goo

小さな頃のように


心地よいピアノのイントロで、心があっという間に10代の頃の自分に戻り、
両親と姉、妹、おばあちゃんに囲まれて賑やかだった風景が目に浮かんできます。
懐かしさと切なさで胸がいっぱいになります。

私の家には父が買ってくれたピアノがあります。
結婚した時もピアノは持っていきました。
私が高校一年生の時に、「幼稚園の先生になりたい」と両親に将来の夢を語りました。
ピアノを買ってくれとせがんだ記憶はないのですが、
父は月賦で立派なピアノを買ってくれました。
高校時代は頑張ってピアノ教室に通いました。
そして毎日ピアノを弾きました。 大切なピアノをピカピカに磨きました。

そして5年後に幼稚園の先生になりました。
父が亡くなり30年になります。
別れはあまりにも突然にやって来て、
部屋の中には数時間前に使っていた物がまだそのままそこにあり、
信じられないくらい本当にあっけない永遠の別れでした。
生まれて初めて味わう言葉に出来ないくらいの深い悲しみ。
せめて「お父さんありがとう」って一言いいたかったのに。

素敵な日々は Everyday 君がその手でつくるのさ

「小さな頃のように」を聴く度に、
両親の大きな愛に包まれていたんだなあということに気づき、
心から「ありがとう」と思えるのです。


[50代女性]

« 人生という名... ボーイズ・オ... »