おみよ残日録

気ままに書きたい時に書きたいことを綴ります。

「九十三歳の関ケ原」近衛龍春著

2016-10-18 13:00:00 | 
最近ネットで知った本。

戦国の世に九十三歳まで生きたということだけでも驚きなのに、戦いに出たのと、さらに驚いてしまった。

九十三歳の関ヶ原 弓大将大島光義
近衛 龍春
新潮社



主人公は大島光義。

実在の人物である。

関ケ原の合戦時は九十三歳。

そして亡くなった御歳はさらに、、、

これは読んでのお楽しみということで。

大島家も真田家のように関ケ原では二つに分かれている。

そのような対策を取った家は他にもあったようだ。

それでも、徳川家康にはさらに苦しめられている。


大島光義は弓の名手だった。

もちろん関ケ原の合戦でも弓で戦っている。

鉄砲が重宝されている時代になったが、弓にこだわった。

年を重ねて体力が落ちると、それなりに対策を立てている。


それにしてもな~

日本は高齢者の体力が向上しているというニュースが流れた。

それでも真似できる人はいないかもな~

今まで知らない人物であった。

もしかして、まだ知られていない強者がたくさんいるのかも。

ぜひあやかりたいものだ。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月17日(月)のつぶやき | トップ | 10月18日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。