美味-BIMI-

♪美味しいもの・旅・国際交流・家庭菜園が大好きなmyu-myuの毎日♪♪外国人専用GuestHouseも手伝っています♪

佐々木夫妻の仁義なき戦い vol.6 禁断のキスが招く悲劇…涙の結末

2008年02月26日 | TV・映画・観劇・観戦<2006~2010年>

 

前回、吉田紗枝(桜井幸子)が法倫(稲垣吾郎)に

Kissするところを見てしまった律子(小雪)でしたが・・・。。

コンタクトがズレて涙が出ただけだったようです@@;見えてなかったのね@@;

「ごめん・・・。」って謝る紗枝に法倫は懐中時計を見せます。

「こんなの吉田と一緒じゃなかったら持ってるはずないだろう?」

えっえっえっ~~~!@@!やばいんじゃないですか、コレ???

そしてこの様子を偶然・・・猪木(古田新太)が目撃(焦;)。。。

 

 

帰宅した法倫はあ~でもないこ~でもないと悩みます。

-妻と喧嘩してから5時間25分。

 その間に起きた出来事について感じさせぬよう話すのが法倫の今後の課題。

 全てを話して小川(山本耕史)にアリバイ工作を頼むか?イヤXだ!

 シャランQのコンサートに1人で行っていたコトにすればいいのか?イヤXだ!

 ・・・万が一アリバイが崩れた時に何故嘘をついたのか?

 と追求されると大事になる恐れがある。

 大切なのは本当ではないが嘘ではないコト。つまり断片的な真実を語るコトだ!-

ほ~~~^^;それは賢い選択ですね。。。

結局、大学時代の友人・吉田の父親のお見舞いに行ったコトに(苦笑)。

このナレーションがまた笑えるんですよね^^

 

 

前回の猪木の件で夫婦の良さを再確認した律子はご機嫌のようです

「どう?今日あたり一戦?」

法倫、あれだけ待ち望んだ時間なのに(痴漢騒ぎまで起こして@@;)、

頭の中には紗枝のコトがよぎっています。

「ちゃんと断ろう・・・。」と決意します。

次の日、紗枝のお店に行く法倫。

「・・・僕はその~結婚してるし、吉田にはもっといい人がいるとゆーか、

 僕なんかふさわしくないとゆーかね。本当に僕なんかでいいのかな?」

「うん。佐々木くんがいいんだ。」

断れなかったようで・・・。

 

 

事務所にやってきた紗枝、律子と遭遇。

「良かったら奥さんも一緒に相談に乗っていただけませんか?」

法倫及び事務所一同、偶然やってきた猪木まで戸惑いの顔。

<紗枝は亡くなった伯母・松子(田中好子)の残した店舗ビルをめぐり、

 伯母の妹・梅子(根岸季衣)と10年間争っていた・・・。>

「血が繋がってるとゆーだけで世話一つしなかった人間が相続するのか?

 そんなコトが許されていいのか!!!」

とゆー熱い男・法倫と調停に持ち込むべきと主張する律子。

 

 

一方、小川に法倫と紗枝がKissしていたコトを相談してしまう猪木。

「隠れた相思相愛」だったと話す小川。

あれ???小川と猪木もやばい感じ^^;?

 

 

そんな中、一日入店と偽り梅子の店に潜入する律子

でも、あっとゆー間に弁護士だとバレてしまって、

過去に何があったのかは聞けずじまい。

「・・・紗枝ちゃん説得しなさいよ!さっさと結婚した方が幸せだとかさ!

 ちょうど恋人も出来たみたいだし。」!@@!

 

 

事務所の面々もかなり疑っているようです。ざわざわしている感じです。

そこで馬場(藤田まこと)は法輪を誘って飲みに出かけます。

「実際のところですね~。吉田さんとの関係あるんですか?」直球です^^;

「法律上問題になる関係ではありません。」

「では気持ちの問題があるんですね?内心の自由の領域の問題。」

「調停が終わったらケリをつけようとは思っています。」

「じゃあ。改めて律ちゃん先生に今度の吉田さんの案件、

 ちゃんと手伝ってもらえるように頼んでみたらどうですかね?

 そうすればさすがの律ちゃん先生も疑わないだろうし、

 万が一ばれたとしてもですよ、律ちゃん先生になんとでも言い訳が出来ます!

