NATURAL CHARM

ミシェルと竜生と凛のワンコな生活

川原慶賀の植物図譜展

2017年05月17日 | Weblog
川原慶賀の植物図譜展にお誘い頂き行ってきました
川原慶賀 (かわはらけいが) は江戸時代後期
出島の出入りを許されオランダ商館の求めに応じて日本の様々な物を描いた
シーボルト (1796-1866) と交流を深め
日本の自然や生活文化、特に植物に対して強い関心を持ち
植物の姿かたちを正確にうつした写生図を数多く描きました

植物図譜の他に長崎の風景や人々の暮らしを描いた作品は
鋭い観察眼と、見たものを生き生きとうつしとる高い技量を感じる


今まで観た植物画の中で一番凄い
細部にまでこだわり ひずみ一つない
入口受けてけにルーぺが用意されていたのも納得できる
時代が時代だけに 絹に墨で描いたものに彩色を施して有るものが多い
日本画手法で墨で輪郭を描いているが
葉っぱの先まで鋭角
どんな筆で描くのかと思うほど毛一本で描いているように細い

植物画の他に、祭事の絵は当時の様子がとてもよく伝わってきて感動しました
本当に見ごたえのある展示にお誘い頂き感謝です
『いいものを沢山観ることが出来て幸せ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピンクのマーガレット | トップ | 球根つりがねそう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。