こんな映画見ました〜

昼夜の気温差がありますね〜。
みなさま、風邪などひかれませんように。

運命のボタン

2010年05月19日 | ア行

『運命のボタン』
---THE BOX---
2009年(アメリカ)

監督:リチャード・ケリー
出演: キャメロン・ディアス 、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ


1976年12月16日、朝5時45分、ヴァージニア州郊外に暮らすルイス夫妻宅の玄関のベルが鳴る。
しかし、妻のノーマ(キャメロン・ディアス)が出ると、そこには誰もおらず、ひとつの四角い箱が置かれているだけだった。
そして、夫のアーサー(ジェームズ・マースデン)がその箱を開けると、中には赤いボタンが付いた奇妙な木製の装置が入っていた。
午後5時、夫妻宅にアーリントン・スチュワード(フランク・ランジェラ)と名乗る男が訪ねてくる。
男は夫妻に、赤いボタンを押せば2つのことが起きると告げる。第1にどこかで見知らぬ誰かが死に、第2に現金100万ドルが夫妻のものとなる。
決断の期限は24時間。経済的に追いつめられていた2人は、やがて葛藤の末に、ついにボタンを押してしまうのだったが…。
(allcinemaより)


---------------------------------------------------------------------



あまり評判は良くないようです。。。

サスペンス的な設定は面白いと思います。
雷に打たれたアーリントン・スチュワードが不思議な力を与えられたというのも、まあいいと思います。
ガッカリしてしまうのは、いきなりお空に飛んで行ってしまった「フォーガットン」的な展開だった事です。。。

人の愚かな決断の連鎖みたいな展開を、もっと強調してくれたらもう少し感情移入出来たのにと思いました。

キャメロンは良かったと思いますが、彼女の華やかさがついボタンを押してしまう程お金に困っているように思えなかったことと、70年代の時代背景の描き方がもう少し丁寧だったら良かったのにネ、、、と思いました。












『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナイト ミュージアム | トップ | シリアの花嫁 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
その (miyu)
2010-05-20 00:07:47
「フォーガットン」的な展開を
おぉ〜!そうきたかぁ〜と喜んでしまいましたw
まぁそこで喜ぶか、がっかりするかはそれぞれ
ってことですかね〜。
Unknown (mig)
2010-05-20 09:27:36
おはようございます♪
お久しぶりでした!
これ、ウケ悪いですね〜、おっしゃる通り展開がダメなんですよね。

雰囲気も役者も発想も良かったのに。。。
ちょっともったいないです。
ラスト近くは愛とかいってるのがクサくてわざとらしく思えちゃったのでした(笑)

miyuさんへ! (小米花)
2010-05-20 21:18:30
「フォーガットン」的な展開がお好きでしたね〜。
その辺りで好みが分かれましたヨネ!

