おみよ残日録

気ままに書きたい時に書きたいことを綴ります。

音楽からフィギアスケートの演技が目に浮かんでしまう

2017-05-03 11:30:00 | みんなに聞こえる独り言
温かくなり、フィギアスケートのシーズンもひと段落。

選手の皆さんも、次のシーズンに向けての準備期間となる。

2016~2017シーズンに選手が使用した曲の中で、好きだったのが宇野選手が使用した曲だった。

ショートプログラムで流れた、

「ラヴェンダーの咲く庭で」より

実は映画音楽であるということを知らなかった。

ラヴェンダーの咲く庭で(通常版) [DVD]
クリエーター情報なし
KADOKAWA / 角川書店



年齢を重ねた女性が、若い男性にときめいてしまうストーリーのようだ。

個人的にはこの映画にも興味が湧いている(笑)


つい最近、Youtubeでこの曲を聴いていた。


検索すると、羽生選手の使用曲も出てくることになる。

なにげなくフリーで使用した曲

Hope&Lagecy

も聴いてみた。

すると、羽生選手の世界選手権の演技がよみがえってくるではないか。

なんとも不思議だ。

私はテレビでリアルタイムで見ることができたが、あの演技は神っていた。

その音楽を聴くと演技がよみがえるとは、、、


その後、「Hope&Lagecy」を聴くと、やはり蘇ってしまう。

羽生選手の凄さを感じてしまった。


表現者はこのくらいにならないといけないように思えた。

来季の羽生選手の使用曲はどのような曲であろうか。

もちろん他の選手の使用曲も楽しみだ。

そして、音楽から演技が目に浮かぶことを楽しみにしたいと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月1日(月)のつぶやき | トップ | 5月3日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

みんなに聞こえる独り言」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。