こんな映画見ました~

毎日、雨模様・・・。梅雨ですね。

チェンジリング

2009年03月04日 | タ行

『チェンジリング』
---CHANGELING---
2008年(アメリカ)

監督:クリント・イーストウッド
出演: アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、ジェイソン・バトラー・ハーナー、マイケル・ケリー


 1928年、ロサンゼルス。シングルマザーのクリスティン・コリンズ( アンジェリーナ・ジョリー )は、9歳の息子ウォルターを女手一つで育てる傍ら電話会社に勤め、せわしない日々を送っていた。
そんな彼女はある日、休暇を返上してウォルターをひとり家に残したまま出勤する羽目に。
やがて夕方、彼女が急いで帰宅すると、ウォルターは忽然と姿を消していた。
警察に通報し、翌日から捜査が始まる一方、自らも懸命に息子の消息を探るクリスティン。しかし、有力な手掛かりが何一つ掴めず、非情で虚しい時間がただ過ぎていくばかり。
それから5ヶ月後、ウォルターがイリノイ州で見つかったという朗報が入る。
そして、ロス市警の大仰な演出によって報道陣も集まる中、再会の喜びを噛みしめながら列車で帰ってくる我が子を駅に出迎えるクリスティン。
だが、列車から降りてきたのは、ウォルターとは別人の全く見知らぬ少年だった…。
(allcinemaより)

---------------------------------------------------------------------



クリント・イーストウッド監督作品でアンジーとは、ちょっと私の中では違和感があったのですが、どうしてどうして、アンジーの熱演は素晴らしかったです。
賞取りレースでは乗りそびれてたのはちょっと残念でしたネ。

ジョン・マルコヴィッチの個性的な役も良かったです。
マルコヴィッチは悪役を演じると本当に憎たらしく、正義を唱える役は本当に頼もしく思える役者です。
そのマルコヴィッチが正義の味方になってくれて力強かったです(笑)。
アンジーは強い女性を演じるのはお得意だとは思うのですが、この作品は母親の狂おしいまでの愛情を上手く表現してたと思います。

この映画の事件は事実というだけでも恐ろしいことです。
が、それ以上に怖かったのは警察の体裁作りと事実隠し。
アメリカのロスでこんな時代があったのかと背筋がゾッとしました。
体質的には変わらないなんて事はないですよね・・・。
日本でも変わらないなんて事はないですよね・・・。・・・。
??・・・。・・・。・・・。いやそんな事はないはずよね。

ここでラスト?と思ってたら、まだ続く~という展開がちょっとお得感がありました。
ますますイーストウッド監督から目が離せなくなりました。





『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワンダー・ボーイズ | トップ | 相続人 »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本当 (miyu)
2009-03-04 22:26:56
イーストウッド監督にはこれからもいい作品を撮り続けて
いただきたいものですね!
アンジーもかっこいいだけのアンジーではなく
しっかりと演技派の部分を見させてくれました。
久し振りに彼女もいい役にあいましたよね。
考えたら「マイティハート」とかなりカブるのだけど、
こっちのほうが全然良かったです!
こんにちは♪♪ (ミチ)
2009-03-04 23:29:26
アンジーのシリアスものは『17歳のカルテ』しか見てないんです。
どうもアクションスターのイメージが強かったんですけど、今作では見事に演技派になってましたね~。
イーストウッドが上手く演技を引き出したのでしょうか。
1テイクか2テイクで撮ってしまうという話を聞いたことがありますので。
こんにちは! (アイマック)
2009-03-05 12:28:44
イーストウッドものはハズレがないですね。
真実の物語というのが驚きです。
警察のめちゃくちゃぶりには、怒りを通りこして呆れるばかり・・
熱演のアンジー、唇と目のメイクは恐かった、、笑
下の画像のアンジーはかわいい。
ミチさんも言われてるけど、精神病院のところは『17歳のカルテ』を思い出したよ。

miyuさんへ! (小米花)
2009-03-05 22:56:11
イーストウッドのマジックをこれからも期待しましょうね!

「マイティハート」のアンジーは化粧っけがなく
とても好感が持てました。
こちらはメイクバッチリで、いつもなら引いてしまうのですが今回はそれでも良かったです。。

私もこちらのアンジーの方が良かったように思います。
ミチさんへ! (小米花)
2009-03-05 23:04:38
『17歳のカルテ』のアンジーは若かったのに
迫力ありましたね。
あんなに派手な化粧をする女優が、こんな演技もしてたのねって、ビデオを見た覚えがあります。
今思えば演技力は若い頃から確かだったんですね。

でも、私はあの化粧に引いていたのですが・・・。

イーストウッド監督、凄腕ですよね~。
やがて監督に専念するらしいですが、
楽しみです。
アイマックさんへ! (小米花)
2009-03-05 23:09:27
事実の映画化、そしてイーストウッド監督とあれば
外れるわけがないって思いますね。

イーストウッドの作品はなんであんなに力が
あるんだろう・・・。
いいですよね~~。

今回は特に目と口のメイクがすごかった。。。
あれも監督の意図???
もう少し抑えてほしかったかな。

写真、イーストウッドの前で可愛らしいわね~。
思わずダウンロードしましたっ(笑)。
ブランジェリーナ笑 (シャーロット)
2009-03-06 23:46:23
こんばんは☆
遅くなりました;
アンジーにはホントに興味がわかなくて、マイティハートも未見な私で。
でもあの作品の監督も私的にはツボな方なので、きっとはまれるかと期待しておりまする。。。
ブラピがアンジーに惚れたのもわかる気がするこの頃。夫婦揃って、この頃続けて大活躍ですねえ。
それと、マルコヴィッチ!彼もクセモノやらせたらサイコーですよねww
シャーロットさんへ! (小米花)
2009-03-07 22:46:06
>アンジーにはホントに興味がわかなくて、
分かります!!

