縁側の陽だまり

日々考えること

カラメル・トリック

2017-06-20 | 日記
外国のお菓子は大抵好みの別れそうな味をしている。甘さが強いのが多い印象。
そのような印象の外国のお菓子であるが、好きなお菓子もある。チョコやグミ、ウェハースやら。
仕事場の休憩室にたまにお菓子が置いてある。この間、外国のメーカーのビスケットが置いてあって、何気なく食べてみたら好きな味だった。バールセンのカラメルビスケットというもの。
駄菓子っぽさがある。カルメ焼きのような味。気に入ったので、自分でも1袋買ってみた。サクサクしているのでつい手が伸びてしまう。甘いけど、美味しい。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夢心地の踊り子 | トップ | 抑圧と反動 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL