レトロの小部屋で植物図鑑

古いものと、植物が大すきです。

裁縫小道具

2017-05-16 09:09:35 | 裁縫箱周辺

糸切りばさみと形は同じですが、サイズが大きい物です。
洋裁の裁ちばさみと作業は同じですが、にぎりばさみともよばれていました。

洋服の生地は1m前後の幅に対して、和服の反物はおよそ38センチです。
直線に裁断しますから、このハサミで充分だったようです。

袂の丸みを作る型です。
年齢や着物の種類によって袂の形は違っていました。
左から紙、アルミ、木製です。
中央のアルミはステンレスに変わりました。

直線である和服のシルシはヘラでつけました。
鉄、角、木、象牙、竹、プラスティック、様々な素材で作られています。
右端のヘラは反対側にルレットがついた変わりものです。

 ルレットも時代によって変化しました。

 目打ちです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 指ぬき | トップ | 編み針のかぎ針 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

裁縫箱周辺」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。