こんな映画見ました~

春、、、来てるはずなんですけどね~。
夕方の風、冷たい、寒い。。。

マネー・ショート 華麗なる大逆転

2016年03月24日 | マ行

『マネー・ショート 華麗なる大逆転』
---THE BIG SHORT---
2015年(アメリカ )

監督: アダム・マッケイ 
出演: クリスチャン・ベイル 、 スティーヴ・カレル、 ライアン・ゴズリング 、 ブラッド・ピット


「マネーボール」の原作者マイケル・ルイスのベストセラー・ノンフィクション『世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち』を映画化した社会派金融群像ドラマ。

サブプライム・ローンの破綻を引き金としたリーマンショックの舞台裏で繰り広げられた驚きの実話を基に、デタラメな錬金システムを編み出し、バブルに浮かれるウォール街を尻目に、いち早くその矛盾を見抜き、バブルの崩壊に賭ける世紀の大バクチを打ち、巨万の富を手にした4人のはみ出し者たちの戦いの行方をスリリングに描く。
出演はクリスチャン・ベイル、ライアン・ゴズリング、スティーヴ・カレル、ブラッド・ピット。監督は「俺たちニュースキャスター」「アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!」のアダム・マッケイ。

2005年。風変わりな金融トレーダーのマイケル( クリスチャン・ベイル)は、格付けの高い不動産抵当証券に信用力が低いはずのサブプライム・ローンが組み込まれていることに気づき、破綻は時間の問題だと見抜く。
だが、好景気に沸くウォール街で彼の予測に真剣に耳を傾ける者など一人もいなかった。
そこでマイケルは、“クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)”という金融取引で、バブル崩壊の際に巨額の保険金が入る契約を投資銀行と結ぶ。
同じ頃、若き銀行家ジャレッド(ライアン・ゴズリング)やヘッジファンド・マネージャーのマーク(スティーヴ・カレル)、引退した伝説のベン(ブラッド・ピット)もまた、バブル崩壊の足音を敏感に察知し、ウォール街を出し抜くべく行動を開始するが…。
(allcinemaより)
 
 
 
---------------------------------------------------------------------


記憶に新しいリーマンショックを描いた映画です。
正直、難しくてよく分からない、、、という感想です。
きっと経済に精通してる方なら、リーマンショックが何故起こったのかよ~く分かる映画だったね、というのが分かりました。(汗)
 
映画の中で、クリスチャン・ベイル扮するマイケルが、サブプライム・ローンが債務不履行になる可能性に気づくのです。
そこで、クレジット・デフォルト・スワップ (CDS)という金融取引に目を付けて、それが成功を呼ぶということなのですが、このCDSとやらが私には理解出来ない、、、。
ま、そういうものに気がついて、リーマンショックを逆手にとったマイケルたちが成功したのでした、とさ。。。
 
でも、このリーマンショックで世界中で多くの人たちが影響を受け、苦しんだのですよね。
この4人を英雄視するのは、、、、?
 
あ、マリサ・トメイの出演が嬉しかったデス。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブラック・シー | トップ | ビッグ・アイズ »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同じく・・・ (NAO)
2016-03-26 18:11:34
父が証券会社に勤めていたので、金融語は
なんとなーくわかるのですが、それでもCDSお仕組みは
私も???でした。

たとえ話で、補足シーンがあって、ようやく解った形です。

それに「華麗なる大逆転」ってタイトルおかしいですよね?
映画関係者、これ華麗だと思ったの?と疑問視してしまいます。

俳優さんたちの演技はお見事でしたけど♪
NAOさんへ! (小米花)
2016-03-26 22:32:45
CDSとはなにものじゃぁ~~って感じでした(笑)。
いや~、自分がいかに経済が何で動いているのかを知らないのだわねぇぇ、、って思うばかりです。(^_^;)

