こんな映画見ました~

リオオリンピック終わりましたネ。
楽しませてもらいました~☆

ウォルト・ディズニーの約束

2014年04月18日 | ア行

 

『ウォルト・ディズニーの約束』
---SAVING MR. BANKS---
2013年(アメリカ)

監督: ジョン・リー・ハンコック 
出演:エマ・トンプソン、 トム・ハンクス 、 ポール・ジアマッティ、ジェイソン・シュワルツマン、 ルース・ウィルソン 、 B・J・ノヴァク 、 アニー・ローズ・バックリー 、 コリン・ファレル


解説ウォルト・ディズニー製作の名作ミュージカル・ファンタジー「メリー・ポピンズ」の誕生秘話をトム・ハンクスとエマ・トンプソンの主演で映画化した感動ドラマ。
世界的ベストセラー・ファンタジー『メリー・ポピンズ』の映画化に情熱を燃やすウォルト・ディズニーが、頑固な原作者P・L・トラヴァースから許諾を得るまでの悪戦苦闘の道のりを、原作に秘められた彼女の幼少期の物語を織り交ぜ描き出す。
監督は「オールド・ルーキー」「しあわせの隠れ場所」のジョン・リー・ハンコック。

1961年、ロサンジェルス。
ハリウッドを代表する大物映画プロデューサー、ウォルト・ディズニーには、娘との約束でもある20年来の悲願があった。
それは、彼女の愛読書『メリー・ポピンズ』を映画化するというもの。
しかしウォルトの再三の懇願にもかかわらず、いまだ原作者のP・L・トラヴァースから許可を得られずにいた。
そんな中、ようやく映画化についての話し合いが実現することになり、トラヴァースがロンドンからやって来る。さっそく最大限のもてなしで彼女を迎えようとするウォルトだったが、お堅い英国淑女トラヴァースの心を掴むことに苦心する。
おまけに、アニメもミュージカルも拒否された上、内容にもことごとく難癖をつけられるなど、頑なな彼女にすっかり手を焼き、一向に了解を取り付けられないウォルトだったが…。
 

 
---------------------------------------------------------------------


「メリー・ポピンズ」というと、私が家族ではなく友達と一緒に行った初めての映画でした。
保護者がわりにと、お友達のお兄さんとその友人も一緒に。
中学生の保護者に兄貴とその友人が一緒というのも、今思えば可笑しなことですが、当時の私は大真面目。
映画が始まる前に、NHKの「みんなの歌」でながれていた、『チムチムニー チムチムニー チムチムチェリーわたしは煙突掃除屋さん~♪』が頭の中で流れていました。
しかし、その友達の兄貴たちは英語で口ずさんでて、えらくカルチャーショックを受けた記憶があります(笑)。
当時、その映画が楽しかったかというと、そいうでもなかったような・・・。
何しろ、それ以前に見た「青きドナウ」にものすっごく感動してた少女だったので・・・。
しばらく、私の中では「青きドナウ」を超える映画がなかったんですよ。。。
思えば、ディズニー映画から私の映画鑑賞が始まったといえるでしょうかね。
 
そんなことで、この映画は公開前から楽しみにしておりました。
エマ・トンプソン、 トム・ハンクスの好演が光ります。
特にハンクスのウォルトは私の持ってるウォルト・ディズニーにぴったりでした。
 
メリー・ポピンズの映画化の裏話をこれまで知ってたはずもなく、映画はとても楽しめました。
そんなに生みの苦しみがあったなんて、あの映画からは想像もつきませんでした。
作者のトラヴァースが少女時代に病気で逝ってしまった大好きな父親の呪縛から解かれる物語でもありました。
 
 
ラルフに扮したポール・ジアマッティ、シャーマン兄弟を演じた俳優さんも素晴らしかったです。ディズニーの音楽の素晴らしさはあんな風に生まれたのね、とそんなところにも感動でした。
 
コリン・ファレルも良かったです。
 
あの映画の制作にどれだけエネルギーを費やしたことか・・・。
あのディズニーランドを作った人ですものネ 。
 
   
 
  
 
  
 
  
 
  
 

