未熟者武道記

兵庫のおっさんの空手生活やその他諸々を悪趣味な方々へ。はてさて私は毒か薬か。

第13回

2017-03-19 22:04:36 | 大会
私が指導を始めた年から始まった交流大会も早や13回目。『尼崎・六甲道交流大会』として開始しましたが13年が経った今は『阪神地区交流大会』。新卒だった私も三十代半ばのオジサンになりました。しかし正道会館の名を冠した大会としては最期となりましたね。10年も経てば色々変わります。

個人としても空手観を始め試合観も当時と全く変わりました。しかし子供達へ思う事は変わりません。兎に角我武者羅に頑張れと。其処までいかないと分からない事は山程あります。単なる習い事として毎回消化して過ごす事も出来ますが、折角だからこういった行事を通じて日常との差別化を図ってもらえたらと考えています。

さて大会内容ですが、いつもの様に良い試合が沢山ありました。勿論それは選手の皆んなが全力だからです。全力だから勝てば嬉しいし負ければ悔しい。全てが他の誰のせいでもない自己責任。だから見る側も感動するのでしょう。本気で取り組むって気分爽快!

負けて腐れば伸び代を潰しかねず、勝っても驕りがあれば直ぐ寝首を掻かれ。だから泣いても一日、喜んでも一日。祝日の明日はゆっくり休んでまた火曜から頑張っていこうね。


では今大会の入賞者達を。
左から優勝→準優勝→三位の順です。5、6年男子は手前4名がベスト8。

幼年泣きそうになりながら闘う姿が可愛かったね(笑)

1年男子接戦。一瞬の隙が勝敗を分けました。

2年男子決勝は昨年と同カード。大接戦の末計量で雪辱を果たした凌希。

2、3年女子安定した強さになってきました。勝った方が大泣き(笑)

3年男子実力伯仲の3年生たち。毎年入賞者が変わりますがそれだけ期待大。

4年男子強くなったけど皆んな入れ込み馬状態だったね(笑)落ち着きも強さの内だ。

5、6年女子軽やかな様で重心の安定した良い動き。女子空手の見本とも言えます。

5、6年男子大会史上初の5、6年の部連覇を果たした良偉。圧倒的。しかし皆自分の武器と良さを活かした素晴らしい闘いを見せてくれました。


敢闘賞二人ともパワースペック高し。技量が伴えば優勝は十分狙えるね。

技能賞小さい体で見事な一本勝ち。組手以外もその力を見せるように(笑)

ベストファイト賞和香はベストファイト製造機です(笑)



ありがとう御座いました!




.



『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弟の帰国 | トップ | 広島へ【宮島】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL