こんな映画見ました~

すっかりサボってしまいました。
映画見てない。。。でも続けていくつもりなので、宜しく。。。

それでも夜は明ける

2014年03月14日 | サ行
『それでも夜は明ける』
---12 YEARS A SLAVE---
2013年( アメリカ)

監督:スティーヴ・マックィーン 
出演:キウェテル・イジョフォー、 マイケル・ファスベンダー、ベネディクト・カンバーバッチ 、ポール・ダノ 、 ポール・ジアマッティ、ルピタ・ニョンゴ 、サラ・ポールソン、 ブラッド・ピット

解南北戦争前の19世紀前半に実在した黒人男性ソロモン・ノーサップの自伝を映画化した衝撃の伝記ドラマ。
ニューヨークで普通の市民として自由な生活を送っていた主人公が、ある日突然何者かに誘拐され、南部の農園に売り飛ばされた末に体験する想像を絶する奴隷生活の行方を描く。
 
主演は「キンキーブーツ」「ソルト」のキウェテル・イジョフォー、共演にマイケル・ファスベンダー、ベネディクト・カンバーバッチ、ポール・ダノ、ブラッド・ピット。監督は「SHAME -シェイム-」のスティーヴ・マックィーン。

ニューヨークに暮らす音楽家のソロモン・ノーサップ(キウェテル・イジョフォー)は生まれながらの自由黒人。
妻子とともに、白人を含む多くの友人に囲まれ、幸せな日々を送っていた。
だがある日、2週間の興行に参加した彼は、興行主に騙され拉致された末、奴隷市場に送られてしまう。
自分は自由黒人だとどれだけ必死に訴えようが、無駄な抵抗だと悟るのに時間はいらなかった。
そして名前も人間としての尊厳も奪われ、奴隷として大農園主フォード( ベネディクト・カンバーバッチ )に買われていく。
それでも農場では、その有能さを認められ、温厚なフォードに気に入られるソロモンだったが…。
(allcinemaより)
 
 
 
---------------------------------------------------------------------


今年のアカデミー賞作品賞受賞。公開前から期待していました。
やっぱり見ておかなくちゃ~!と。
 
話の展開は、事実ということですし、いろいろなサイトや予告で分かってました。

予告では目を背けたくなるような惨いシーンを見せられました。
でも、無事助け出された展開であることも分かっていました。それで、不安と期待半々で見に行きました。
黒人奴隷の扱いの悲惨さは、いろいろな映画や本などで見聞きしています。
私が初めて知ったのは幼いころ読んだ児童書「アンクル・トムの小屋」でした。
アメリカに生活するアフリカ系の人々は皆このような生き方をしてたのかと、少し大きくなるまでずっとそう思っていました。
 
この映画では北部の「自由黒人」という人たちの生活も見ることが出来ます。
自由黒人は本当に少数であったのでしょうけど、北部ではそういう存在があった事と北部の人々の考え方もブラッド・ピット扮するバスの言葉で良くわかります。
このバスを演じたブラピ、素敵でした。
こういう役が合いますね~。でも自分で選んだ役だったのかな。
 
ソロモンが助け出されてから後、南北戦争の勝利、リンカーンによる奴隷解放となりました。それが人種差別撤廃の長い歴史の始まりだったわけです。
先日見た映画『大統領の執事の涙』までずーっと続くわけですね・・・。
 
そんな歴史に目を行かせるのも、この映画の大きな効果だったかもしれません。
俳優はそれぞれに好演していました。
事実は小説より奇なり---ということで、劇的な展開にハラハラしながらも、楽しめました。
スティーヴ・マックィーン 監督、作品賞、おめでとうございます。
 
 
    
 
  
 
    
 
    

