こんな映画見ました~

すっかりサボってしまいました。
映画見てない。。。でも続けていくつもりなので、宜しく。。。

終戦のエンペラー

2013年07月29日 | サ行

『終戦のエンペラー』
---EMPEROR---
2012年(日本/アメリカ )

監督:ピーター・ウェーバー 
出演:マシュー・フォックス、 トミー・リー・ジョーンズ 、初音映莉子、 西田敏行、 羽田昌義 、 火野正平、 中村雅俊 、 夏八木勲、 伊武雅刀 、片岡孝太郎 、 コリン・モイ 


解説敗戦直後の日本を舞台に、その後の日本の運命を決定づけた知られざる感動の物語を、マッカーサー元帥の指示で天皇の戦争責任の有無を調べることになった親日派の青年フェラーズ准将の目を通して描く日米合作の歴史ドラマ。
主演はTVシリーズ「LOST」のマシュー・フォックス、共演に「逃亡者」のトミー・リー・ジョーンズ、「ノルウェイの森」の初音映莉子、「釣りバカ日誌」の西田敏行。
監督は「真珠の耳飾りの少女」「ハンニバル・ライジング」のピーター・ウェーバー。

1945年8月15日、日本はポツダム宣言を受諾し、第二次世界大戦が終結する。
その直後、ダグラス・マッカーサー(トミー・リー・ジョーンズ )率いるGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)が上陸、日本の占領統治が始まる。
さっそく戦犯の拘束に乗り出したマッカーサーは、日本の文化にも精通していたフェラーズ准将(マシュー・フォックス)に真の戦争責任が誰にあったかを突き止めるよう命じる。
しかし、日本独特のあいまいな意志決定のあり方に知日派のフェラーズも困惑し、調査は予想以上の困難を強いられるが…。
(allcinemaより)
 
 
 
---------------------------------------------------------------------


大きな身体、サングラスにパイプ。誰もが知る写真のマッカーサー。
小柄に写る昭和天皇との二人の写真を、日本国民が目にしたのは新聞報道であったのでしょうか。
その対照的な体格と態度に大きな衝撃を受けたと、私の親世代の人の話を聞いたことがあります。
その圧倒されるような違いに、日本の敗戦を実感したかのようでした。
映画で厚木の飛行場を降り立つ前のマッカーサーの言い放った言葉通りの印象を与えたようです。
 
制作に日本が大きくかかわった作品だからかもしれませんが、日本の俳優陣が皆好演していました。
終戦後の敗北感と緊張感がにじみ出てて、思わず息を飲むほど上手く演じていたと思います。
 
フェラーズとアヤのエピソードは、鑑賞中はこれが本筋になりはしないかとヒヤヒヤしました(笑)。
 
え?って思ったのは、歓迎する人々がマッカーサーの車が前を通ると後ろ向きになること。
え、、聞いたことがないワ、、、そんなこと。。。
顔を伏してお迎えするのかと思っていましたが、映画製作の専門家がついているのですから、間違いはないかナとは思うのですけどね、、、。
 
話しの内容は、今明かされる!と謳われているわりには、まあフツーでした。
 
 
皇室についての話しになると、口調がとたんに丁寧になり尊敬語がやたらと飛び出す私の祖母の話しぶりを思い出したりしていました。。。(^_^;)
 
アメリカ本国ではどんな評価だったのかチェックしていませんが、日本では受け入れられる作品だと思います。
私もなかなか興味深く見ました。
楽しめました。
 
 
 
 
  
 
  





 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東ベルリンから来た女 | トップ | 31年目の夫婦げんか »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (yukarin)
2013-07-31 10:32:13
恋愛の部分が長く感じました、、、
もうちょっと短くても良かったかなと。
でも、歴史的な部分はいろいろ知らないことも多く勉強になりました。
観ておくべき作品なのかなと思いますね。
yukarinさんへ! (小米花)
2013-07-31 22:13:26
恋愛部分は必要?って感じましたネ。
天皇を助けるための助言をした女性がいた事は、
ブログ記事を書くにあたって知った事ですが、
そういう女性がいたことを描いて欲しかったって思いました。
少し残念です。

