こんな映画見ました~

暑中お見舞い申し上げます。
酷暑の中、皆さまご自愛くださいませ。
楽しい夏休みを~!

ムーンライト

2017年06月07日 | マ行
『ムーンライト』
---MOONLIGHT---
2016年(アメリカ)

監督: バリー・ジェンキンズ
出演: トレヴァンテ・ローズ 、 アンドレ・ホランド、マハーシャラ・アリ、 ジャネール・モネイ 、
 アシュトン・サンダーズ 、 ジャハール・ジェローム 、 アレックス・ヒバート 

貧困地域に生まれた孤独な黒人少年を主人公に、彼が自らのセクシャリティに悩み、自分のアイデンティティと居場所を探し求めてもがき苦しみながら成長していくさまを、少年期、青年期、成人期の3パートに分け、革新的な映像美とともに描き出したヒューマン・ドラマ。

第89回アカデミー賞ではみごと作品賞を含む3冠に輝いた。
監督は長編2作目の新鋭バリー・ジェンキンズ。


内気な少年シャロン(アレックス・ヒバート)は、母ポーラ(ナオミ・ハリス)と2人暮らしだったが、ポーラは麻薬中毒でほとんど育児放棄状態。
学校ではリトル(アレックス・ヒバート)とあだ名され、いつもいじめられていた。
シャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友だちだった。
そんなある日、いじめられているところをフアン(マハーシャラ・アリ)という男に助けられる。
以来、フアンとその恋人テレサ(ジャネール・モネイ)に我が子のように目をかけてもらい、初めて人の温もりを感じるシャロン。
高校生になっても、相変わらずいじめは続いていた。
そんな中、唯一の友ケヴィン(ジャハール・ジェローム)に対して友情以上の感情を抱き始めていたシャロンだったが…。
(allcinemaより)

 

 

---------------------------------------------------------------------


感第89回アカデミー賞作品賞ということで、興味はありました。
最寄りの映画館でかかっていたので、やっと映画館鑑賞しました。
 
 
興味はあったのですが、なかなか足を運べなかったのです。
予告や解説を見て、ちょっと重いなぁ、、、と思っていたからです。
楽しめるかな、、、と思いながら見に行ったのです。
 
思ったよりは救いがある展開でしたが、やっぱり重かったですね。。。
 
キャストはそれぞれに好演してて、良かったです。
特にケヴィンが良かったです。10代のケヴィンも大人になってからのケヴィンも良かったですね。
 
 
 
 
 
 
 
     
 
    
 
    

 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 左きゝの拳銃 | トップ | ミモザの島に消えた母 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画:マンチェスター・バイ・ザ・シー Manchester by the Sea  渋くアカデミー主演男優賞、...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
アカデミーで、主演男優賞、脚本賞の2冠。 確かに主演のケイシー・アフレック、いつもいいが今回は更に存在感バツグン。 そして脚本も劇シブい。 ボストンと海辺の田舎町......
ムーンライト (風に吹かれて)
月明りでブルーに 公式サイト http://moonlight-movie.jp 原案は戯曲「In Moonlight Black Boys Look Blue」 マイアミの貧困地域に住む内気な少年シ
ムーンライト (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(P) 第89回アカデミー賞で作品賞に輝いた実力の程は…
ムーンライト/MOONLIGHT (我想一個人映画美的女人blog)
「ラ・ラ・ランド」と取り違えるという前代未聞のミスがあった今年のアカデミー賞作品賞の受賞作。 「エクス・マキナ」や「AMY/エイミー」などの配給でヒットを飛ばした映画......
ムーンライト (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【MOONLIGHT】 2017/03/31公開 アメリカ R15+ 111分監督:バリー・ジェンキンズ出演:トレヴァンテ・ローズ、アンドレ・ホランド、ジャネール・モネイ、アシュトン・サンダーズ、ジャハール......
ムーンライト(2016)**MOONLIGHT (銅版画制作の日々)
  東宝シネマズ二条にて鑑賞。今年のアカデミー賞作品賞を受賞。ということで上映が早くなったそうです。う~ん微妙な作品ですね。主人公の3つのパートに分けられています。個......
「ムーンライト」☆何も語らずに多く語る (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
詳細は何も説明しない,、主人公もほとんど言葉を発しない・・・・・なのにこんなにも多くの事を語ることが出来るなんて!! アカデミー賞作品賞だから「良い」のではない。 この......