でも最近、ちょっと考えが変わりました。
相変わらず化粧顔は、ちょっと引けます(笑)。
マイティハートは化粧っけがなくて、良かったですよ。
マイティハートも、こちらも実在の女性を演じたアンジーですが、なかなか良かったです。
やはり上手いのかな~って思ってきました。

マルコヴィッチ、良いですね~。
この作品では、心強い役でした。

辛かった~・・ (メル)
2009-07-24 00:37:39
小米花さん、こんばんは♪^^

時にイーストウッドの映画は、とても良くできているだけに、辛すぎる事があるんですが、この映画もそうでした。
ロス市警には怒り心頭(^_^;)この腐敗しきった体制に憤り、途中で冷静になれないくらいでしたわ(^_^;)

アンジー、本当に好演でしたねぇ。
母親の愛情を、どうしようもない愛を存分に見せてくれました。
そして私も嬉しかったのがマルコヴィッチ(*^^)v
今回は悪い役ではなく(笑)ねちっこいしゃべりは健在だったし、さらにたくましい頼りになる人だったので、満足満足♪^^
たまにはこういう役をやってもらいたいですよね(^ー^* )フフ♪
メルさんへ! (小米花)
2009-07-25 14:42:45
イーストウッドの作品は、悲しい結末で終わることも多いですよね。
事実の映画化だったりすると、容赦なく現実的に終わるので、胸衝かれます。

マルコヴィッチ、逞しかったです!
この人、見方につくと本当に心強いですもの!!
悪役もいいけど、こういう役もいいですね~。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