 ・・・二兎追うものは一兎もえずですよ。」

さすが、大人な意見ですね~^^;今回馬場がまとめ役として大活躍でしたね~。

 

 

かたや律子も紗枝と法倫のコトを疑いはじめた様子。

1人いつものバーに飲みに出かけます。

「そんなに怪しいなら問い詰めちゃえば?」

「あるのは状況証拠だけなのよ。推定無罪なのよ!」

 

 

翌日。法倫は律子に手伝いを頼みます

「姉妹のコトだし、

 女性の視点からだとまた違うものが見えてくるんじゃないかなって。

 君の力が必要なんだ。」

律子は「松子さんの学生時代の友人にも話を聞いてみた方が良いと思う。」

松子と梅子が仲たがいした原因を見つけるコトが解決の糸口になると話します。

 

 

紗枝の家で梅子宛ての遺言書がないかと探す蝶野(西村雅彦)たち

本に挟んだ可能性があると聞き、

すごい量の書籍の中からみんなで探そうとします。

紗枝と法輪の親しさがどうしても許せない律子は、紗枝に接近を試みます。

おそろいの懐中時計を見つけてしまった律子は、新たな事実を聞きます。

<二人が大学で共同研究をして教授から貰った記念の品だったコト。。。>

本の間から遺言書を見つけた律子でしたが、そっと隠してしまうのでした。

気持ちはとっても解る・・・@@;けどね・・・。

 

 

何も知らない法倫は親族を集めて相続会議を開きます

「私が梅子さんにご提案する条件は、全ての相続を吉田親子にとゆーものです。

 ・・・もしも梅子さんに何かが起こった場合、

 お店やその他の財産を紗枝さんが相続して欲しいと思いますか?

 松子さんも同じ気持ちだと思いませんか?」

 

 

そこに、どうしても自分の気持ちに嘘がつけない律子が、

遺言書を持って駆け込みます。

「これは松子さんから梅子さんに宛てた遺言書です。」

法倫は、遺言書を読んで聞かせます。

<25年前、50万円もの売り上げが店から消えました。

 その時梅子と付き合っていた男が借金のある人間だったコトから、

 姉妹の間に亀裂が生じ、梅子は家を追われたのでした。

 1年後、出前を頼んでいた店の息子が犯人だと発覚。

 それを梅子に知らせないまま、かなりあいまいに解決してしまい、

 たった一人残った妹のコトを何も知らない人間になってしまった。

 それが私にくだされた寂しい罰だとやっと気付いたのです。

 それまで梅子に積極的に捜そうとしなかったコトを謝罪。

 もう死ぬ運命にあるコトから、欲しいものを知らせてほしいと、結んでありました。>

 

 

法倫は聞きます。

「梅子さん。あなたの欲しいものは何ですか?」

「手紙。その手紙をくれる?」と受け取って、頬ずりしながら泣く梅子。

松子のビルの相続権は辞退したのでしょうか???

 

 

その後、遺言書を何で持っていたか問い詰める法倫

律子は法倫を蹴り飛ばし・・・、

「あんたこそ、どんだけ隠し事してるのよ?馬鹿にしてんじゃないわよ!」

懐中時計を投げつけてしまうのでした。

もう終わりか~~~~@@;?

 

 

それを見ていた紗枝には

「実は、その時計あの時の時計じゃないんだ。

 壊れて奥さんが探し回って同じ物を見つけてきてくれて、

 だからそれはもう俺にとっては吉田との思い出の時計じゃなくて、

 律子が探してきてくれた時計なんだ。」

ビンタする紗枝。

「その話、奥さんにもちゃんとした方がいいよ。」

 

 

「律ちゃん、もしかしたらもう知ってるのかな?」

小川と猪木がKissの話をしているのを聞いてしまう律子。

「Kissって何?何のコトよ!Kissって何なのよ!!!」

次回は慰謝料の話が出てくるようです・・・@@;

今回は法輪が悪いですよね~~~~。

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【小次郎】は今、おこもりシ... | トップ | 自家製ピザの必要アイテム「... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ぱきえ)
2008-02-26 17:49:13
今回は、ちょっと涙しちゃいました。
「梅子さん。あなたの欲しいものは何ですか?」
「手紙。その手紙をくれる?」と受け取って、頬ずりするシーン。
あれは、ジーンときたなぁ・・・。

あの「うん。佐々木くんがいいんだ。」なんて言われてもねぇー。
と言うかそんなこと言っちゃダメでしょう。
ややこしくなるじゃんね。
まぁ、二人の女性からビンタに蹴りを入れられても仕方ないよね。
またまた次回が待ち遠しいわ~~。
このドラマにハマってしまったみたい。
ホント仕方ない (みゅうみゅう)
2008-02-27 10:11:27
ぱきえさん→あんな風にあっちにふらふらこっちにふらふら
  ってゆーのがばれたら・・・、
  あ~なっても仕方ないですよね^^;
  それぞれの気持ちを考えると、そ~なっても・・・
  とも思いますが^^;(苦笑)
  さて来週はどうなるのでしょう?
  

