こんな映画見ました~

夜には、虫の音が聞こえてきます。
季節は移り変わっているのですね~。

TIME/タイム

2012年09月03日 | 英数字
『TIME/タイム』
---IN TIME---
2011年(アメリカ)

監督:アンドリュー・ニコル
出演:ジャスティン・ティンバーレイク 、 アマンダ・セイフライド、  キリアン・マーフィ
 

「ガタカ」のアンドリュー・ニコル監督が、人間の余命が通貨のように売買される近未来を舞台に、貧しい青年と大富豪の娘が繰り広げる逃避行の行方を描くSFサスペンス・アクション。
主演はジャスティン・ティンバーレイクとアマンダ・セイフライド。
 
老化を克服した近未来の社会。
全ての人間の成長は25歳でストップし、以降の余命は体内時計が刻む残り時間によって設定されていた。
富める者は永遠の命を享受する一方、貧しき者は早死にする残酷な世界。
ある日、貧しい青年ウィル(ジャスティン・ティンバーレイク)は、社会への不合理を目の当たりにして、システムを支配する見えざる敵に立ち向かう決意をする。
そして富裕層が暮らす地区へと潜入したウィルは、大富豪の娘シルビア(アマンダ・セイフライド)と出会うのだが…。
(allcinemaより)
 
 
---------------------------------------------------------------------


この映画の中の、人間の余命が通過にように使われる、という発想にいたく感心してしまいました。。。
とても変わっていて、恐ろしくもあり、面白くも感じたのです。
富豪が時間を大人買い(笑)したり、いっぽう長生きしたくないと放り出したり、または時間が足りなくて悲劇がおきたり・・・。
 
結局人生お金がすべて?みたいな、、、そして大切なものを金持ちが独り占めにするという構図は、昔も今も近未来も同じなのねぇ。。。
 
アマンダ・セイフライドが出演していたので見てみた映画でしたが、それなりに面白かったです。
 
 
 
 






『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 戦火の馬 | トップ | マリリン 7日間の恋  »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
TIME/タイム (心のままに映画の風景)
老化を克服した近未来の社会。 全ての人間の成長は25歳でストップし、以降の余命は体内時計が刻む残り時間によって設定されていた。 富める者は永遠の命を享受する一方、貧しき者は早死にする残酷な世界...
TIME/タイム (だらだら無気力ブログ!)
予告編で走りながら駆け寄る男女、恋人同士だと思ったのに・・・。
TIME/タイム (本と映画、ときどき日常)
監督 アンドリュー・ニコル 出演 ジャスティン・ティンバーレイク     アマンダ・セイフライド     アレックス・ぺティファー まさに「時は金なり」を地で行く映画です。 25才で成長が止まり、1年後からは生きる為の時間を通貨の代わりのように使わなけ....
TIME/タイム (風に吹かれて)
超格差社会 公式サイト http://www.foxmovies.jp/time監督・脚本: アンドリュー・ニコル  「ガタカ」科学技術が進歩したことにより、老化を克服した近未来。人類の生体の成長が2
「TIME/タイム」☆アメリカ版ねずみ小僧 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
奇抜なアイデアで発想が最先端なのに、どこか物語りは古典的。 この頃、このタイプの映画が多いような気がするのは何故? わくわくするようなSFの世界もアイデア止まりで、胸に響く何かが足りない・・・
「TIME/タイム」 格差社会の投影 (はらやんの映画徒然草)
前にも何度か書きましたが、優れたSFのアイデアというのは実はその作品が作られた時
TIME/タイム (新・映画鑑賞★日記・・・)
【IN TIME】 2012/02/17公開 アメリカ 109分監督:アンドリュー・ニコル出演:ジャスティン・ティンバーレイク、アマンダ・セイフライド、アレックス・ペティファー、キリアン・マーフィ、ヴィンセント・カーシーザー、マット・ボマー、オリヴィア・ワイルド 全ての人....
TIME/タイム(2011)○●IN TIME (銅版画制作の日々)
 全ての人類は25歳で成長が止まる 評価:=50点 MOVX京都にて鑑賞。当初は観たい、気になる作品ではなかったのですが、、、、。この日の予定と上手く時間があったので、鑑賞することにしました。 あぁ~これは観なくても良かったというのが感想ですね。25歳で成長...
TIME/タイム (みすずりんりん放送局)
 『TIME/タイム』を観た。  【あらすじ】  現代の社会にどこか似た近未来、そこでの唯一の通貨は【時間】だった。  25歳になった瞬間から、体内時計が刻む<余命の時間>。“スラムゾーン”の人々の余命は23時間、“富裕ゾーン”の住人は永遠の命を享受する。  ...