 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トータル・フィアーズ | トップ | ダイアナ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『ウォルト・ディズニーの約束』 (ラムの大通り)
(原題:Saving Mr. Banks) ----今日の映画、『ウォルト・ディズニーの約束』って、 だれと約束した映画ニャの? 「これはね。 後にミュージカルとなった『メリー・ポピンズ』の原作者 P・L・トラヴァースとディズニーが交わした約束のことなんだ。 でも、どんな約束....
『ウォルト・ディズニーの約束』 2014年3月27日 TOHOシネマズシャンテ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ウォルト・ディズニーの約束』 を鑑賞しました。 平日の夕方の回でありながら、いい感じでお客さんが入ってました。 意外とヒットしている映画かも(笑) 【ストーリー】  1961年、パメラ・L・トラヴァース(エマ・トンプソン)は、ウォルト・ディズニー(トム・ハン...
ウォルト・ディズニーの約束  Saving Mr.Banks (映画の話でコーヒーブレイク)
ディズニーの「メリー・ポピンズ」は大~好きな映画の一つです。 映画の挿入歌を歌いたくて、辞書をひいて、カタカナで発音を書き、何度も歌った覚えがあります。 本作を見ている時、思わず一緒に口ずさみました。結構覚えているもんです。 大好きな歌の製作シーンがこん....
『ウォルト・ディズニーの約束』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ウォルト・ディズニーの約束」□監督 ジョン・リー・ハンコック□脚本 ケリー・マーセル、スー・スミス□キャスト トム・ハンクス、エマ・トンプソン、ポール・ジアマッティ、      ジェイソン・シュワルツマン、ブラッドリー・...
ウォルト・ディズニーの約束/エマ・トンプソン (カノンな日々)
不朽の名作『メリー・ポピンズ』の誕生秘話を原作者であるP.L.トラヴァースとウォルト・ディズニーの物語としてファンタジックに描いたヒューマンドラマです。ウォルト・ディズニー ...
ウォルト・ディズニーの約束 (風に吹かれて)
父への想い 公式サイト http://ugc.disney.co.jp/blog/movie/category/walt 監督: ジョン・リー・ハンコック  「しあわせの隠れ場所」 1961年、経済的
ウォルト・ディズニーの約束 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
エマ・トンプソンとトム・ハンクスという英米のオスカー俳優が共演を果たし、傑作ミュージカル映画『メリー・ポピンズ』誕生秘話に迫る感動のヒューマンドラマ。ウォルト・ディズニーの映画製作の舞台裏を初めて描き、原作者と映画製作者の激しい攻防を情感豊かに映し出す...
ウォルト・ディズニーの約束 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【SAVING MR. BANKS】 2014/03/21公開 アメリカ 126分監督:ジョン・リー・ハンコック出演:エマ・トンプソン、トム・ハンクス、ポール・ジアマッティ、ジェイソン・シュワルツマン、ブラッドリー・ウィットフォード、ルース・ウィルソン、B・J・ノヴァク、メラニー・パ...
ウォルト・ディズニーの約束 (迷宮映画館)
メイキング・オブ、メリー・ポピンズ!そして、愛。
ウォルト・ディズニーの約束 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ジョン・リー・ハンコック 出演:エマ・トンプソン、トム・ハンクス、ポール・ジアマッティ、ジェイソン・シュワルツマン、ブラッドリー・ウィットフォード 【解説】 エマ・トンプソンとトム・ハンクスという英米のオスカー俳優が共演を果たし、傑作ミュージカル....
『ウォルト・ディズニーの約束』(2013) (【徒然なるままに・・・】)
ディズニー映画『メリー・ポピンズ』の製作秘話。娘との約束で『メリー・ポピンズ』映画化を狙うウォルト・ディズニーだったが、原作者のP.L.トラヴァースは頑として首を縦に振らない。20年もの歳月が流れ経済的に困窮し、やっと重い腰を上げて映画化に向けての話し合いに...
ウォルト・ディズニーの約束 (映画的・絵画的・音楽的)
 『ウォルト・ディズニーの約束』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)タイトルからはパスしようと思っていたものの、評判が良さそうなので映画館に行ってみました。  本作は、映画『メリー・ポピンズ』(1964年)の原作者であるパメラ・トラヴァース(エマ・トンプソン)....
映画「ウォルト・ディズニーの約束」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ウォルト・ディズニーの約束』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー 1961年、ウォルト・ディズニー(トム・ハンクス)は魔法を使う主人公“ナニー”...
「ウォルト・ディズニーの約束」 バンクス氏を救え! (はらやんの映画徒然草)
「アナと雪の女王」が世界中で大ヒット、ディズニーの黄金期がまた訪れたとも言える現
ウォルト・ディズニーの約束 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ウォルト・ディズニーの約束 '13:米 ◆原題:Saving Mr. Banks ◆監督:ジョン・リー・ハンコック「しあわせの隠れ場所」「アラモ」 ◆主演:トム・ハンクス、エマ・トンプソン、コリン・ファレル、ポール・ジアマッティ ◆STORY◆夢のある映画を作り人々を喜ばせて...
ウォルト・ディズニーの約束 (いやいやえん)
なるほど原題が「Saving Mr. Banks」(バンクス氏の救済)だったんですね。バンクス氏というのは、「メリー・ポピンズ」に出てくる乳母として働く屋敷の主人の名前です。子供たちの父親。トラヴァース夫人は、かのキャラクターをとても大切に思ってらしたんですね。 ...