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
佐々木夫婦の仁義なき戦い 第6話 (アンナdiary)
4話からレビューしていない (゜_゜i)タラー・・・部分的には面白いところもあるんだけど。。。全体的には、今ひとつしっくりこなくて。 レビューしたら、辛口になりそうで。。。先に謝っておく(ゴメン)
「佐々木夫妻の仁義なき戦い」第6話。 (Creme Tangerine)
今週も「佐々木夫妻の仁義なき戦い」を見ました。しばらく感想書くのさぼってましたが、実は毎週見てます。今週のりっちゃんはヴィトンのクルーズライン、ゲスト格闘家は蝶野正洋でした。ちょっとしか出番がなくて残念でした。
佐々木夫妻の仁義なき戦い 第六話「禁断のキスが招く悲劇…涙の結末」 (掃き溜め日記~てれびな日々~)
紗枝(桜井幸子)に突然キスされた法倫(稲垣吾郎)二人のキスシーンを見て、涙を溢したと思われた律子(小雪)しかし、泣いてた理由は、コンタクトだったΣ(´∀`;)先週からひっぱっておいて、ビックリなオチでし
「佐々木夫妻の仁義なき戦い」第6話 (日々“是”精進!)
【送料無料選択可!】そのまま/SMAP第6話法倫は大学時代に思いを寄せていた紗枝から突然キスされた。2人のやりとりを、猪木が偶然に目撃する。一方、法倫はこの日の出来事を律子にどう説明するか自問自答していた。結局、法倫は友人の父親の見舞いに行ったと報告する。....
佐々木夫妻の仁義なき戦い~第6話・二兎を追うもの一兎も得ず! (一言居士!スペードのAの放埓手記)
佐々木夫妻の仁義なき戦いですが、佐々木法倫(稲垣吾郎)と紗枝(桜井幸子)のキスを律子(小雪)は見てませんが、猪木(古田新太)が目撃します。 今回は法倫が律子に紗枝のことを隠すのと、紗枝の遺産争いの二本立てです。(以下に続きます)
佐々木夫妻の仁義なき戦い 第6話 「禁断のキスが招く悲劇…涙の結末」 (テレビお気楽日記)
紗枝(桜井幸子)が法倫(稲垣吾郎)にキスするところを見てしまった律子(小雪)。と思ったらコンタクトがズレて涙が出ただけかよ・・・。
佐々木夫妻の仁義なき戦い 第6話 家族に出来た溝 (レベル999のマニアな講義)
内容法倫と紗枝は、キスをしてしまった。その現場を見てしまった猪木!!!法倫は、コンサートに行く予定だったその日のことをどうやってごまかすかを考えていた。そして、、何となく真実を話しながらごまかしたのだが。数日後、紗枝が、梅子叔母さんとの間の遺産相続問題...
佐々木夫妻の仁義なき戦い 第6話 (annyの日記)
第6話 あれ??? 紗枝(桜井幸子)と法倫(稲垣吾郎) のキスの現場を見ちゃって泣いてるりっちゃん先生(小雪)! っと思ったらコンタクトがちょっとずれただけ・・ 見られていないと思っている法倫だが それを見ていた人物がいました! 猪木(古田新太)です...
佐々木夫妻の仁義なき戦い(第6話) (霞の気まぐれ日記)
な、なんと!? 法倫と吉田さんのキスシーンを、律子は絶対目撃していたと思ったのに コンタクトの不調(?)で、見えてなかったんですね~。 ある意味、奇跡だ・・・。 その吉田さん(桜井幸子)の相続問題を担当することになった、 法倫(稲垣吾郎)は、ドギマギしっぱなし。...
佐々木夫妻の仁義なき戦いvol.6 (ita-windの風速計)
■佐々木夫妻の仁義なき戦い脚本/森下佳子出演/稲垣吾郎、小雪、藤田まこと、西村雅彦、酒井若菜小出恵介、古田新太、江波杏子、桜井幸子、山本耕史http://www.tbs.co.jp/sasaki-fusai/第6話禁断のキスが招く悲劇…涙の結末吉田紗枝から10年に渡る遺産調停問題と父親・....