美味-BIMI-

♪美味しいもの・旅・国際交流・家庭菜園が大好きなmyu-myuの毎日♪♪外国人専用GuestHouseも手伝っています♪

江戸情緒が味わえるお店<駒形どぜう>

2007年01月14日 | こんな店に行ってきた

江戸時代から200年続く、【駒形どぜう】

みゅうみゅうの大好きなどじょう屋さんです。。

東京の味(とくに夏)と言えば、やはり【どじょう鍋】【柳川】【どじょう汁】でしょう。

 

江戸の昔は、肝臓の薬として食べられていたとか。。

現在も精のつく食べ物で有名な食材ですね。。

 

この店名にもなっている≪どぜう≫。正式名ではないんですよ。ご存知ですか?

本来は、どじょうは≪どぢゃう≫と書いていたんです。

江戸の大火で店を失った時に、商売繁盛を願って変えた、

由緒正しき造語なんです。。(この時代、奇数はめでたい、とされていました。)

それに習って他店も、

江戸の時代一気に≪どぢゃう≫→≪どぜう≫に変えたそうですよ。

 

で、お味は?みゅうみゅうが「どじょう好きなんだ~~~」ってゆーと、

「臭くないの?」とか「固くないの?」とか聞かれます。

確かに変なトコで食べると、そんなこともあるけどここは大丈夫。

本当に美味しいんだから!

 

聞いたら、下ごしらえが大事なんだそう。。

ここのは生きたままのどじょうにたっぷりと酒をふりかけるそう。

どじょうは、腸呼吸。

だんだんと体内の水分を酒に変え、泥酔状態になっていきます。

その後、味噌汁でゆっくり煮ていきます。

すると泥臭さがぬけ、骨まで柔らかくなるんだそう。

ここまで下ごしらえをして、写真のように私達の前に浅鍋に入れられて出てきます。

葱と好みでごぼうを加え、軽く煮ていただきます。。

最後に山椒をかけるのが、みゅうみゅう好み。は~旨い。。

 

 

ちなみに、ここは歌舞伎にも出てきますよね~~~~。

部屋のたたづまいからも江戸の雰囲気感じることが出来ます。

ホームスティの受け入れがあると、大抵連れてくるお店でもあります。

みんな美味しいって言うよ。

 

 

駒形どぜう

東京都台東区駒形1-7-12

03-3842-4001

年中無休

営業:11:00~21:00 

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジョニ男 | トップ | 韓国2006Ⅱ vol.15 韓国... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。