でもま、この年までそうやって生きてきちゃったので、
そんなもん、知りません私、、、で通してしまおうかと(笑)。

そう、「華麗なる大逆転」は邦題が違いますね。
これって怒ってる人がいっぱいいるのでは?って思います。


コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『マネー・ショート 華麗なる大逆転』 2016年3月4日 TOHOシネマズ新宿 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『マネー・ショート 華麗なる大逆転』 を鑑賞しました。 難しや... 【ストーリー】  2005年のアメリカ。金融トレーダーのマイケル(クリスチャン・ベイル)は、サブプライムローンの危機を指摘するもウォール街では一笑を買ってしまい、「クレジット・デフォルト・ス...
映画:マネー・ショート The Big Short 乾いた笑いが止まらない、究極のブラックコメディ
! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
昨年の本ベスト5に入れた「ガイトナー回顧録 ―金融危機の真相」 リーマンショックの再体験ジェット・コースター本 として、必死に読み倒し、そういう結論に至った。 とはいえ、相当疲れたので しばらく間を空け、ちょうど今 バーナンキの「危機と決断」(上)(下)...
劇場鑑賞「マネー・ショート 華麗なる大逆転」 (日々“是”精進! ver.F)
ピンチは最大のチャンス… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201603040000/ 【はじめての方限定!一冊無料クーポンもれなくプレゼント】世紀の空売り 世界経済の破綻に賭...価格:950円 【楽天ブックスならいつでも...
マネー・ショート 華麗なる大逆転 (風に吹かれて)
まったく銀行って ┐(-。ー;)┌ 公式サイト http://www.moneyshort.jp 実話に基づく物語 原作: 世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち (マイケル・ルイス著/文春文庫)
マネー・ショート 華麗なる大逆転 ★★★ (パピとママ映画のblog)
リーマンショック以前に経済破綻の可能性に気付いた金融マンたちの実話を、クリスチャン・ベイルやブラッド・ピットといった豪華キャストで描く社会派ドラマ。サブプライムローンのリスクを察知した個性的な金融トレーダーらが、ウォール街を出し抜こうと図るさまを映し出...
マネー・ショート 華麗なる大逆転 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(11) 金融投資未経験者にとって劇中専門用語に加え
マネー・ショート 華麗なる大逆転/THE BIG SHORT (我想一個人映画美的女人blog)
「マネーボール」の原作者マイケル・ルイスのベストセラー『世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち』を ウィル・フェレルの「俺たち」シリーズのアダム・マッケイ監督で映画化 この監督の映画好き 「俺たちニュースキャスター」「タラテガナイト」「俺た....
「マネー・ショート 華麗なる大逆転」 (NAOのピアノレッスン日記)
~これがリーマンショックの真実だ~2015年  アメリカ作品  (2016.03.04公開)配給:東和ピクチャーズ   上映時間:2時間10分監督:アダム・マッケイ原作:マイケル・ルイス脚本:アダム・マッケイ/チャールズ・ランドルフ音楽:ニコラス・ブリテル出演:....
マネー・ショート 華麗なる大逆転 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE BIG SHORT】 2016/03/04公開 アメリカ 130分監督:アダム・マッケイ出演:クリスチャン・ベイル、スティーヴ・カレル、ライアン・ゴズリング、ブラッド・ピット 世界経済の破綻を予測した4人のアウトローがいた ウォール街VSアウトローこれがリーマンショックの....
マネー・ショート 華麗なる大逆転 (映画的・絵画的・音楽的)
 『マネー・ショート 華麗なる大逆転』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本年のアカデミー賞脚本賞を受賞した作品というので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭には、まず「実話に基づく(based on a true story)」との字幕が出て、さらに「どんなに....
マネー・ショート 華麗なる大逆転 (心のままに映画の風景)
2005年、アメリカ。 風変りな金融トレーダーのマイケル(クリスチャン・ベイル)は、格付けの高い不動産抵当証券に、信用力が低いはずのサブプライム・ローンが組み込まれていることに気づき、破綻は時間の問題だと見抜く。 しかし、好景気に沸くウォール街で彼の予測...
「マネー・ショート 華麗なる大逆転」 (ここなつ映画レビュー)
アメリカが、国民のみならず政府までその経済的な成長を疑う事なく経済発展の春を謳歌していた2005年、最も安定性が高いと言われていた不動産市場の崩壊を予測し、不動産債権で空売りを仕掛けて莫大な利益を得たアナリスト、金融マンの物語。確かに、誰も疑うことのなかっ...
破綻という賭けは・・・ (笑う社会人の生活)
19日のことですが、映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」を鑑賞しました。 金融トレーダーのマイケルはサブプライムローンの危機を指摘するもウォール街では一笑、クレジット・デフォルト・スワップという 金融取引で出し抜こうと考える 銀行家ジャレドもマイケルの...