こんな映画見ました~

お歳暮、お節予約などのチラシが溢れだし、
年賀状の売り出しも始まり・・・。
えぇ?、ちょっと待って下さいよ~~。

ミモザの島に消えた母

2017年06月13日 | マ行

『ミモザの島に消えた母』
---BOOMERANG---
2015年(フランス)


監督: フランソワ・ファヴラ 
出演: ロラン・ラフィット、 メラニー・ロラン 


『サラの鍵』の原作者タチアナ・ド・ロネの同名ベストセラー小説を映画化したミステリー・ドラマ。
幼い頃に体験した母の死に囚われ続けた主人公が、30年の時を経てその真相究明に乗り出し、禁断の秘密の封印を徐々に解いていく中で、家族それぞれの苦悩や葛藤が明らかになっていくさまを描く。
主演は「麗しき日々」のロラン・ラフィット、
共演にメラニー・ロラン、オドレイ・ダナ。
監督は本作が長編3作目のフランソワ・ファヴラ。


フランス大西洋の美しい島、ノワールムティエ島。
30年前、この島で一人の若い母親が命を落とす。
40歳のアントワン(ロラン・ラフィット)は今もなお、その母の死と折り合いをつけられずにいた。
仕事も上手くいかず、結婚生活でも破綻を迎えてしまった彼は、改めて母の死と向き合うべく、妹のアガット(メラニー・ロラン)を伴い、故郷ノワールムティエ島へと向かう。
しかし父も祖母も母の死について頑なに口を閉ざそうとする。
ますます不信感を募らせるアントワン。そして、気乗りしないアガットを尻目に、執拗に当時のことを調べ始めるのだったが…。
(allcinemaより)

 

---------------------------------------------------------------------


映像の美しさが心に残る映画です。
 
話の展開は意外な方へと進みました。
母の秘密、嫁姑の確執、そして家族のはかなさ。。。
でも、何もかも露わにされた後、きっと新しい絆が生まれるような気もしました。
 
女優陣が皆綺麗だったですね。
特にメラニー・ロランが素顔のような薄いメイクで、その綺麗さが新鮮でした。
 
 
 
         
 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ムーンライト | トップ | ザ・スクワッド  »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。