こんな映画見ました~

夜には、虫の音が聞こえてきます。
季節は移り変わっているのですね~。

水曜日のエミリア

2011年07月21日 | サ行

『水曜日のエミリア』
---LOVE AND OTHER IMPOSSIBLE PURSUITS
  THE OTHER WOMAN---
2009年(アメリカ)

監督:ドン・ルース
出演:ナタリー・ポートマン 、 スコット・コーエン 、 チャーリー・ターハン、 リサ・クドロー


「ブラック・スワン」でみごとアカデミー主演女優賞に輝いたナタリー・ポートマンがその前年の2009年に自ら製作総指揮を務め主演したヒューマン・ドラマ。
生まれたばかりの我が子を失い、悲しみから立ち直れないヒロインの揺れる心模様を等身大に描き出す。アイアレット・ウォルドマンの小説を「偶然の恋人」のドン・ルース監督が映画化。共演はTV「フレンズ」のリサ・クドロー。

ニューヨークで新人弁護士として働くエミリア(ナタリー・ポートマン)は事務所の上司ジャック(スコット・コーエン)と恋に落ちる。
妻子のいるジャックだったが、やがてエミリアは彼の子どもを妊娠、ジャックの離婚によって晴れて結婚にこぎ着け、幸せを手にしたかに思われた。
しかし、幸せの象徴だった赤ちゃんは、生まれてわずか3日で突然死してしまう。
悲しみに暮れるエミリアは、前妻との間を行き来するジャックの連れ子ウィリアム(チャーリー・ターハン)とも上手く関係を結べず、次第に追い詰められていく。
(allcinemaより)


---------------------------------------------------------------------


ナタリーを見たくて行って来ました。。。
 
既婚者と知ってて恋をし、身ごもり、相手の離婚と同時に結婚するエミリア。
普通に考えたら、やはり非難されてしまう女ですよね。
 
映画冒頭はそんなエミリアを説明するようなシーンから始まります。
ジャックと出会った頃の可愛いエミリアから順番に見せてくれるかと思ったら、嫌な女の部分からいきなり始まるのね・・・。
でも、ここでは観客は皆エミリアの味方なんですね。
  
話しの展開は、時間が前後しながら進められます。
 
継子のウィリアムとの会話が、この映画のとても大きな部分を占めています。
そのウィリアムへの対応で、エミリアの嫌な女の部分が見えてくるのですね。
 
でも最後、反発された継子のウィリアムの助言で、ズタズタの心が救われてくる辺りのエミリアをナタリーは本当に好演しています。
結局エミリアは大人になり切れてないうちに、恋愛をし母になってしまったのか、とも私は思えるのです。
でも、懸命に妻になりたい、母になりたい、と努めた女性としての情熱が継子ウィリアムに通じて、心がほわっとするラストでした。
 
ナタリーは本当に演技が上手いナって思いました。
離婚、再婚の多い世の中、ウィリアムのように難しい立場で生きる子供達が増えているって事でしょう。
子供は逞しいもので、誰が自分を愛してくれているか、きちんと判断出来るものなんですね。
 
 
    
    



     

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 闇の列車、光の旅 | トップ | チェイシング/追跡 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-07-22 00:57:09
年とともにナタリーって上手くなっているように思います。この子がまた子どもらしいにくったらしさなんだけど、でも子どもって得てしてこんなものですよね。
だから変に素直にならないで、らしい和解のラストがとても気に入ってます^^
KLYさんへ! (小米花)
2011-07-22 21:00:28
どこまで女優として大きくなるのか、
本当に楽しみなナタリーですね。

子供は、心がとても柔らかくて、つかみ所がないという面がありますね。
柔らかいがゆえに、順応する逞しさも持ち合わせていると思っています。
リサ・クドロー (rose_chocolat)
2011-07-25 08:57:52
がやっぱりよかったかなあ。
もちろんナタポもいいんですけどね。

