こんな映画見ました~

春、、、来てるはずなんですけどね~。
夕方の風、冷たい、寒い。。。

インクレディブル・ハルク

2008年08月07日 | ア行

『インクレディブル・ハルク』
---THE INCREDIBLE HULK---
2008年(アメリカ)

監督:ルイ・レテリエ
出演:演: エドワード・ノートン 、リヴ・タイラー、ティム・ロス、ウィリアム・ハート

 科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は、恋人ベティ(リヴ・タイラー)の父、ロス将軍(ウィリアム・ハート)の命令を受けて人体への放射線抵抗を研究していた。
ところがその研究実験中に事故が発生、多量のガンマ線を浴びたブルースは、怒りを感じて心拍数が200を越えると約2.7メートルもの巨大な緑色のモンスター=ハルクに変身する特殊体質となってしまう。
それ以来、彼を利用しようとする軍の追跡を逃れ、ブラジルに身を隠して治療薬開発と細胞の解明に専念するブルース。
しかし、ふとした出来事からブルースの居場所が割れてしまい、ロス将軍によって送り込まれた特殊部隊員ブロンスキー(ティム・ロス)らに包囲されてしまう。
だがその時ブルースはハルクへと変身、部隊を一蹴し、間一髪のとこで逃亡に成功するのだったが…。
(allcinemaより)


---------------------------------------------------------------------



エドワード・ノートン 主演の映画ですから、やはり見に行かなくちゃ~と行ってきました。
アニメ映画はほとんど見ない私は、ハルクとシュレックの区別もつかないまま、席に座りました(汗)。
大きな緑の怪物と綺麗な女性ってだけで、頭の中では一くくり・・・。
シュレックファンにバシッとされそう・・・。m(__)m

オープニングで紹介された何コマかで、状況がすんなり分かる手法に、もやは釘付けでした。
エドワード・ノートンが怪物に変身する自分を、軍に利用されまいと逃げるブルースを演じていますが、そのかっこいいこと~~♪

ティム・ロスは久し振りに映像を見た気がしますが、なかなかの迫力の演技でした。
CGと実写を組み合わせたなかなか見応えのある映画で楽しめました。
ラストに、ロバート・ダウニー・Jrがトニー・スターク役で出てきたのにはビックリ!
ロバートのファンとしては、嬉しかったデス。
ハルクもアイアンマンも生みの親はスタン・リーで、次の公開映画へ繋げているのが心憎いです。
アイアンマンが待ち遠しいです。。。







『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベオウルフ/呪われし勇者 | トップ | スウィーニー・トッド フリ... »

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ティム・ロス (miyu)
2008-08-07 15:38:58
相変わらずいい演技しますよね~。
新作は久しぶりな気がしましたけど、
改めてノートンもですが、気になってしまいますね。
特にノートンさんはまたハルクを演じるのかも
気になるところです。
「アイアンマン」早く観たいですね~♪
こちらにも・・・ (ミチ)
2008-08-07 17:08:14
小米花さんもノートン目当てでしたか~!
そういう人が多いんでしょうね。
シュレックとハルクの区別はつきますけれど(笑)

冒頭30分が特にお気に入りです。
スピード感があって、ハルクも全貌を現さないのが良かった。
怪物対怪物のクライマックスは個人的にはちょっとイマイチでした。
共通点 (こでまり)
2008-08-07 22:41:56
こんにちは♪TB&コメントありがとうございました♪

いやあ、ハルクとシュレックにこんな共通点があったとは~~!
そう言われればそうですね、気がつかなかったっ・・・

前作のハルクはイマイチでしたが、
これはエドワードが演じてるせいか、彼が手直しした脚本が良かったのか定かではありませんが、
ともかく楽しんで見ることが出来ました。
このハルクだったら、続編も見たいと思います。
アイアンマン (ひらりん)
2008-08-08 02:28:45
シネコンで何回も「アイアンマン」の予告編を見てたから、
おおーーーって、感じでちょっと嬉しかったひらりん。
こりゃ、観に行かなくては・・・
と、まんまと策略に引っ掛かってるひらりんなのでした。
miyuさんへ! (小米花)
2008-08-08 23:02:23
ティム・ロスは、しばらく見てなかったですが、
相変わらず個性的な演技で、良かったですね。

ハルクの続編がありそうって事でしょうか~?

