こんな映画見ました~

すっかりサボってしまいました。
映画見てない。。。でも続けていくつもりなので、宜しく。。。

太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-

2011年12月05日 | タ行

『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』

2011年(日本)

監督:平山秀幸
出演:竹野内豊、 ショーン・マッゴーワン、 井上真央 、山田孝之、 中嶋朋子、阿部サダヲ、 唐沢寿明 

太平洋戦争末期、玉砕の島サイパンで、たった47人で敵に立ち向かい、多くの民間人を守り抜いた実在の軍人、大場栄大尉の誇り高き戦いを映画化した戦争ドラマ。原作は、敵として戦った元アメリカ兵ドン・ジョーンズの『タッポーチョ「敵ながら天晴」大場隊の勇戦512日』。
監督は「愛を乞うひと」「必死剣 鳥刺し」の平山秀幸。
また、アメリカ側パートは「サイドウェイズ」のチェリン・グラック監督が担当した。
1944年。日本軍にとっての重要拠点であるサイパン島は、圧倒的な物量に勝るアメリカ軍の前に、陥落寸前まで追い込まれていた。
そしてついに、サイパン守備隊幹部は日本軍玉砕命令を発令する。
そんな中、玉砕を覚悟しながらも生き延びた大場栄大尉(竹野内豊)は、無駄死にすることなくアメリカ軍への抵抗を続けることを決意する。
そんな彼のもとには、その人望を慕って、上官を失った兵士や民間人たちが集まってくる。
やがて彼らは、サイパン島最高峰タッポーチョ山に潜み、ゲリラ戦を展開していく。その統率された部隊に翻弄されるアメリカ軍は、大場大尉を“フォックス”と呼び、警戒を強めていくが…。
(allcinemaより)

---------------------------------------------------------------------


こんなに良い映画だとは知りませんでした。
 
日本の戦争を扱った映画は、今まで私はあまり見てないと思います。
 しかも、主演が竹野内豊という事で、興味はなかったのです。
あ、竹野内豊が苦手というのではなく、興味がなかっただけです。
苦手というほど、彼の作品は知りませんし・・・。
ただ、唐沢寿明は非常に苦手としております。ファンの方ごめんなさい。。。
 
でも、辛口ブログでも結構評判が良かったような記憶があり、DVDレンタルしました。
鑑賞してみて、とても感激しました。
思わずウルウルしたこと数回・・・。
 
私の中ではイーストウッドの「硫黄島からの手紙」と同じか、もしかしたら超えたかも!と思ったほどです。
 
硫黄島では兵士は玉砕し、サイパンでは白旗を掲げて生き残ります。
現在では、後者の方が勇気ある行動とされていますので、どうしてもこちらの作品の方が心打たれます。
命を救う事の方が大切だと決心した大場大尉の決断は、本当に素晴らしいと思います。
あの時代の軍人が、正確な情報も得られず、状況から判断して決断するという事は、本当に人として尊敬します。
 
竹野内豊、もう少し狡さがあっても良い気がしましたが、好演してたと思います。
苦手の唐沢ですが、いつもの彼とは雰囲気が違っててとても良かった!デス。
 
日米双方の立場も公平に描かれていたように思えます。
 
誰にでもオススメできる映画ではないかな、と思います。
 
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トイレット | トップ | ブンミおじさんの森 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-12-06 01:12:27
素朴に良く出来ている作品ですよね。
最後の最後まで、戦争に負けても誇りを失わない大場大尉の姿に胸打たれました。
国が違って敗戦国であったとしても、その凛とした姿がアメリカ兵をして襟を正させる。やっぱり人間こうあらねばいけないよなぁと。
っと原題を振り返るに付け色々思うところが…(苦笑)
KLYさんへ! (小米花)
2011-12-06 23:59:25
KLYさんが書かれてましたが、
同じ日本人として胸が熱くなりましたね。

原題ですか・・・。
-フォックスと呼ばれた男-に惑わされましたね。
原作のオリジナルタイトルから『タッポーチョ「敵ながら天晴」大場隊の勇戦512日』。
という本の題名になったのでしょうが、
そのニュアンスを映画タイトルにも欲しかったと思いました。
こんばんは (はらやん)
2011-12-07 21:28:06
小米花さん、こんばんは!

