レトロの小部屋

古いものに魅せられて

中国針山(唐子針山)

2017-05-19 09:10:32 | 裁縫箱周辺

デパートの中国物産展で買ったのは1970年頃だったでしょうか。
辮髪で同じ顔した10人。

使うことも無くしまっておいた。

平成12年頃、小さなお店で発見した12人の唐子。
値段が超安い。消費税5%、10円は税。
でも材質が少し落ちる。



ある日露店の女性が並べていた。
「私が中国のデパートで買ったのよ」とおっしゃる。昔のセレブっぽい風情が漂う。
「へー、もしかして1ドル360円の時代?」「かもね、忘れたわ」ですって。

そして次に出会ったコレは、色が顔に移ってる。

 

誰かの手づくりらしい。誰かは中国の人?日本の人?少しお顔が雑ね。

 先日露店で日焼けした5人のを見た。

3人は無いだろうなあと思った。
脇の下をくすぐってやるとどうなるかな。

 再び仕舞い込む。ガヤガヤにぎやかな箱の中。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 編み針のかぎ針 | トップ | 女学校生徒の作品 その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。