アイアンマン、楽しみです。
CG苦手っていいながら、結構はまってきてます(笑)。
ミチさんへ! (小米花)
2008-08-08 23:10:49
こちらにも、ありがとうございます。

はい、ノートン目当てですっ。

冒頭のあの撮り方ってすごいですね~~。
怪物の争いは、もっと手短にしてほしかったですね。
その分、普通のノートン見せてよ~って言いたかったデス。
こでまりさんへ! (小米花)
2008-08-08 23:16:41
ハルクとシュレックがごっちゃになってた私、
恥ずかしい・・・。(^_^;)
でも、興味のないことには本当に無関心で
ちょっと反省です・・・。

ちなみに興味がなくて、話しがチンプンカンプン
なのは、バッドマンとスターウォーズ・・・。
全然見てません。
映画ブログなのに、オイオイ~!ですね。

あと、邦画もダメ・・・。
邦画はもっと年取って時間が余るようになったら
見てみたいです。
もう、すでに年取って時間余ってるんですけど、
何故か忙しい・・・(笑)。
ひらりんさんへ! (小米花)
2008-08-08 23:19:40
この映画の前のトレーラーにも「アイアンマン」
ありました。
それでも、おお~~~!って思っていたのに、
ラストに登場なんて~。
ラッキーな映画鑑賞となりました。
こんにちは! (アイマック)
2008-08-09 15:11:43
ノートンは人気があるんですねえ。にゃは!
ハルクになったいきさつが軽く飛ばされてたのは驚きましたよ。
前作がちと長い気がしたので、アクション重視は楽しめました。
迫力ある映像、劇場でみられてよかったわ!
アイアンマンのコマーシャル、ちゃっかりしてるね。笑
こんばんは~☆ (きらら)
2008-08-09 19:59:23
やっぱり!
ノートン目当てで「ハルク」を見られる方多いんですね
私もその一人でしたけど。。。
だから前半は楽しめたんだけど、
ハルクのシーンになるとちょっと退屈しちゃったなぁ。。。
ティム・ロスの登場もうれしかったです
アイマックさんへ! (小米花)
2008-08-09 23:29:11
前作は見てないのですが、ハルクになったいきさつに
重点がおかれていたんですか~?

迫力ある映像満載でしたね~。
でも迫力のあるシーンはノートンではないし、
ノートンの出てるシーンは、悩んでばかりでした(笑)。

でもちょっとノートンの可愛い表情も見られて良かったです。

あのアイアンマンにはビックリでした。
公開される前にブログだけでもアイアンマンって
名前が数多く出ただけでもCM効果ばっちりですものね。
きららさんへ! (小米花)
2008-08-09 23:34:17
ノートン目当てのファンには、あの終盤の
怪物同士の戦いは、ちょっとボリュームあり過ぎ
だったかもしれませんね。
迫力はありましたけど!

ティム・ロスはさすがインパクトある演技してましたよね。

ノートンをナマで見られたきららさんが羨ましかったです!
思ってよりも (メル)
2009-03-07 10:37:32
ずっと楽しめました~♪^^
アメコミってね~・・とちょっと苦手意識があったし
見ようかな、どうしようかな、と思ってたんですが
主人は見たがるし^^、私も出演陣に惹かれて見てみることに^^
で、思ってたよりもずっと楽しめました(^^)v

エドワード・ノートンの珍しい役どころ、それに
ティム・ロスまでこんな役を~??!と思ったけど
なかなか良かったし、ウィリアム・ハートも”らしい”演技してくれてたし、リヴ・タイラーも
恋してる女性を好演してたし、キャストが良かった!

あ、あそうそう、小米花さんの”彼”もでてきましたしね~(^ー^* )フフ♪
「アイアンマン」を未見なので、楽しみが増えましたわ(^^)v
メルさんへ! (小米花)
2009-03-07 22:53:05
私もアメコミダメなんですよ~~。
でも、スーパーマンはもともとアメコミだし、
アイアンマンもアメコミですから、
もうダメって言えなくなりそう・・・(笑)。

この映画はなんていってもノートンでしたね。
その他のキャストも本当に良かったですね!