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フライド・グリーン・トマト | トップ | 噂のギャンブラー »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『それでも夜は明ける』 2014年3月7日 TOHOシネマズスカラ座 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『それでも夜は明ける』 を鑑賞しました。 劇場をみゆき座からスカラ座に変えてくれたのはラッキーだけど 初日の夜の回にしては意外と空いていた。 アカデミー賞効果を狙っての劇場変更だろうが、効果は乏しい。 もっとお客さん来てくれてもいいと思うのだが・・・ 【...
それでも夜は明ける/12 YEARS A SLAVE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 12年、奴隷として。 史実に基づく実話を映画化。 本年度アカデミー賞作品賞で見事受賞 ...
『それでも夜は明ける』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「それでも夜は明ける」□監督 スティーヴ・マックィーン □脚本 ジョン・リドリー □キャスト キウェテル・イジョフォー、マイケル・ファスベンダー、ポール・ダノ、       ベネディクト・カンバーバッチ、ポール・ジアマッティ...
映画:それでも夜は明ける 12 Years a Slave 圧倒的! アカデミー賞「本命」と判断。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
まずオープニングで驚く。 基本プロットは予想がつく通り、主人公はNYに住む、自由証明書で認められた自由黒人。 地位、名誉、家族とともに幸せな生活を送っていたが、ある白人の裏切りによって拉致され、南部に連れて行かれる。 そして奴隷にされてしまう、 のだ...
それでも夜は明ける (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4,5点】(招待券) TOHOシネマズ映画招待券を生まれて初めて頂きました(笑)
「それでも夜は明ける」みた。 (たいむのひとりごと)
第86回アカデミー作品賞、助演女優賞、脚色賞の3部門の受賞作品。奴隷制度が廃止されるまでにはまだ30年近い年月が必要な1841年のお話で、自由な身分にも拘らず意図的に誘拐され、南部の農園に売られた黒人
それでも夜は明ける/キウェテル・イジョフォー (カノンな日々)
『SHAME シェイム』のスティーブ・マックイーン監督が実話を基に拉致され奴隷とされてしまった黒人音楽家の再び妻子に会うために生きた壮絶な人生を描いた伝記ドラマです。 出演は ...
それでも夜は明ける  監督/スティーヴ・マックィーン (西京極 紫の館)
【出演】  キウェテル・イジョフォー  マイケル・ファスベンダー  ベネディクト・カンバーバッチ  ルピタ・ニョンゴ 【ストーリー】 1841年、奴隷制廃止以前のニューヨーク、家族と一緒に幸せに暮らしていた黒人音楽家ソロモンは、ある日突然拉致され、奴隷として南....
それでも夜は明ける (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【12 YEARS A SLAVE】 2014/03/07公開 アメリカ PG12分監督:スティーヴ・マックィーン出演:キウェテル・イジョフォー、マイケル・ファスベンダー、ベネディクト・カンバーバッチ、ポール・ダノ、ポール・ジアマッティ、ルピタ・ニョンゴ、サラ・ポールソン、ブラッド・....
『それでも夜は明ける』 (ラムの大通り)
(原題:12 Years a Slave) (※ネタバレ注:見どころに触れています) 「さて、今夜は話題の『それでも夜は明ける』を…」 ----あっ、これだったら知っているよ。 タイトルが原題(『12 Years a Slave』)とあまりにも違うって、 あっちこっちで話題になっている映...
映画「それでも夜は明ける」 (FREE TIME)
映画「それでも夜は明ける」を鑑賞しました。
それでも夜は明ける (心のままに映画の風景)
1841年、奴隷制廃止以前のニューヨーク。 生まれながらの自由黒人である音楽家ソロモン・ノーサップ(キウェテル・イジョフォー)は、妻子とともに、白人を含む多くの友人に囲まれ幸せな日々を送っていた。 ある日、2週間の興行に参加したソロモンは、興行主に騙され...
