日本基督教団中津教会

中津教会での出来事を書いていきます。

年会と宣教師の関係 

2017-07-13 17:00:31 | 中津教会の歴史
年会と宣教師の関係  釘宮辰生氏調査

  一 日本人の美以教会と宣教師の美以教会と云う様なる分裂を避けんため宣教
    師は年会の部会長の指揮を受けて働くなり。
  二 宣教師は悉く本国の年会に籍を置き、本国年会より送られ居る宣教師たる
    べし、即ち本国年会は毎年々会の時何某の任地日本とすべし。
     これと同時に悉く日本年会の会員たるべし、然る上は全然日本監督の使
    命の下に任地につくべし。かくせば一人にて二ケ年会の会員たる有様なれ
    ど、実例教会史上にありしとなり。
  三 宣教師は悉く番外議員たるべし、丁度組合教会及日本基督教会の如くなる
    べし、かくして日本年会は純日本人の年会たるべし。
     宣教師は宣教師会により、自己の宣教事業を任意に行うべし、従って宣
    教師の為す宣教費は日本年会に関係せず、又新伝道地を開く事、これを廃
    する事、補助者任命及び員数、其俸給を定むる事、伝道する家屋や位置の
    選定の事等は一切宣教師これを為し、日本年会の部長は干渉するを得ず。
  四 宣教師も日本人教師も同等の日本年会正員たるべし。しかして日本年会の
    監督の支配を受くべし。元来美以(メソジスト)教会は組合や日本基督教
    会の如く個々教会主義でなく、寧ろ団体主義即ち全体が一機関たる主義な
    り。宣教師は日本人と同様、日本監督の使命を負ふて任地に行くべし。
     元来日本に美以教会を創設せんために来たれる宣教師なるをもて、メソ
    ジストの精神を発揮して日本の監督権に服従して、日本の無経験の教師に
    メソジスト教師の真精神を実際に実行して示すべし。故に直接伝道の財政
    のごときも、宣教師の俸給、旅費、伝道費を除き、他は一切日本年会の権
    に渡すべし。
  五 宣教師は宣教師団体即ち宣教師会を有し、この代表者は宣教師の任地使命
    委員であって、監督の顧問である。(1907年2月9日の護教より)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 使徒言行録4:32-37「... | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む