こんな映画見ました~

gooブログのTB機能が終了しました。
これからは、努めてコメントに伺うように致します。
また宜しくお願い致します。

マンチェスター・バイ・ザ・シー

2017年05月20日 | マ行

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
---MANCHESTER BY THE SEA---
2016年(アメリカ)

監督: ケネス・ロナーガン  
出演: ケイシー・アフレック 、 ミシェル・ウィリアムズ  、 カイル・チャンドラー、 ルーカス・ヘッジズ


「ジェシー・ジェームズの暗殺」「ゴーン・ベイビー・ゴーン」のケイシー・アフレックが心に深い傷を抱えた主人公を好演し、アカデミー主演男優賞をはじめ主要映画賞を総なめするなど各方面から絶賛された感動のヒューマン・ドラマ。
ある悲劇をきっかけに故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーに背を向けて生きてきた孤独な男が、兄の突然の死で帰郷を余儀なくされ、過去の悲劇と向き合わざるを得なくなる悲痛な姿を、ほのかなユーモアを織り交ぜつつ切なくも優しいタッチで綴る。
共演はミシェル・ウィリアムズ、カイル・チャンドラー、ルーカス・ヘッジズ。監督は「ユー・キャン・カウント・オン・ミー」「マーガレット」のケネス・ロナーガン。


アメリカのボストン郊外でアパートの便利屋をして孤独に生きる男リー(ケイシー・アフレック)。
兄ジョー(カイル・チャンドラー)の突然の死を受けてボストンのさらに北の港町マンチェスター・バイ・ザ・シーへと帰郷する。
そしてジョーの遺言を預かった弁護士から、彼の遺児でリーにとっては甥にあたる16歳の少年パトリック(ルーカス・ヘッジズ)の後見人に指名されていることを告げられる。
戸惑いを隠せないリー。
仕方なくパトリックにボストンで一緒に暮らそうと提案するが、友だちも恋人もいるからここを離れることはできないと激しく拒絶され途方に暮れてしまう。
なぜならばリーには、この町で暮らすにはあまりにも辛すぎる過去があったのだが…。
(allcinemaより)

---------------------------------------------------------------------


良かったです!
泣きました。。。
 
 
評判通り、ケイシー・アフレック が好演しています。
せつなさ、やるせなさ、背負う物の重たさ、それでも堅実に生きようとするリーを、ほんとうに上手く演じていました。
 
新しい生活を始めた元妻ランディとの再会での会話に泣かされましたネ。
ランディの話を聞くリーを演じるケイシー・アフレック に痺れる。。。
 
兄を演じたカイル・チャンドラー、も甥っ子のルーカス・ヘッジズも良かったです。
オススメの作品です。
 
 
 
     
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニュースの真相 | トップ | 光をくれた人 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (そよこ)
2017-12-14 15:04:19
こんにちは。
過去記事にお邪魔しましたが大丈夫でしょうか?
すみませんm(_ _)m
感動が止められず、伺いました。
私も久々に大泣きしました(´艸`)
アフレックは見事でしたね。今後も楽しみな俳優ですね。
丁寧に撮った作品だなぁと思いました。
少し苦手なミシェル・ウィリアムズもいつもの上手さで、
あの偶然の立ち話のシーンが忘れられません。
そよこさんへ! (小米花)
2017-12-15 21:50:45
コメントありがとうございます。
もちろん、過去の記事にでも書き込み大歓迎です!
ただ、お返事が遅かったりしてますが、ご免なさいね。

この映画、泣かされましたネ~~。
こういう映画との出会いがあるから、映画鑑賞を止められないのよね~という作品でした。

コメントを投稿

11 トラックバック

マンチェスター・バイ・ザ・シー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11) 濃厚なスパイス料理が続くとお茶漬けが恋しくなる気持ち。
「マンチェスター・バイ・ザ・シー」 (ここなつ映画レビュー)
ありきたりな表現が許されるなら、傑作である。ただただ、傑作である。ネタバレ含みますので未見の方はご注意下さい。マンチェスター・バイ・ザ・シーの穏やかな海の風景。ヨット......
「マンチェスター・バイ・ザ・シー」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Manchester by the Sea」 2016 USAボストンの住宅街で便利屋として生計をたてるリー・チャンドラーは孤独で短気な性格の男。ある日、兄のジョーが心臓発作で倒れたとの知らせを受け病院に......
マンチェスター・バイ・ザ・シー (映画好きパパの鑑賞日記)
 ケイシー・アフレックがオスカーを取った話題作。抑制された筆致で心に傷を負った男を描くというのは、「ムーンライト」に通じるものがありました。何かと騒がしいアメリカはこ......
マンチェスター・バイ・ザ・シー (映画的・絵画的・音楽的)
 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)アカデミー賞の主演男優賞と脚本賞を取った作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の......
マンチェスター・バイ・ザ・シー/MANCHESTER BY THE SEA (我想一個人映画美的女人blog)
泣くつもりなんてなかったんだけど 今年のアカデミー賞にて、作品賞ノミネート ケイシー・アフレックが主演男優賞と、脚本賞で受賞 ある悲劇をきっかけに故郷のマンチェス......
マンチェスター・バイ・ザ・シー (心のままに映画の風景)
アメリカ、ボストンの郊外で、便利屋として生計を立てるリー・チャンドラー(ケイシー・アフレック)は、兄ジョー(カイル・チャンドラー)の訃報を受け、故郷の港町マンチェス......
マンチェスター・バイ・ザ・シー ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「ジェシー・ジェームズの暗殺」「ゴーン・ベイビー・ゴーン」のケイシー・アフレックが心に深い傷を抱えた主人公を好演し、アカデミー主演男優賞をはじめ主要映画賞を総なめする......
マンチェスター・バイ・ザ・シー (風に吹かれて)
住むには辛すぎる町 公式サイト http://www.manchesterbythesea.jp 製作: マット・デイモン アメリカのボストン郊外でアパートの便利屋をして孤独に生きる男リー(ケイシー・
映画:マンチェスター・バイ・ザ・シー Manchester by the Sea  渋くアカデミー主演男優賞、...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
アカデミーで、主演男優賞、脚本賞の2冠。 確かに主演のケイシー・アフレック、いつもいいが今回は更に存在感バツグン。 そして脚本も劇シブい。 ボストンと海辺の田舎町......
「マンチェスター・バイ・ザ・シー」 (或る日の出来事)
叔父と甥の会話(言い合い)が、なかなか笑える。ユーモアがあっていい。