こんな映画見ました~

暑中お見舞い申し上げます。
酷暑の中、皆さまご自愛くださいませ。
楽しい夏休みを~!

イントゥ・ザ・ワイルド

2009年09月02日 | ア行

『イントゥ・ザ・ワイルド』
---INTO THE WILD---
2007年(アメリカ)

監督:ショーン・ペン
出演: エミール・ハーシュ、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ウィリアム・ハート、
ジェナ・マローン、キャサリン・キーナー 、ヴィンス・ヴォーン、 クリステン・スチュワート

 若さゆえの生真面目さで自らの心と向き合い、過酷なアラスカの大自然に立ち向かっていった一人の青年の姿を追ったジョン・クラカワーのベストセラー・ノンフィクション『荒野へ』を、オスカー俳優ショーン・ペンがメガフォンをとり映画化。

 1990年夏、ジョージア州の大学を優秀な成績で卒業した22歳の青年、クリス・マッカンドレス(エミール・ハーシュ )。
卒業祝いに新車を買ってあげるという両親の申し出をあっさり断った彼は、通帳にあった預金全額を慈善団体に寄付し、家族に何も告げることなく、文字どおり無一文でアラスカへ向けて旅に出る。
道中、様々な出会いと経験を重ねるクリス。
サウスダコタでは彼の無鉄砲を諫めてくれる陽気な兄貴分ウェイン(ヴィンス・ヴォーン)と親交を深め、スラブスではヒッピーなどアウトサイダーたちが集うコミューンに身を寄せ、そこで美しい少女トレイシー(クリステン・スチュワート)と出会う。
彼女はクリスに好意を抱き、クリスにも恋心が芽生えたかに思われたが…。
一方その頃、残された家族は音信不通の息子の身を案じ、祈る思いで彼の帰りを待つのだったが…。
(allcinemaより)


---------------------------------------------------------------------




事実の出来事の映画化、しかも監督がショーン・ペンということで見てみました。
内容はアラスカが出てくると知っていたので、レンタルしたのですが・・・。

この事実が報道されたときは、アメリカではびっくりしたことでしょうね。
その若さで何故??
理解に苦しむ行動ですから。。。
すべてを捨てて、無の自分を確かめたいという衝動は若い時にはあるのでしょうかね・・・。

アラスカに行く前に見ておいた映画でした。

アラスカ鉄道に乗っていたとき、展望車内にアナンスが入るのですが、英語なのでほとんど分からず・・・。
ただ、ハリケーン峡谷を過ぎたころ、ショーン・ペンが撮った映画のロケーションになった地区の説明があった事だけは分かりました。
映画の説明も少しあったようです。^^

ともかく、映画のロケーションは良かったのですが、内容はよく理解できないままの鑑賞でした。

マーシャ・ゲイ・ハーデン、ウィリアム・ハート、ジェナ・マローン、キャサリン・キーナー、名前だけでも見応えありそうだったのですけどね・・・。
エミール・ハーシュ、頑張っていたけど彼には感情移入できず残念でした。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (5)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アラスカに行って参りました~ | トップ | アストロノーツ・ファーマー... »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アラスカ (miyu)
2009-09-02 14:55:23
行く前に観ちゃいましたかぁ~!
でもupしている写真なんて映画そのもの!ですものね~。
あんな大自然の中にいると色んなことが浮かびそうです。
miyuさんへ! (小米花)
2009-09-02 23:24:24
行く前に見たのですが、この映画は帰って来てから見たほうが
感激したなぁ、、とちょっと惜しいことしました。
クリスが降り立ったアラスカは雪で覆われてましたので、少し雰囲気が違うのですが、
山、森林は映画そのものでした!

映画は最後まで感情移入できなかったのです・・・。

Unknown (mig)
2009-10-17 22:02:39
Tbありがとうございます。

これ
良かったです.
ショーンペン監督作は今後も楽しみ。
Unknown (mig)
2009-10-17 22:06:59
あ、途中でした、、、

アラスカとリンクしている作品でしたね、
是非DVDでまた観て欲しいです♪

いやいやわたし、今英会話学校行ってますけどまだまだぜんぜん理解完璧になんて出来ないので
字幕なしはやっぱり大変なんですよ
migさんへ! (小米花)
2009-10-17 22:22:35
そう、ショーン・ペンの作品はこれからも
本当に楽しみですね!!

字幕なしはmigさんでも大変かぁ~。
映画は字幕つける人でも聞き取れないことが
あるそうですからネェ。。。

この映画、またDVDで再見したいと思っています♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

関連するみんなの記事

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
イントゥ・ザ・ワイルド (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『そして僕は歩いて行く まだ見ぬ自分と出会うために』  コチラの「イントゥ・ザ・ワイルド」は、裕福な家庭に育った優等生の若者が全てを捨て去り、”ジブンをぶっこわす旅”の末、過酷なアラスカの荒野で1992年夏に遺体で発見された実在の人物クリス・マッカンド...
イントゥ・ザ・ワイルド 監督:ショーン・ペン 主演:エミール・ハーシュ (映画マニアの独り言)
イントゥ・ザ・ワイルド [DVD] 恵まれていた22歳の青年は、なぜ独りアラスカを目指したのか? 今回紹介する映画は「イントゥ・ザ・ワイル...
★「イントゥ・ザ・ワイルド」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みはラゾーナ川崎の「109シネマズ川崎」でこの作品。 ショーン・ペン監督作品で、 「スピード・レーサー」に主演のエミール・ハーシュがまたまた主演。 実話ものらしいけど、アラスカ・・って、見るからに寒そう。
イントゥ・ザ・ワイルド/INTO THE WILD (我想一個人映画美的女人blog)
名優、ショーン・ペンが10年の歳月をかけて実現{/star/}監督、脚本した会心作{/atten/} 試写行って来ました。 全米で大ベストセラーとなったジョン・クラカワー原作の「荒野へ」で実話。 持ってたチラシをじっくりみてなかったから、てっきりショーン・ペン主演して...
Into the Wild ~イントゥ・ザ・ワイルド~ (むーびーふぁんたすてぃっく)
「Into the Wild ~イントゥ・ザ・ワイルド~」 感想 Into the Wild そして僕は歩いて行く まだ見ぬ自分と出会うために 資本主義、物質社会...
mini review 09392「イントゥ・ザ・ワイルド 」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
すべてを捨てアラスカへと放浪の旅へ出た裕福な青年の心の軌跡を描いた人間ドラマ。ショーン・ペンが監督を務め、原作は冒険家ジョン・クラカワー著のノンフィクション小説「荒野へ」。前途有望な未来を捨て自由を選択したすえに悲惨な最期を遂げる若者を演じるのは『ロー...
映画『イントゥ・ザ・ワイルド』を観て (KINTYRE’SDIARY)
81.イントゥ・ザ・ワイルド■原題:IntoTheWild■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:148分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:9月27日、テアトル・タイムズスクエア(新宿)ス...