gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ペーター・ファン・アイク

2010-03-01 23:59:11 | 日記
ペーター・ファン・アイク(Peter van Eyck、本名:Peter Götz von Eick、1913年7月16日 - 1969年7月15日)は、ドイツ出身の俳優でフランドル系(オランダ系)の血を引く。ペーター・ヴァン・アイクの表記もある。経歴旧ドイツ帝国時代のシュタインヴェーア(現在はポーランド)にフランドル系の家庭に生まれる。ヒトラーが政権を獲得したドイツから離れ、音楽を学ぶために世界各国を遊学し、1937年にキューバを経てアメリカに渡る。ニューヨークでピアニストをしていたが、1943年にアメリカに帰化。このころアーヴィング・バーリンやオーソン・ウェルズの下で舞台演出などの助手をしているうちに、自分も映画に端役として出演するようになる。第二次世界大戦後はアメリカ軍の映画検閲官としてドイツに戻るが、1949年からはドイツでも映画に出演。その後、イヴ・モンタン主演、アンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督の『恐怖の報酬』やフリッツ・ラング監督の『怪人マブゼ博士』などで人気を博した。ヨーロッパ、アメリカ双方で活躍していたが、1969年にスイスのチューリヒで死去。墓は同じスイスのザンクト・ガレン州にある。主な出演作品『熱砂の秘密』 Five Graves to Cairo (1943) - 監督:ビリー・ワイルダー『逃亡者』 The Imposter (1944) - 監督:ジュリアン・デュヴィヴィエ『砂漠の鬼将軍』 The Desert Fox (1951)『カスバの恋』 Au coeur de la Casbah (1952)『恐怖の報酬』 Le Salaire de la peur (1953) - キネマ旬報ベストテン第2位『夜の人々』 Night People (1954)『外人部隊』 Le Grand jeu (1954)『ターザンと隠された密林』 Tarzan's Hidden Jungle (1955)『攻撃』 Attack (1956)『非情』 Retour de manivelle (1957)『めざめ』 Schmutziger Engel (1958)『スキャンダル』 Das Mädchen Rosemarie (1958) (1958) - 第19回ヴェネチア国際映画祭イタリア批評家賞受賞作品『カイロのロンメル』 Rommel ruft Kai

<国交省>財団法人を5カ月指名停止 路面下空洞ずさん調査(毎日新聞)
<中部国際空港>シンガポール航空機が立ち往生…けが人なし(毎日新聞)
木嶋被告が利用した「睡眠導入剤」 患者の申告頼み、安易な処方も(産経新聞)
「国民の相当数いかれている」亀井金融相(読売新聞)
小沢幹事長 土地所有権の確認書 作成日が偽造と分かる(毎日新聞)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 揺れる日本の航空・空港政策... | トップ | <雑記帳>親善交流戦でチェ... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事