日本基督教団中津教会

中津教会での出来事を書いていきます。

フィリピ信徒への手紙3:7-21 「天国に市民権を持つ者」

2016-10-19 16:57:33 | 説教
わたしたちの本国は天にあります。そこから主イエス・キリストが救い主として来られるのを、わたしたちは待ってます。  
フィリピの信徒への手紙 3:20
 使徒パウロは「私たちの本国は天にある」(20節)とフィリピの教会に宛てた手紙に書きました。フィリピはマケドニア東部の都市。「フィリピにあるユリウス・アウグストゥスの植民都市」と言われました。ローマ皇帝アウグストゥスが、この都市に退役軍人を多数入植させ、ローマ市民権をもつ人々を中心とした植民都市にしたからです。そのフィリピに生活する人々にとっての「本国」とは当然ローマ帝国のことでした。
ところが使徒パウロは、フィリピの教会の人々に「私たちの本国は天にある」と宣言するのです。言いかえるなら「わたしたちは、ローマはなく天に属する者です」と宣言したのです。
確かに圧倒的な軍事力による平和と繁栄を誇ったローマ帝国も、やがて滅びていったことを私たちは知っています。この世にあってどれほど繁栄し権力を持つ国や組織、個人があっても、それは一時のこと。
ローマ帝国直轄の植民都市で、この町の人たちには、ローマの市民権が、与えられていたようです。そして、そのことを、フィリピの人たちは、誇りとしていたようです。
ローマ帝国の市民であるということで、様々な特権を与えられていたのです。
ですから国籍を持っている人々は、「国籍」が持っている力を、よく知っており、それを大切にしていたのです。
パスポートは、私たちが、日本の国民であることを、証明するものです。
そして、日本の政府が、現地の政府に対して、この人を守り、必要の際は支援してください、と依頼している文書です。
その本国の影響下にあっている、ということを、「本国は天にある」というみ言葉は表しているようです。
ローマ市民権を持つことの利点は、直接税の免除。
小麦の無料配給の特典。
皇帝主催の催し物への招待。
市民集会での投票権。
裁判時の皇帝への上訴権。
国家からの土地の借受権。
パウロは、タルソの有力者で金持ちの家庭に育ちました。厳格なユダヤ教徒で、ローマ市民権を付与された家の出身でした。
パウロの働きにおいて、彼がローマ市民権をもっていたことは思っても見ない待遇を受けることになります。
「私たちの本国は天にある」というパウロの発言から、「ローマではなく、天にこそ私たちは属している」という響きを聞きとることができます。
 では、その特権とは何でしょうか。
罪深く、弱い私たちに、主イエス・キリストが宿られ、日々作り変えて下さる。そのような主が共に働いて下さるからこそ、この世がどんなに絶望的に見えても、希望を持って歩むことが出来ます。
「私たちの本国は天にある」というパウロの言葉は、さまざまな身分出身の人々からなる教会共同体に、ひとつの共通の市民権を宣言するものでした。同時にこの宣言は弱い立場の人々を引き上げ、強い立場にある人には弱者への思いやりを促すものでもありました。
地上の国籍は違っていても、イエスさまを救い主と信じるクリスチャンは等しく、神の国の市民であり、国籍を天にもつ者です。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <中津における女性と子ども... | トップ | 特別伝道集会の御案内 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む