーだろうが、全力で巻いてしっかり捕るべきだったな。と反省。チャンスを1つ無駄にしてしまった。

でも、釣り方は間違いないと判ったから更に集中して誘い続ける。


(大型船がひっきりなしに通る。)

その30分後の11:00頃。
誘い続けて上げてきたPEが30mラインを越えたところ、ステイした竿先にモタレが出た。アワセをくれると今度はガッ!と手応えあり!掛けた‼
(≧∇≦)

巻きに入ると、前回ハリス切れした引きほどではなく、30cm超クラスかなという釣り味。
10mを切ったところでタモを構えるから教えて。とレクチャーされてたから、船長ー!と声を掛けて操舵室を見ると、いない。あれっ?

左舷では数名がオマツってほどき中で、船長は反対の右舷後方でオマツリの対応をしてるようだ。

「船長ー!タモー!」
( ̄O ̄)

既に水面に魚影が見えてきてる。だけど、船長に声は届かず。

浮いた柄を見たらトラだ。カットウは胸のアタリに掛かってるし、思った通り30cm台だから抜けなくはないけどここは大事にしたい。

「タモお願いしまーす!」
( ̄0 ̄; )

テンションを緩めないようにハラハラ、ドキドキして待つ。
オマツリ処理途中だった隣の方にタモ入れいただいて、無事にゲット。
1年越しでようやくトラフグを手にした。中小型だけどね。




(33cmでした。)

その後、左舷大艫で2kg、右舷胴の間で2.3kgが揚がった。
更なる大型を。と頑張って誘い続けたけど何も起こらず、今季のトラ狩りはこれで終了。


(帰航の景色。)

船着き場に戻ってから捌いて貰う。
並んだのは3人で、他の2人は2kgオーバー。33cmと比べるとさすがにデカイ。いいなー。

健船長に真っ先に捌いてもらうのを横で見る中、白子に期待したけど2cmくらいしかなかった。トラフグではお子ちゃまだったということか。


(船長捌き中。)

ヒレを貰えるのはトラフグだけ。
皮も貰える?と船長に聞くと、頭を付けたまま貰えた。トラフグの皮は無毒だけど固いトゲトゲがあるから、包丁で引かないといけない。

「俺、引けないよ。適当にやって試験受かっちゃったけど。」

とは健船長談。
難しいらしいけど挑戦してみますよ。

そこに俊船長が帰船して、船長は写真を撮りに行った。
釣果は、健船長の1号船で3匹、俊船長の3号船で1匹。トラフグを手にしたのは2船16人中4人で、確率は25%。狭き門だった。

初の天然トラフグを揚げて達成感はあるけど、満足感に欠けるのは贅沢だろうか。やはり、トラならキロオーバーを捕ってみたい。
それは、また来年に持ち越しだな。

・トラフグ : 1
船中0~1
大潮


🐡
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【釣】釣行前記 4/28(野毛屋) | トップ | 【食】トラフグ皮の湯引き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。