こんな映画見ました~

桜、桜~♪ 楽しめました!
次は新緑~♪

パフューム ある人殺しの物語

2007年12月05日 | ハ行

『パフューム ある人殺しの物語 』
---PERFUME: THE STORY OF A MURDERER---
2006年(ドイツ/フランス/スペイン)

監督:トム・ティクヴァ
出演: ベン・ウィショー 、ダスティン・ホフマン 、アラン・リックマン、レイチェル・ハード=ウッド



18世紀のパリ。悪臭立ちこめる魚市場で一人の赤ん坊が産み落とされる。
危うく捨てられかけた赤ん坊は、間一髪で拾われ、グルヌイユと名付けられて育児所に引き取られる。
グルヌイユ(ベン・ウィショー)は友だちもいない孤独な子どもだったが、何キロも先の匂いを嗅ぎ分ける超人的な嗅覚の持ち主だった。
やがて青年となったグルヌイユは、ある時運命の香りと出会った。
それは赤毛の少女の体から匂い立っていた。しかし彼は、怯えて悲鳴を上げようとした少女の口をふさぎ、誤って殺してしまう。
以来、彼は少女の香りを再現することに執着し、香水調合師バルディーニ(ダスティン・ホフマン)に弟子入りするのだが…。
(allcinemaより)



---------------------------------------------------------------------



「パフューム」という言葉からは想像もつかないような、気味の悪い映画でした。
18世紀のパリの街事情は何となく想像がつきますが、見たくなかったって思うようなシーンが結構あったりして・・・。

レビューで見たときは、もっと現実的なサスペンスかと思いましたが、ラストで私は完全にめげました(笑)。
う~ん、オススメはしないです・・・。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タロットカード殺人事件 | トップ | ボーン・アルティメイタム »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
確かに・・ (メル)
2007-12-11 18:40:03
あのラストはわけわからん・・でしたが(^^;;)
まぁファンタジー映画として見るしかないのかな、と。
でね~、この映画を見てる途中、結構早い時間帯に
主人が、”こいつ(ベン・ウィショーのこと^^)
ナイナイ(ナインティナイン?!)の岡村に似てると
思わない?”って言ったもんだから、もうそれからは
彼が岡村にしか見えなくなって(笑)(特にあの
鼻の穴を開いて空気を(匂いを)吸う・嗅ぐシーンの数々が)、なんだか彼の顔を見るたびに笑えちゃって
困っちゃいました(^^ゞ

そんなわけで、あまり深刻にならず、重い話(?)
なんだろうけど、かる~いタッチで見れたので
まぁまぁ面白かったかな、と思えた所が不思議です(笑)
これもバベル同様、あまり良いレビューを読んで
なかったので、救われたかな?!^^

TB&コメント、ありがとうございました~♪

あ、そうそう、さっき気づいたんですが
ブログタイトルの写真&イラストが可愛い~~~~~!!!!
素敵です!
小米花さん、ときどきこうやって上のイラストとか
写真とか変えてらっしゃいますよね。
このテンプレートってカスタマイズされてるもの
なんですか?普通できないですよね??!
いつもいいなぁ、と思って見させていただいてます♪^^
メルさんへ! (小米花)
2007-12-11 22:59:52
ご主人さまに拍手~!
いや~、私も岡村に似てるって聞いてから見たら、
見方が変わっていたかもしれません~。
喜劇として見られたかも(笑)。
今になって、笑ってきちゃいますよぉぉ~

私は予告で見た綺麗な服に包まれた女性のシーン
などが頭に残っていましたので、始めのパリのシーンがショックでした・・・。
汚すぎるぞ華の都って思ってしまった・・・。

TBありがとうございました。

テンプレートの画像、可愛いって言ってくださってありがとうございます。
これは我が家の愛犬の走る姿が可愛かったので(親バカです。)写真を使って絵にしました。
絵をテンプレートに入れ込むのは、そんなに難しくないです。
私はgoo提供の「シンプル」に絵を入れ込んでつかっています。
お使いになるのならメールしま~すよ。
ワンちゃん! (ジュン)
2007-12-23 23:14:56
↑テンプレのを引くワンちゃんは小米花さんちの子でしたか
プロフィールのところのもめちゃめちゃ可愛いわん
絵文字が増えているのでたくさん使ってみたくなって、しつこくてごめんなさい~

さて、映画の方ですが・・・何とも不気味な展開でしたね。
もう後半はおとぎ話として見るしかないかなぁと思いました。
あり得ないラストに唖然でしたもの。
ジュンさんへ! (小米花)
2007-12-24 22:18:21
クリスマス用の絵文字が増えてますよね~。
つい入れたくなっちゃいます。

プロフィールのワン、気が付いてくださってありがとうございます。
今の私は、ワンと遊ぶこと、映画を見ることが何よりの楽しみになっております(笑)。

この映画、私はダメでした・・・。
う~ん、ダメだった・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
パフューム ある人殺しの物語 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『それは、昨日まで人だったもの。 究極の香りが誘う未曾有の衝撃に、世界はひれ伏す。』  コチラの「パフューム ある人殺しの物語」は、パトリック・ジュースキントの世界的ベストセラー小説の映画化で、3/3公開になったPG-12指定のサスペンス映画なんですが、早...
★「パフューム ある人殺しの物語」 (ひらりん的映画ブログ)
今週は見たいものがいろいろあったのでシネコン2軒はしご。 こちらは、久しぶりの「109シネマズ川崎」での鑑賞。 年末のポイント倍増期間に、結構見たから、今回は無料鑑賞。 (駐車券のサービスは受けられないから、結局出費は一緒なんだけど)。
「パフューム ある人殺しの物語」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
パフューム ある人殺しの物語 プレミアム・エディションギャガ・コミュニケーションズこのアイテムの詳細を見る 18世紀のパリ。悪臭立ちこめる魚市場で一人の赤ん坊が産み落とされる。捨てられかけた 赤ん坊は間一髪で拾われ、グルヌイユ(ベン・ウィショー)と名付けられ...
パフューム ある人殺しの物語 (BLACK&WHITE)
【PERFUME】2006年/独・仏・スペイン 監督:トム・ティクヴァ  出演: ベン・ウィショー、ダスティン・ホフマン、アラン・リックマン、レイチェル・ハード=ウッド 悪臭漂う魚市...
パフューム (新!oguoguの日々映画&ビデオ)
2007年2月上映 監督:トム・ティクバ 主演:ベン・ウィショー、ダスティン・ホ...