軍人としての役割の基礎になるのは、人を守るということのはずなのですが、大義や面子のようなもののほうが重くなってしまうこともあります。
大場大尉は人を守るという基本のところをずっと踏み外さない人でしたよね。
はらやんさんへ! (小米花)
2011-12-08 21:38:26
そう、大場大尉の基本を踏み外さないところ、
本当に感動しました。

あの時代、軍人であることと人間であることの
わきまえ方が難しかった事と思います。
出会えて嬉しい映画でした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-/竹野内豊 (カノンな日々)
太平洋戦争の激戦地であるサイパン島でたった47人の兵力を率いて米軍と戦った実在の日本人、大場栄大尉の実話を映画化した戦争ドラマです。劇場予告編は昨年の秋くらいからかかっ ...
太平洋の奇跡/洋菓子店コアンドル (あーうぃ だにぇっと)
2月11日(金)公開の邦画2本。 “あしたのジョー” は残念ながらゲットできず。 年代的には、“あしたのジョー” 世代なのだが、漫画もテレビのアニメも私は観たことがない。 親に禁止されて見られなかったのだ。 今となっては考えられない? この前、実家でケー...
太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
原作はサイパンに従軍した元アメリカ兵のノンフィクションで、竹野内豊演じる大場大尉を主演にした映画だ。イーストウッドの「硫黄島」2作もすばらしい戦争映画だったけど、日本の製作でここまでの戦争映画が出来たことを賞賛したい。最後の行進するシーンでの日本人とし...
太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男- (LOVE Cinemas 調布)
太平洋戦争末期のサイパン島で僅か47人の兵を率いてアメリカ軍を翻弄した大場栄大尉の実話を映画化。主演は『さまよう刃』の竹野内豊。共演にショーン・マッゴーワン、唐沢寿明、井上真央、山田孝之ら豪華なキャストがそろう。監督は『必死剣 鳥刺し』の平山秀幸。アメ...
太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男- (to Heart)
生きて、 日本に帰ろう── 製作年度 2011年 上映時間 128分 原作 ドン・ジョーンズ 『タッポーチョ「敵ながら天晴」大場隊の勇戦512日』 脚本 西岡琢也/グレゴリー・マルケット/チェリン・グラック 監督 平山秀幸 音楽 加古隆 出演 竹野内豊/ショーン・マッゴーワン/...
『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』  (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」 □監督 平山秀幸、チェリン・グラック□脚本 西岡琢也□原作 ドン・ジョーンズ□キャスト 竹野内 豊、唐沢寿明、ショーン・マッゴーワン、井上真央、山田孝之、岡田義徳、ベンガル、中嶋朋子...
ほんの少し勇気があれば・・・。『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』 (水曜日のシネマ日記)
太平洋戦争の激戦地サイパン島を舞台に日本人大場栄大尉の実話を映画化した作品です。
太平洋の奇跡 (映画的・絵画的・音楽的)
 またまた遅ればせながら、『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』を新宿ピカデリーで見てきました。 (1)この映画を見終わって、かなりの人は、どうして主人公の大場大尉(竹野内豊)が、米軍に畏敬の念を持って“フォックス”と呼ばれたのだろう、と訝しく思うの...
太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男- (だらだら無気力ブログ)
太平洋戦争末期、激戦地となったサイパン島で部隊が壊滅した後も、残存する 47人の兵士を率いてアメリカ軍に立ち向かいながら200人ちかい民間人を守り、 アメリカ軍からフォックスとして恐れられた日本陸軍・大場栄大尉の実話を 元アメリカ兵ドン・ジョーンズの著作をも...
「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」 守るべきものは何なのか (はらやんの映画徒然草)
海外出張の帰りの飛行機の機内で観賞(行きは映画を観る気持ちのゆとりがなかった~)
太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男- (とりあえず、コメントです)
1944年のサイパンを舞台に描いた戦争ドラマです。 予告編を見ながら、大場大尉とはどんな人だったのだろうと気になっていました。 戦いのリアルさと深い人間ドラマに、いつの間にか引き込まれていました。
太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男- (試写会) (風に吹かれて)
誇り高き侍 公式サイト http://www.taiheiyo-no-kiseki.jp2月11日公開実話の映画化原作: 『タッポーチョ「敵ながら天晴」大場隊の勇戦512日』 (ドン・ジョーンズ著)監
「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
サイパン陥落後も山の中に閉じこもってがんばった日本兵の物語。 あなた、戦争映画なんて興味あったっけ? イーストウッドの「硫黄島からの手紙」みたいなのかなあと思って観に行ったんだけど。 あれに比べるとどうも・・・って思ってるんでしょ?でも、イーストウッドと...
太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男 (小部屋日記)
(2011/日本)【DVD】 監督:平山秀幸 出演:竹野内豊、唐沢寿明、井上真央、山田孝之、中嶋朋子、岡田義徳、板尾創路、光石研、柄本時生、近藤芳正、酒井敏也、ベンガル、阿部サダヲ 生きて、日本に帰ろうー。 原作はドン・ジョーンズの実録小説「タッポーチョ『敵な...