でもこのネタがいかにもアメリカ的でしたよね。
一歩間違えるととても陳腐な話になってしまいがちなので、うまくまとめていたと思いました。
rose_chocolatさんへ! (小米花)
2011-07-25 21:07:57
そう、キャロリン(リサ・クドロー)の話しは説得力がありました。
あのエミリアを説得した会話が、この映画を締めていたんですね~。
後から、それに気がついた私でしたヨ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
水曜日のエミリア (LOVE Cinemas 調布)
『ブラック・スワン』でアカデミー賞主演女優賞を獲得したナタリー・ポートマンが製作総指揮と主演を務めたヒューマンドラマだ。不倫相手と略奪婚をした主人公が自らの娘の死から立ち上がろうともがく姿を描いている。共演にはテレビドラマでの活躍が多いスコット・コーエ...
水曜日のエミリア (映画的・絵画的・音楽的)
 『水曜日のエミリア』をヒューマントラストシネマ有楽町で見てきました。 (1)『ブラック・スワン』でアカデミー賞を獲得したナタリー・ポートマンが出演する映画が、このところ引きも切らず上映されるので、なかで一つぐらいはと思って、映画館に行ってきました。  ....
水曜日のエミリア/ナタリー・ポートマン (カノンな日々)
ナタリー・ポートマン主演作品の公開が続きますが、これはうっかりノーマークでした。予告編もポスターもチラシもどこかで見た覚えがないような?不倫相手を略奪してまで結婚した ...
水曜日のエミリア (風に吹かれて)
身勝手な女 公式サイト http://wed-emilia.jp原作: 「Love and Other Impossible Pursuits」(アイアレット・ウォルドマン著)製作総指揮: ナタリー・
『水曜日のエミリア』 (2009) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: LOVE AND OTHER IMPOSSIBLE PURSUITS/THE OTHER WOMAN 監督: ドン・ルース 出演: ナタリー・ポートマン 、スコット・コーエン 、チャーリー・ターハーン 、ローレン・アンブローズ 、リサ・クドロー 鑑賞劇場: シネマート新宿 公式サイトはこちら。 ...
「水曜日のエミリア」、なんで水曜日なの? (カサキケイの映画大好き!)
「抱きたい関係」は観てないけれど、 「ブラックスワン」、「マイティ・ソー」、 そして「水曜日のエミリア」とナタリー出演作は今年3本目、 様々な役柄で活躍する。 この人の性格はかなり勝ち気で一本気のような気がするれど 演じる役はとても繊細なものが多い。 ...
■映画『水曜日のエミリア』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
不倫、妊娠、略奪婚! 実子の突然死、継子との不仲、前妻との確執!! 言葉にしてしまうと、なんだかセンセーショナルで、ワイドショー的な題材を描いているこの映画『水曜日のエミリア』。 ただ、内容自体はそんなに過激で下世話なものではなく、“普通の幸せ”を求...
水曜日のエミリア (銀幕大帝α)
LOVE AND OTHER IMPOSSIBLE PURSUITS/09年/米/102分/ドラマ/劇場公開 監督:ドン・ルース 製作総指揮:ナタリー・ポートマン 出演:ナタリー・ポートマン、スコット・コーエン、チャーリー・ターハン <ストーリー> 既婚者の上司と恋に落ちたばかりに、不運....
水曜日のエミリア (いやいやえん)
上司と不倫のあげく略奪婚をしたエミリア。普通に幸せになりたいだけだったのに、生後まもなく亡くなった我が子の事もあってか、神経質でピリピリしている。 ナタリー・ポートマンが深い喪失感に傷つきながらも前に進もうとする等身大の女性エミリアを好演しています...
水曜日のエミリア (食はすべての源なり。)
水曜日のエミリア ★★★★☆(★4つ) 略奪婚を果たしたエミリアだが、継子はなつかず、実子は3日でこの世を去ってしまった。 うまくいかないことの連続。 それでも、人生は愛おしい 「やられたな~」っていうのが正直なところ。 好きか嫌いかで言ったら、私は「...
水曜日のエミリア (新・映画鑑賞★日記・・・)
【LOVE AND OTHER IMPOSSIBLE PURSUITS/THE OTHER WOMAN】2011/07/02公開 アメリカ 102分監督:ドン・ルース出演:ナタリー・ポートマン、スコット・コーエン、チャーリー・ターハン、ローレン・アンブローズ、リサ・クドロー それでも、人生は愛おしい。 ニューヨー....