学校の映画鑑賞などで扱うのは難しいのでしょうかね・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『終戦のエンペラー』 2013年7月8日 ブロードメディア試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『終戦のエンペラー』 を試写会で鑑賞しました。 上映後の長いトークショーはやめてください 良い映画なのにだいなしですよ (imdbでは6.2です。) 【ストーリー】  1945年8月30日、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の司令官としてダグラス・マッカーサー元帥(トミ...
終戦のエンペラー (あーうぃ だにぇっと)
終戦のエンペラー@ブロードメディア試写室
終戦のエンペラー (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
マッカーサー元帥が困った昭和天皇の戦争責任を実際に調べる立場だった人物が主人公になっているのだけど、歴史ドラマとしては現在元兵士や戦犯の証言がわかってきているので弱いと思う。親日派のフェラーズが学生時代に知り合ったアヤという日本人留学生との恋物語を絡め...
終戦のエンペラー  監督/ピーター・ウェーバー (西京極 紫の館)
【出演】  マシュー・フォックス  トミー・リー・ジョーンズ  初音 映莉子 【ストーリー】 1945年8月30日、連合国軍最高司令官総司令部GHQの司令官としてダグラス・マッカーサー元帥が日本に上陸。彼は日本文化に精通している部下ボナー・フェラーズに、太平洋戦争...
終戦のエンペラー (だらだら無気力ブログ!)
中々に見応えある内容で良かった。
[映画『終戦のエンペラー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆不思議な映画であった。  日本人にとっては拘りどころの、先の大戦における天皇陛下の存在の意義だが、果たして、この作品を作ったアメリカ人にとって、如何ほどの興味があるのか、と言う問題がある。  そんなにも興味があるとは思えなかった。  日本人の民族的な...
終戦のエンペラー (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【EMPEROR】 2013/07/27公開 日本/アメリカ 107分監督:ピーター・ウェーバー 出演:マシュー・フォックス、トミー・リー・ジョーンズ、初音映莉子、西田敏行、羽田昌義、火野正平、中村雅俊、夏八木勲、桃井かおり、伊武雅刀、片岡孝太郎、コリン・モイ 戦いの果てに、...
終戦のエンペラー (とりあえず、コメントです)
岡本嗣郎著のノンフィクション『終戦のエンペラー 陛下をお救いなさいまし』をもとに ハリウッドで映画化した歴史ドラマです。 トミー・リー・ジョーンズがマッカーサーを演じると聞いて気になっていました。 日米の豪華な出演者たちの熱演と共に、主人公の視線で丁寧に...
終戦のエンペラー (試写会) (風に吹かれて)
平和のために 耐え難きを耐え 忍び難きを忍んで公式サイト http://www.emperor-movie.jp7月27日公開原作: 終戦のエンペラー/陛下をお救いなさいまし (岡本 嗣郎著/集英社文
終戦のエンペラー ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
岡本嗣郎のノンフィクション「陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ」が原作の歴史サスペンス。進駐軍を率いて終戦直後の日本に降り立ったマッカーサー元帥から、太平洋戦争の責任者追究を命じられた男が衝撃の事実にたどり着く姿を息詰まるタッチで追う。....
映画「終戦のエンペラー」 (FREE TIME)
映画「終戦のエンペラー」を鑑賞しました。
終戦のエンペラー (映画的・絵画的・音楽的)
 『終戦のエンペラー』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)戦前のことを取り上げたアニメ『風立ちぬ』を見たことでもあり、また出演する俳優の顔ぶれもなかなかなので、映画館に足を運びました。  本作は、マッカーサー元帥(トミー・リー・ジョーンズ)らを乗せた米....
「終戦のエンペラー」 公平な視点で描く (はらやんの映画徒然草)
天皇に戦争責任はあったのか? この疑問は日本人にとって今をもってしても非常にセン
終戦のエンペラー 象徴天皇となった一つの要因がよく理解できた (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=39 うち今年の試写会5】 岡本嗣郎著「陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ」を原作として、アメリカで作られた作品(邦画ではないのだ、てことは映画館で気付いた)  1945年8月15日、日本はポツダム宣言を受諾し、第二次世界大戦が終結する。その直...
『終戦のエンペラー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「終戦のエンペラー」 □監督 ピーター・ウェーバー□脚本 ベラ・ブラシ□原作 岡本嗣郎□キャスト マシュー・フォックス、トミー・リー・ジョーンズ、初音映莉子、西田敏行、       片岡孝太郎、中村雅俊、夏八木勲、桃井か...
終戦のエンペラー (to Heart)
原題 EMPEROR 製作年度 2012年 製作国・地域 日本/アメリカ 上映時間 107分 原作 岡本嗣郎『陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ』(集英社刊) 脚本 デヴィッド・クラス 、ヴェラ・ブラシ 監督 ピーター・ウェーバー 出演 マシュー・フォックス/トミー...
終戦のエンペラー (いやいやえん)
天皇の戦争責任を問うという日本人には禁断の映画なのかと思っていたら、やっぱりアメリカ・ハリウッド製作の映画だったな、といった印象。 マッカーサーが来日したときに、日本兵が背中をみせている所はまあ実際に