31 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『チェンジリング』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「チェンジリング」□監督・音楽 クリント・イーストウッド □脚本 J・マイケル・ストラジンスキー □キャスト アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、コルム・フィオール、デヴォン・コンティ、ジェフリー・ドノヴァン、マイ...
『チェンジリング』 (ラムの大通り)
(原題:Changeling) -----これってクリント・イーストウッド監督の新作だよね。 彼とアンジェリーナ・ジョリーの組み合わせって 少し意外な気がするニャあ。 「うん。観る前はぼくもそう思ったんだけど、 観ているうちになるほどと…。 というのも、 これが思ったより...
★チェンジリング(2008)★ (CinemaCollection)
CHANGELINGどれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの──?ある日突然、きえた息子。5ヵ月後に帰ってきた彼は別人だったー。1928年、ロサンゼルス。魂で泣く本当にあった物語。上映時間142分製作国アメリカ公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2009/02/20ジャンルミス....
チェンジリング (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『どれだけ祈れば、 あの子は帰ってくるの─? ある日突然、消えた息子。 5ヵ月後に帰ってきた彼は別人だった─。 1928年、ロサンゼルス。 魂で泣く本当にあった物語。』  コチラの「チェンジリング」は、クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョ...
チェンジリング (Yuhiの読書日記+α)
クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー主演の、ゴードン・ノースコット事件の被害者家族の実話を元にした映画。その他キャストは、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール他。 <あらすじ> 1928年。ロサンゼルスの郊外...
映画 【チェンジリング】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「チェンジリング」 クリント・イーストウッド監督による実話の映画化。 おはなし:1928年、ロスアンゼルス。クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は9歳の息子ウォルターと暮らしていた。ある日、彼女は休日を返上して仕事をしてから帰宅する...
★★★★★ 『チェンジリング』 (映画の感想文日記)
2008年。アメリカ。"CHANGELING".   クリント・イーストウッド監督・製作。  今年(アメリカでは昨年)の映画としては、これ以上にあらゆる意味で素晴らしい映画が存在することは不可能だろう。  アカデミー賞にノミネートすら...
チェンジリング (Akira's VOICE)
子は鎹(かすがい)。 永遠に!!  
チェンジリング(映画館) (ひるめし。)
どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの―?
チェンジリング (小部屋日記)
Changeling(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督・製作・音楽: クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー/ジョン・マルコヴィッチ/コルム・フィオール/デヴォン・コンティ/ジェフリー・ドノヴァン/マイケル・ケリー/ジェイソン・バトラー・ハーナ...
チェンジリング (★YUKAの気ままな有閑日記★)
最近、劇場に行く時間がなかなか取れないけれど、アンジーがアカデミー賞にノミネートされたこの作品だけは、、、這ってでも観に行きたかった―【story】1928年、ロサンゼルス。ある日突然、クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)の息子ウォルターが姿を消...
チェンジリング●○CHANGELING (銅版画制作の日々)
アンジェリーナ・ジョリーの母親魂がこもっていた!! タイトルのチェンジリングとは?「取り換えられた子供」の意。背景に、「さらった子供の代わりに妖精がが置いていく醜い子供」という伝説が宿るこの言葉は母親にとってどれほどの悪夢をもたらすものなのか?それを身...
求めているのは希望。『チェンジリング』 (水曜日のシネマ日記)
1928年のアメリカで実際に起こった事件を基にした作品。行方不明になった息子を探し続ける母親の物語です。
映画『チェンジリング』 (頑張る!独身女!!)
『母は強』
「チェンジリング」 苦さの意味 (はらやんの映画徒然草)
クリント・イーストウッド監督の作品というのは、観賞後にかなりビターな口当たりが残
チェンジリング (虎猫の気まぐれシネマ日記)
ある日突然消えた息子。5ヶ月後に帰ってきた彼は別人だった・・・・・。1928年のロサンゼルスで実際に起きた,ひとりの母の物語。 あらすじ: 1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の息子ウォルター(ガトリ...
チェンジリング (シャーロットの涙)
家族への想いに心うたれ・・・
チェンジリング (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2009年2月20日(金) 公開 ★★★★★ アクションもセクシーな魅力も封印して渾身の演技を見せてくれたアンジーが良かった 星5つ! 皆さん、これが本物の春日ですよ。 お子さんをお持ちの親御さんならどなたも我が子が行...
「チェンジリング」:古川橋バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}時代屋なんて、村松友視の小説みたいな骨董屋ね。 {/kaeru_en4/}しかし、古き良き時代を感じさせるものはいいよな。 {/hiyo_en2/}1920年代のロサンゼルスでも? {/kaeru_en4/}そりゃあ、クリント・イーストウッド監督の映画「チェンジリング」みたいに息...
映画 『チェンジリング』 (きららのきらきら生活)
『どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの-?』
チェンジリング (映画どうでしょう)
映画チェンジリングの感想 クリント・イーストウッド監督らしい作品ですね。 単純な...
チェンジリング (エンタメ日々更新)
映画チェンジリング見てきました。 クリント・イーストウッド監督の作品ですが、単純なハッピーエンドのエンターテイメント映画と違って、...
チェンジ・リング を観ました。 (My Favorite Things)
Did you kill my son?と叫ぶアンジーの迫力はなかなかです。
チェンジリング■「許されざる者」を思い出した (映画と出会う・世界が変わる)
この映画を見ながら頭の中に浮かんだ言葉は「許されざる者」であった。最後の西部劇とも言われるあの傑作とこの「チェンジリング」はどこか似ている。それは傷つけられた女性と更に傷つけようとする権力者との闘いを描いている点であろう。この映画は誘拐ものというミステ...
「チェンジリング」という映画が優れている点とは? (映画と出会う・世界が変わる)
「誰かを守るということは、その人の心の痛みが分かるということ。」とは「誰も守ってくれない」の中で佐藤浩市が演じる刑事のセリフ。言っていることは正しいのであるが、劇中でこのような解説調のセリフが登場すると、そこで展開が一挙に不自然になり、ドラマとしてはい...
映画:「チェンジリング」CHANGELING 間違いなく今年有数の傑作。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
まずカミングアウトすると、実は監督としてのクリント・イーストウッドはあまり好きではない。 もちろん、対で戦争を冷酷に描写した「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」は傑作だと思っているし、「ミリオンダラー・ベイビー」だって感動して観た。 彼ならではの視点...
ディファイアンス (2ちゃんねる映画ブログ)
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1233981418/ 1 :名無シネマ@上映中:2009/02/07(土) 13:36:58 ID:Xm65qRHe 2月14日公開 公式 http://www.defiance-movie.jp/ 4 :名無シネマ@上映中 :2009/02/07(土) 14:27:10 ID:MXM2/03M ...
「チェンジリング」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
ロス市警には怒り心頭!冷静になれなかったです
「チェンジリング」(CHANGELING) (シネマ・ワンダーランド)
「ダーティハリー」や「許されざる者」「マディソン郡の橋」「ミリオンダラー・ベイビー」などの作品で知られる米映画界大御所のクリント・イーストウッド(79)が2008年にメガホンを執ったミステリー・タッチのサスペンス・ドラマ「チェンジリング」(原題=「取り...
【映画】チェンジリング…私程度がツッこみする隙無しな良作、高評価。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
一昨日の記事でも「朝まで仕事」{/face_hekomu/}と書きましたが、昨日の朝も同様{/face_hekomu/} 15時間労働の末に朝10:00頃に帰宅{/face_hekomu/}。お陰でそのまま夕方まで寝ちゃって{/kaeru_night/}…昨日の土曜日は無駄に{/face_ase1/}{/ase/} 今日{/kaeru_rain/}{/hi...
チェンジリング/Changeling(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[チェンジリング] ブログ村キーワードチェンジリング(原題:Changeling)キャッチコピー:どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの?製作国:アメリカ製作年:2008年配給:東宝東和ジャンル...