こんな映画見ました~

gooブログのTB機能が終了しました。
これからは、努めてコメントに伺うように致します。
また宜しくお願い致します。

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男

2017年09月16日 | タ行
 『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』
---TRUMBO---
2015年(アメリカ)

監督: ジェイ・ローチ 
出演:ブライアン・クランストン、ダイアン・レイン、 エル・ファニング、  ジョン・グッドマン 、 ヘレン・ミレン 、デヴィッド・ジェームズ・エリオット 、ディーン・オゴーマン、 ロジャー・バート 
 

1940年代から50年代にかけてアメリカで猛威をふるった赤狩りによってハリウッドを追われながらも、偽名で活動を続け、「ローマの休日」など数々の名作を世に残した不屈の脚本家ダルトン・トランボの苦難と復活の軌跡を映画化した感動の伝記ドラマ。
いわれなき汚名による迫害に屈することなく己の信念を貫いた男の物書きとしての矜持を、愛する家族との強い絆の物語と共に描き出す。
主演はTV「ブレイキング・バッド」のブライアン・クランストン。
監督は「ミート・ザ・ペアレンツ」のジェイ・ローチ。

第二次世界大戦が終結し、米ソ冷戦体制が始まるとともに、アメリカでは赤狩りが猛威をふるう。
共産主義的思想は徹底的に排除され、その糾弾の矛先はハリウッドにも向けられる。
売れっ子脚本家だったダルトン・トランボ(ブライアン・クランストン)は、公聴会での証言を拒んだために議会侮辱罪で収監され、最愛の家族とも離ればなれとなってしまう。
1年後、ようやく出所したトランボだったが、ハリウッドのブラックリストに載った彼に仕事の依頼が来ることはなかった。
そんな中、家族を養っていくためにB級映画専門のキングス・ブラザース社から格安の仕事を請け負い、偽名で脚本を書きまくるトランボだったが…。
(allcinemaより)
 
 
 
 
---------------------------------------------------------------------


ダルトン・トランボなる人物、この映画で知りました。
この人の事は有名だったのかもしれませんが、この映画の予告で、へぇ~~っと思ったのです。
ハリウッドの赤狩りに人生を狂わされた映画人は多くあったでしょう。
それに屈せずに立ち上がった人もたくさんあったと思います。
でも、このダルトン・トランボのような人物がいたとは、本当にビックリしました。
 
多くの実名の俳優たちが出てきたのも、興味深いです。
 
カーク・ダクラスの「スパルタカス」、ポール・ニューマンの「栄光への脱出」から脚本はダルトントランボと公表されたんですね。両方とも好きな作品です。
ポール・ニューマンはトランボの本で喜んで出演したことは容易に想像できますが、カーク・ダグラスもそうだったんですね~。かなりの反対の中押し通したというこの映画のシーンが印象的でした。カークってそういう俳優さんだったことが意外でした。
 
また、「ローマの休日」をallcinemaで検索してみました。
解説の一部を載せますね。
 
なお後年、本作の脚本は赤狩りの犠牲になったダルトン・トランボが友人のイアン・マクレラン・ハンターの名前を借りて執筆したものであることが公表され、1993年にはすでに故人となっていたトランボに改めてアカデミー原案賞が贈られている。2003年9月、「製作50周年記念デジタル・ニューマスター版」が劇場公開された。その際にはダルトン・トランボが本名でクレジットされている。
(allcinemaより)
 
とありました。
今まで読んだことなかったな、、、。
 
キャストも素晴らしかったです。
主演のブライアン・クランストン は知らなかったです。
妻役のダイアン・レイン、久し振りに見ましたが良かったです。
娘はエル・ファニング。この娘の役はけっこう重要だったのですね。さすがのエルちゃんでした。
 
 
 
 
        
 
 
 
 
 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パシフィック・ウォー  | トップ | 目撃 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (天星人語)
2017-09-17 05:13:41
 ご無沙汰しております。映画紹介は読んでいましたが、書き込みは、久しぶりです。この映画は、観たくなりました。
天星人語さんへ (小米花)
2017-09-17 22:13:27
ブログご訪問ありがとうございます!
私もDVD鑑賞でしたが、なかなか興味深かったです。
映画ファンの方にはオススメですヨ。

相互リンクのご検討をお願い申し上げます。 (管理人 富樫)
2017-09-27 01:09:59
こんな映画見ました~管理人様お忙しいところ恐れ入ります。

「面白いミュージカル映画20選!思わずからだがリズムを刻む!」というサイトを運営しております富樫と申します。
この度、相互リンクをお願いしたくご連絡させていただきました。
誠に勝手ながら、こんな映画見ました~という名前で、
すでに下記ページに貴サイトへのリンクを掲載させて頂きました。
http://musical-movies.com/link1/
48番目に掲載しております。
(リンク集ページを整理した場合、掲載番号に変更がある場合もございます。)


相互リンクの許可を頂けるようでしたら下記の当サイト情報にて掲載頂けると嬉しく思います。
加筆修正などありましたらお手数おかけしますが、
よろしくお願い致します。

■当サイト情報~~~~~
サイト名 小さな愛情の繰り返しが本当の幸福
URL http://musical-movies.com/cherbourgsumbrella/
紹介文 ミュージカル苦手?でも、思わず体がリズムを刻むことありますよね?
~~~~~~~~~~~~


相互リンクをお受け頂ける際は、
お手数ですがご一報頂けると助かります。

以上です。
ご多忙中恐れ入りますが、ご対応の程よろしくお願いします。
※サイトデザインも未熟なサイトですが記事はちゃんとしておりますので、
  是非、ご覧いただければと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サイト管理人:富樫
サイト:http://musical-movies.com/
メール:azarashi673@gmail.com
富樫さんへ! (小米花)
2017-09-27 21:21:06
ブログご訪問ありがとうございます。
また、リンクのお申し出も有難くお受けいたします。

自分の見た映画を記録として上げ続けていますが、
なかなか更新が出来ない時もあります。
映画の話をさせて頂くのは好きなので、
こんなブログですが宜しくお願いいたします。

こちらのリンク終了後、コメントに伺わせて頂きます。

コメントを投稿

トラックバック

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男 (試写会) (風に吹かれて)
赤狩り時代の脚本家 公式サイト http://trumbo-movie.jp7月22日公開 原作: トランボ ハリウッドに最も嫌われた男 (ブルース・クック著/世界文化社)監督: ジェイ・ローチ  「