その辺りが楽しめると映画が数倍楽しくなるのは
分っているんですよ〜!
でも、だんだん私も好みが変化していますので、これから後感想が逆転したりして(笑)。
migさんへ! (小米花)
2010-05-20 21:22:13
ホント、雰囲気も役者も発想も楽しみにしてたんですよ〜。
とってつけた「愛」が目立ちましたね。
migさんの記事にもありましたけど、
アーリントンに愛を感じたのには、ビックリでしたもの。。。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『運命のボタン』 (ラムの大通り)
(原題:The Box) ----あれっ。原題は【THE BOX】、箱なのに なぜ、日本のタイトルはボタンになるの? 「うん。これはね、 ボタンと言っても
運命のボタン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『あなたなら、押しますか?』  コチラの「運命のボタン」は、キャメロン・ディアス、ジェームズ・マーズデン共演、リチャード・ケリー監督、ボタンを押すと100万ドルが手に入るかわりに世界のどこかで誰かが死ぬという謎の箱を手に入れた夫婦を描く5/8公開のSFサスペ...
運命のボタン (LOVE Cinemas 調布)
リチャード・マシスンが1970年に発表した短編小説の映画化。ある日突然家に届いたボタン。それを押せば1億円が手にはいる代わりに、自分の知らない誰かが死ぬ…。奇妙な選択を迫られた夫婦を待ち受ける想像もつかない運命を描き出したサスペンスミステリーだ。主演...
運命のボタン (だらだら無気力ブログ)
リチャード・マシスンの短編小説を原作に、キャメロン・ディアス主演で 映画化したサスペンススリラー。 ある日、ボタンを押せば大金が手に入り、その代わりに見知らぬ誰かが死んで しまうという謎のボタン装置を送りつけられた夫婦の運命を描くサスペンス スリラー。19...
運命のボタン /THE BOX (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click あなたなら、押しますか? ボタンを押せば1億円、 ただし見知らぬ誰かが死ぬ{/atten/} お金が欲しいとか、誰かが死ぬとか関係なく、 そこにそんな怪しい...
運命のボタン (映画鑑賞★日記・・・)
【THE BOX】 2010/05/08公開 アメリカ 116分監督:リチャード・ケリー出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ、ジェームズ・レブホーン、ホームズ・オズボーンあなたなら、押しますか?ボタンを押せば1億円、ただし見知らぬ誰かが死...
運命のボタン (★YUKAの気ままな有閑日記★)
気になっていた映画を観に行けた〜【story】ある日の朝、ノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェームズ・マースデン)夫妻の元に、赤いボタン付きの装置が入った箱が届く。夕方、謎めいた男(フランク・ランジェラ)がノーマを訪ね、「このボタンを押せば100万ド...
運命のボタン◎THE BOX(2009) (銅版画制作の日々)
 あなたなら、押しますか?ボタンを押せば1億円、ただし見知らぬ誰かが死ぬ。決断の期限は24時間── 東宝シネマズ二条にて、、、、。レディスディということで、1000円で鑑賞しました。キャメロン・ディアス初のスリラー映画挑戦!キャメロンと言えば、やはりラ...
運命のボタン (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ボタンを押せば一億円、ただし見知らぬ誰かが死ぬ。決断の期限は24時間。あなたなら押す?・・・押さない?__。 物語:1976年、ヴァージニア州のとある街。ある日の明け方、郊外に住むノーマとアーサーの夫妻の元に、謎の箱が届けられた。アーサーが開けてみると...
【100.0Kg】 「運命のボタン」を観てきました♪ (街のクマさん 炎のダイエット日記)
おはようございます♪ と、申しましても、もうお昼ですね(汗)。惰眠をむさぼってしまいました。 午後の半日だけでも頑張ってアクティブに生活しま〜す (^−^;)
運命のボタン (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
運命のボタン’09:米◆原題:THE BOX◆監督:リチャード・ケリー「ドニー・ダーコ」◆出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ◆STORY◆1976年、ヴァージニア州のとある街。郊外に住むノーマとアーサーの夫妻の元に、謎の箱が...
運命のボタン (心のままに映画の風景)
1976年12月の早朝、 ヴァージニア州郊外に暮らすノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェームズ・マースデン)夫妻宅の玄関前に、赤...
運命のボタン (映画的・絵画的・音楽的)
 『私の中のあなた』で好演したキャメロン・ディアスが出演するというので、『運命のボタン』を日比谷のTOHOシネマズ・スカラ座で見てきました。 (1)映画は、1976年12月 のある日、ルイス家のノーマ(キャメロン・ディアス)が呼び鈴に応じて入口のドアを開けると、...
運命のボタン (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:運命のボタン 制作:2009年・アメリカ 監督:リチャード・ケリー 出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ、ジェームズ・レブホーン あらすじ:ある日の朝、ノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェー...
【映画】運命のボタン…ビジンダーの第三ボタンなみの誘惑と危険度なボタン (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
ヤバいです…といっても朝鮮半島の話では無くてゲームの話 久しぶりにシミュレーションゲーム、しかも何...
『運命のボタン』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 運命のボタン 』 (2009)  監  督 :リチャード・ケリーキャスト :キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ、ジェームズ・レブホーン、ホームズ・オズボーン、サム...
「運命のボタン」 トンデモ科学映画だったんだ! (はらやんの映画徒然草)
興味はあったのですが、なんとなくスルーしていた作品です。 んー、感想としては、不