映画・それでも夜は明ける (読書と映画とガーデニング)
原題 12YEARS A SLAVE2013年 アメリカ・イギリス合作 1841年、ニューヨーク州サラトガで愛する妻と可愛い子供たちに囲まれ、幸せな日々を送っていたバイオリニストのソロモン・ノーサップ(キウェテル・イジョフォー) 彼は生まれた時から自由....
「ダラス・バイヤーズクラブ」☆生き抜けっ! (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ひどく太るのとひどく痩せるのと、どちらが大変かというのは別としても、こちらに軍配が上がるのは当然のことでしょう。 ただただその人の特異な人生をたどるだけの実話モノも多い中で、お涙頂戴にならずに、じわりと感動し、じわりと胸に響く。 いつまでも余韻に浸るこ...
それでも夜は明ける (Akira's VOICE)
心の痛みは命の重み。  
それでも夜は明ける (風に吹かれて)
家畜ではなく平等であるべき同じ人間 公式サイト http://yo-akeru.gaga.ne.jp 原作はソロモン・ノーサップが1853年に出版した回顧録。 監督: スティーヴ・マックィーン  「S
それでも夜は明ける (映画的・絵画的・音楽的)
 『それでも夜は明ける』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作は、今度のアカデミー賞で作品賞を獲得したというので映画館に行きました(注1)。  映画の時点は1841年で、1863年の奴隷解放宣言よりも前のことです。  場所は、ニューヨーク州のサラトガ。  バイオ...
それでも夜は明ける  12 YEARS A SLAVE (映画の話でコーヒーブレイク)
先日発表されたアカデミー賞で作品賞を獲得 英国のスティーブ・マックィーン(往年の俳優さんと同姓同名です)監督は、アカデミー作品賞を獲得した 初の黒人監督になりました。 本作は、主人公ソロモン・ノーサップ氏ご本人の回顧録をもとにした真実の物語だそうです。 3月...
映画『それでも夜は明ける』を観て~アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
14-25.それでも夜は明ける■原題:12 Years A Slave■製作年、国:2013年、アメリカ・イギリス■上映時間:134分■料金:0円(ポイント利用)■観賞日:3月15日、TOHOシネマズみゆき座(日比谷) □監督:スティーヴ・マックイーン□脚本:ジョン・リドリー◆...
映画「それでも夜は明ける」 感想と採点 (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『それでも夜は明ける』 (公式)を3/7の劇場公開日からだいぶ経ちましたが、やっと先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 ざっくりストーリー 舞台は1841年、南北戦争によって奴隷制度...
「それでも夜は明ける」 (ここなつ映画レビュー)
「これがアカデミー賞作品賞だ!」と言われても、「そうですか」としか言いようがない…。いや、悪い作品ではない。丁寧に作り込まれている。騙されて、自由人から奴隷の身に落とされてしまった黒人の主人公ソロモン・ノーサップ(キウェテル・イジョフォー)の悲しみ、怖...
『それでも夜は明ける』 観てきました (◆小耳書房◆)
-ネタバレあり- 【あらすじ】 バイオリニストのソロモン・ノーサップは、幸せな暮らしを送っていた。愛する妻は腕の良い料理人で、幼い娘と息子も元気に育っている。ソロモンは生まれた時から自由証明書で認められた自由黒人で、白人の友人も多くいた。 知人の紹介でシ...
奴隷という生活 (笑う社会人の生活)
14日のことですが、映画「それでも夜は明ける」を鑑賞しました。  1841年、奴隷制廃止以前のニューヨーク、家族と一緒に幸せに暮らしていた黒人音楽家ソロモン 彼はある日突然拉致され、奴隷として南部の綿花農園に売られてしまい・・・ 重厚な重き作品、やはり作品賞....
それでも夜は明ける (いやいやえん)
【概略】 突然誘拐され、奴隷として売られた黒人音楽家・ソロモン。差別と虐待を受ける日々を耐え忍ぶが、ある男との出会いが彼の運命を大きく変えることになる。 ドラマ 黒人差別問題が題材の映画は昔からあったけれど、表面上はなくなったとは言え根強く残って...