保護犬と豊かに暮らすために

ペットロスからはじめった保護活動。奇しくも8年目で施設が閉鎖となり、行き場のない問題犬4頭を我が家に迎え暮らしています。

ペットロスを乗り越える秘策!

2017-07-27 11:21:04 | 日記
当時施設にはエアコンがなく、猛暑を乗り切るのは大変困難だった。
人がいる日中は窓を開け、扇風機をかざす事ができたが、夜は無人になってしまうので締め切った状態。
これでは熱中症に!
やはり、老犬のパピくんが食べばくなってしまい熱中症気味に。
家族には猛反対されたが、ビーちゃん、パピくんを家に連れて帰る事にした。

全く躾のできていない二頭!

今まで経験した事のないイタズラやマーキングで四苦八苦。

ビーちゃんは、3回だけ部屋でおしっこしたけど外でする事を覚えてからは失敗なし。
パピくんは半年以上マーキングが続き、躾けるのが本当に大変だった。

そんなこんなで、家の中ではてんてこまい。

ビーちゃんとパピくんが、私をペットロスから助け出してくれた。
きっとアーロンの仕業!
手のかかるビーパピを我が家に送り込み、悲しんでいる暇など与えないようにしたのだ。

そして、もちろんこの二頭は現在も我が家で健在です!




家に来て綺麗になった当時のパピくんは10歳以上。



イタズラばかりしていた当時のビーちゃん、推定4歳。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 施設の保護犬〜ビーグル犬ビ... | トップ | あとの二頭は最強の問題犬! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。