こんな映画見ました~

gooブログのTB機能が終了しました。
これからは、努めてコメントに伺うように致します。
また宜しくお願い致します。

ディファイアンス

2010年04月11日 | タ行
『ディファイアンス』
---DEFIANCE---
2008年(アメリカ)

監督:エドワード・ズウィック
出演: ダニエル・クレイグ、リーヴ・シュレイバー、ジェイミー・ベル、ジョージ・マッケイ、アレクサ・ダヴァロス


1941年、ドイツ軍に侵攻され、ナチス親衛隊と地元警察によってユダヤ人狩りが始まったベラルーシ。
両親を殺されたトゥヴィア( ダニエル・クレイグ)、ズシュ(リーヴ・シュレイバー)、アザエル( ジェイミー・ベル)のビエルスキ兄弟は森の中へ逃げ込み、生きる手立てを模索していた。
すると彼らの周りにはやがて、逃げ惑っていた同胞のユダヤ人が次々に合流してくるのだった。
またそんな中、トゥヴィアは両親を殺した犯人を突き止め、復讐を果たす。
日に日にユダヤ人が集まり、食料や武器を調達しながら共同体を築いていくトゥヴィアたち。
やがて、彼らは“ビエルスキ・パルチザン(民衆による非正規軍)”を名乗り、銃を手にドイツ軍への抵抗を始めるのだが…。
(allcinemaより)


---------------------------------------------------------------------



戦うユダヤ人の話は今まであまり見たことがありませんでした。
最終的には1200人もの人々が森で生活し、森の中で一つの社会が出来ていたのです。
トゥヴィア・ビエルスキとズシュ・ビエルスキは戦後アメリカに移住し、事業を興し幸せに暮らしたという、事実のお話だったのですね。

ダニエルがこの役をとても真実味のある演技で良かったです。
トゥヴィア(ダニエル)は初めからブループを先導するつもりはなく、自分たち兄弟が生き延びるために森に入っていったのですが、そこに逃げ込んだ同胞を見捨てることが出来ず、次第にグループが大きくなっていったのです。

ビエルスキ4兄弟がその大きく膨れたグループを引っ張っていく中で、それぞれに
成長していきます。手を取り合ったり、反発して殴りあったりと、人として生きることの葛藤を私たちに充分に見せてくれます。

長兄のトゥヴィア、次兄のズシュのやり取りは、一つ一つが人間らしく生きるためには?ということを観客に投げかけているように感じました。
白い馬にまたがるトゥヴィアはかっこ良かったです!
その愛馬を食料にしなければならなかった厳しい現実・・・。

世間には知られていなかったという事実は、まだまだ多くあるのでしょうね。。。

 
 



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大いなる幻影  | トップ | 天使と悪魔 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうですね~ (miyu)
2010-08-16 09:16:25
あたしもこの方たちのことは知りませんでした。
と言うか、大抵映画で初めて知ることが多いんですよね。
そうゆう意味でも映画を見ることがすごくあたしにとっては
重要だったりするのかなぁ~なんて思う今日この頃です。
miyuさんへ! (小米花)
2010-08-16 22:12:33
そう映画って不思議な力があると思います。
TVニュースの報道は右から左へと抜けてしまうけど、
映画になると同じことがしっかり心に残る。。。


これからも映画で教えてもらうことがいっぱいですね!

コメントを投稿

8 トラックバック

ディファイアンス/ダニエル・クレイグ (カノンな日々)
もうすぐトム・クルーズの『ワルキューレ』も公開されますけどナチス・ドイツを題材や背景にしている作品って尽きないですよね。この映画は第二次世界大戦下でナチス・ドイツによる迫害を逃れ森に身を隠し約1200人ものユダヤ人の命を救ったビエルスキ兄弟の物語を史実に基...
『ディファイアンス』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ディファイアンス」□監督・脚本 エドワード・ズウィック □脚本 クレイトン・フローマン □原作 ネカマ・テク □ キャスト ダニエル・クレイグ、リーヴ・シュレイバー、ジェイミー・ベル、アレクサ・ダヴァロス、アラン・コー...
『ディファイアンス』 (2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:DEFIANCE監督・脚本:エドワード・ズウィック出演:ダニエル・クレイグ、リーヴ・シュレイバー、ジェイミー・ベル、アレクサ・ダヴァロス、アラン・コーデュナー、マーク・フォイアスタイン、ミア・ワシコウスカ公式サイトはこちら。<Story>第二次世界大戦さ...
ディファイアンス (to Heart)
人間として、生きるための「抵抗」だった 原題 DEFIANCE 製作年度 2008年 上映時間 136分 監督 エドワード・ズウィック 音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード 出演 ダニエル・クレイグ/リーヴ・シュレイバー/ジェイミー・ベル/ジョージ・マッケイ/アレクサ・ダヴァロ...
ディファイアンス (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
人間として、生きるための抵抗=ディファイアンスだった。1200人の命を守り抜いたビエルスキ兄弟。知られざるユダヤ人、真実の戦い。 物語:第二次世界大戦時の1941年。ヒトラー率いるナチス・ドイツ政権下。本国から遠く離れた東ヨーロッパの地でも、ユダヤ人に...
ディファイアンス (だらだら無気力ブログ)
第二次世界大戦中、1200人近いユダヤ人の生命を救ったユダヤ人兄弟の ビエルスキ兄弟の功績を描いたドラマ。1941年、ベラルーシに侵攻したナチスドイツ軍は同地を制圧。 ナチス親衛隊と地元警察によってユダヤ人狩りが始まる。 両親を殺害されたトゥヴィア・ズシュ・ア...
ディファイアンス (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人間として、生きるための [抵抗<ディファイアンス>]だった』  コチラの「ディファイアンス」は、第二次世界大戦下の1941年、ナチス・ドイツ占領下のポーランドに隣接するベラルーシの森で、1200人ものポーランドのユダヤ人の命を救ったとされる英雄”ビエルスキ...
映画『ディファイアンス』を観て (kintyre's Diary 新館)
9-15.ディファイアンス■原題:Defiance■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:136分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:2月14日、シネマスクエアとうきゅう(歌舞伎町) スタッフ・キャスト(役名)□監督・製作・脚本:エドワード・ズウィック□脚本:クレ...