エヘヘ、”彼”の登場には胸躍りました~♪(爆)。
最近、どこのブログお邪魔しても”彼”がメジャーなので、嬉しいです!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
インクレディブル・ハルク (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『その「力」、ためらうな。』  コチラの「インクレディブル・ハルク」は、2003年にも「ハルク」として映画化されたMARVELの「超人ハルク」をエドワード・ノートン主演でより娯楽性を高く実写再映画化した8/1公開のアメコミ映画です。  公開初日は映画の日!もち...
インクレディブル・ハルク (★YUKAの気ままな有閑日記★)
エリック・バナ主演の『ハルク』を面白いとは思えなかったし、ハルクのお話にあまり魅力を感じないので、別にリニューアル版を観る必要も無かったんだけど、エドワード・ノートンの隠れファンなので観に行ってしまいました~【story】ブルース・バナー博士(エドワード・...
映画 【インクレディブル・ハルク】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「インクレディブル・ハルク」 2003年に同名アメコミを映画化した『ハルク』のリニューアル版。 おはなし: 科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は、実験中に大量のガンマ線を浴びて体質が変化。心拍数が200を超えると、緑の巨人ハルクに変身し...
インクレディブル・ハルク/The Incredible Hulk (我想一個人映画美的女人blog)
「バットマン(ダークナイト)」に「アイアンマン」「ハンコック」にこの「ハルク」と、 夏から秋にかけてヒーローもの続々登場{/ee_3/} 全部揃えて戦わせたらどれがいちばん強いのかなー?なんて考えちゃった。 あ、「カンフー・パンダ」も一応ヒーローもの?(笑) ...
インクレディブル・ハルク (ネタバレ映画館)
セキュリティ・ソフトがノートンってのは・・・
●インクレディブル・ハルク(56) (映画とワンピースのこでまり日記)
エドワード・ノートンのハルクは悲しみに満ちていました・・・。
インクレディブル・ハルク (小部屋日記)
The Incredible Hulk(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督:ルイ・レテリエ 出演:エドワード・ノートン/リヴ・タイラー/ティム・ロス/ウィリアム・ハート その「力」、ためらうな。 2003年に同名アメコミを映画化した『ハルク』のリニューアル版。 怒りや恐怖の感...
「インクレディブル・ハルク」 哀しみを背負うヒーロー (はらやんの映画徒然草)
マーベル・コミックスの中でも特に有名なキャラクター、ハルク。 アン・リー監督で一
映画 『インクレディブル・ハルク』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆怒りや恐怖の感情が高まると、緑色の巨人“ハルク”に変身する青年の苦悩と活躍を描くヒーロー・アクション。2003年に同名アメコミを映画化した『ハルク』のリニューアル版となる本作では、『トランスポーター』シリーズのルイ・レテリエが監督を務め、...
「インクレディブル・ハルク」ジャパンプレミア (アートの片隅で)
「インクレディブル・ハルク」のジャパンプレミアで東京国際フォーラムに行って来ました。 当初はキャストの登場を予定していたのだが、来日が1週間遅れてしまった為、吹き替えを担当した水嶋ヒロのみの登場となりました。 知人から彼が登場するという話を聞いていたの...
【2008-186】インクレディブル・ハルク (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? その「力」、ためらうな。
「インクレディブル・ハルク」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
思ってたよりもずっと楽しめました^^
【映画】インクレディブル・ハルク…この緑色も割と燃える↑ (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
夜勤週のピロEKです。 今日{/kaeru_fine/}は天気が宜しいですなぁ{/kaeru_fine/}…仕事行きたくないなぁ{/face_hekomu/} この4月からはアニメがなにやら豊作みたいですね。 先日の日曜日から始まった「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」{/hakushu/}{/up/}とか、こ...
インクレディブル・ハルク / 65点 / THE INCREDIBLE HULK (FUNNY GAMES?)
他のアメコミもんの完成度が高すぎるんで、イマイチ感がハンパ無いっす! 『 インクレディブル・ハルク / THE INCREDIBLE HULK 』 2008年 アメリカ 112分 監督 : ルイ・レテリエ 脚本 : ザック・ペン 出演 : エドワード・ノートン、リヴ・タイラ
インクレディブル・ハルク (Addict allcinema 映画レビュー)
その「力」、ためらうな。
インクレディブル・ハルク (The Incredible Hulk) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ルイ・レテリエ 主演 エドワード・ノートン 2008年 アメリカ映画 112分 アクション 採点★★★ リスクも少なく簡単に稼げるリメイクや続編ばかり作られているのは今に始まったことじゃないですが、最近では大々的に宣伝して作ってみたものの、イマイチ評判の...
★インクレディブル・ハルク<ジャパンプレ... (CinemaCollection)
THEINCREDIBLEHULKその「力」、ためらうな。製作国アメリカ公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2008/08/01ジャンルアクション/SF/アドベンチャー【解説...