マイペース my マイペース。

2016年3月、35歳で自閉症スペクトラム障害と診断。そんな私の生い立ちや日々の事を綴っていきます。

サポーターの存在の大きさ。

2017-07-12 14:07:24 | 私の場合。
こんにちわ。

昨日〜今日まで、実家にいます。

そうそう、前回の日記で披露した『母への誕生日おめでとうイラスト』を渡すことが出来て、喜んでくれました(*^_^*)

でも、今日何気なくチラシの裏に描いたイラストの方が喜ばれました。笑



走り描きのイラストに負けたパステル…。



さて、今日は“サポーターが居る事の大切さ”をテーマにしようと思ってます。


私には、親以外にサポーターとして、大切な人が出来ました。

今年入ってから知り合い、いわゆるお付き合いさせていただき、半年ほど経ちます。

嬉しい反面、最初は自分の特性で相手を困らせたり、落ち込ませるような事にならないかと、不安でいっぱいでした。

『カサンドラ症候群』という、アスペルガーの人がパートナーや家族に居て、特性で困ったり悩む事をそう呼ぶらしいのですが、私が彼女になる事で、そのカサンドラにならないかという…。


半年の間に、やはり困らせたり衝突もありましたが、前回の日記で、支援センターに同行してくれたり、私を理解したいと言ってくれて、安心し、感謝しきれない程です。

彼は、良きパートナーであり、良き理解者、サポーターです。

私自身も、彼の事、彼の気持ちを分かってあげれる人になろうと心から思ってます。


それだけでもありがたいのに、コメントまで残してくれました!

これはビックリした

前回の日記のコメント、名前は何故か『謎の人』笑

コメントの内容が、彼なりに皆さんにお伝えしたい事みたいで、ここに載せさせてもらう事にしました。

(以下、コメント内容 ↓ )

皆さん初めまして。
このブログを読まれてる方は、当事者さん御家族さん又は知り合いに同じ障害を持たれている方がおられるかと思いコメントさせて頂きます。

彼女と向き合う様になり、当初私は障害を理解しようと色々な方のブログや、医療機関の投稿等を読み漁りましたが理解できませんでした。

それは個人個人の方の考え方、受け止め方、行動が色々あり過ぎて整理出来なかったからです。

そこで気が付いたのは、障害と大きくまとめず、個性として考えて行く事でした。
そうしたら障害という固定観念に縛られず、じっくりと見つめて行ける様になり、彼女との向き合い方を考えて行けるようになりました。

まだまだ、これからも時間が必要だとは思いますが、しっかりと向き合って行きたいと感じています。

どうぞ、これからも温かく見守って頂けたら幸いです。

追伸
マイへ、ビアガーデンあれでセーブしてたのか(笑)



ありがとう。

個別にメッセージでお礼しましたが、ここまで想ってもらえるのは幸せですね。

惚気要素入りましたが、これからもこのブログを書き連ね、誰か1人でも、心の休憩が出来る内容で書いていきたいので…

これからも、よろしくです。


今日はこれにて☆

いつも見てくれてありがとう。

初めましての方もありがとう。

また来てね
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「個性」&日記。 | トップ | 旅行中! »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。