こんな映画見ました~

今年は空梅雨?と思っていましたが、やはり梅雨、、、。
雨降ってますし、空気が湿気を帯びてきましたネ。

ゴーン・ベイビー・ゴーン

2009年10月01日 | カ行

『ゴーン・ベイビー・ゴーン』
---GONE BABY GONE---
2007年(アメリカ)

監督:ベン・アフレック
出演: ケイシー・アフレック、ミシェル・モナハン、モーガン・フリーマン、エド・ハリス、エイミー・ライアン、エイミー・マディガン


パトリック・ケンジー(ケイシー・アフレック)とアンジー・ジェナーロ(ミシェル・モナハン)は、ボストンで私立探偵として働く幼なじみのカップル。
ある日、4歳の少女アマンダが誘拐される事件が発生、テレビでも大きく取り上げられ、ボストンの街は騒然となる。
そして、事件発生から3日目、警察の捜査に進展が見られない中、アマンダの叔母夫婦が、街の裏側に精通するパトリックたちのもとに捜索依頼に現われる。
人捜しと言っても単なる失踪ではなく、警察が捜査中の誘拐事件であり、自分たちの出る幕ではないと、あまり乗り気でないパトリックとアンジー。
さらに、アマンダの母親ヘリーン(エイミー・ライアン)にかなり問題があることが次第に明らかとなり、ますます気の重い2人。
それでも叔母の必死な願いを聞き入れ依頼を引き受けた2人は、さっそく独自の人脈を使って事件の真相を探り始めるが…。
(allcinemaより)

---------------------------------------------------------------------




日本未公開、DVD鑑賞です。
ベン・アフレックが脚色し、監督デビューした社会派ミステリー・サスペンス。
モーガン・フリーマン、エド・ハリスのベテラン俳優で脇を固める贅沢な作品なのに、日本未公開でした・・・。

ベン・アフレックの弟ケイシー・アフレック が主役。
目元口元がよく似てます。
兄ほど丹精な顔立ちではなく、やんちゃな感じがいい。。。

話の展開もなかなかスリルがあり面白かったです。
エド・ハリスの存在感は相変わらずすごい。
モーガン・フリーマンもなかなかいい。。。

正しい事を通したパトリックの評価も観客に委ねられてる感じのラストです。スッキリの解決ではなく、ちょっとイラッとした終わり方。
でも私は好きな映画でした。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山猫 | トップ | デビル »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こうゆう (miyu)
2009-10-01 23:35:42
問題はどうしてもすっきりとした解決というのが
難しいですものね~。
でも、そのイラっとしてしまうところも含めて
良かったんですよね~。うん。
エド・ハリス (オリーブリー)
2009-10-02 11:44:52
彼が出てるだけで、「怪しい…」と思いません?!(笑)

ホントに未公開が残念です。
このような映画は好みなので、ベンアフにはこれからも頑張って欲しいです!
未公開なんて (メル)
2009-10-02 13:20:14
DVDスルーって残念だなぁって思った映画
NO1でした。
俳優さんたち良し、ストリー良し・・だったのに、勿体なかったですよね~。
子供のために、いったいどちらが良かったのか・・考えさせられるラストでしたが、
結局はその時に一番良いと思う方を選択するしかないですよね~。
子育てに正解ってないと思うし・・。

エド様の素敵さに、またまた胸ときめかせて、満足の一本でした♪
miyuさんへ! (小米花)
2009-10-02 21:15:53
すっきり解決ではない終わり方は、
受け止め方で評価に個人差が出ますね。

でも、DVDスルーの作品なのに
皆さんの評価が高いので、今更ながら
驚いています。
オリーブリーさんへ! (小米花)
2009-10-02 21:18:11
エド・ハリス、そうそう彼なんだから
普通の人ではないのよね~って思いますね。

ベンアフが脚色したもの、私も好きです。
期待したいですね!
メルさんへ! (小米花)
2009-10-02 21:40:44
エドさまの役作りには、恐れ入りました~!
モーガンは普通だったので、迫力に押されてましたね!

こんなにDVDスルーを残念がる作品も、
珍しいですよね~。
配給会社のミス?(笑)。

そう、子育てに正解はないですね・・・。
う~~ん、パトリックは間違ってはなかったと思うけど・・・。
でもねって言いたい気もするし・・・。
思い出すだけでもイラッとするって、
やっぱりすごいのでしょうね(笑)。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ゴーン・ベイビー・ゴーン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 コチラの「ベイビー・ゴーン・ベイビー」は、ベン・アフレックが初めてメガホンを取った社会派ミステリーです。海外での評判が結構ヨサゲで、楽しみにしていたのですが、DVDスルーになってしまいましたねぇ~(´・ω・`)ショボーン 原作は、「ミスティック・リバー...
「ゴーン・ベイビー・ゴーン」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
厳つい顔して大根役者っぽいからラジー賞の常連だけど、 実はオスカーの脚本賞受賞歴のある、ベン・アフレックの監督・脚本作品。
ゴーン・ベイビー・ゴーン (心のままに映画の風景)
裏方に徹したベン・アフレックは最高!(WOWOWで) ボストン・ドーチェスター地区で4歳の少女アマンダが誘拐された。 警察が捜索する中、ア...
「ゴーン・ベイビー・ゴーン」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
パトリック・ケンジー(ケイシー・アフレック)とアンジー・ジェナーロ(ミシェル・モナハン)は、ボストンで 私立探偵をする幼なじみのカップル。ある日、4歳の少女アマンダが誘拐される事件が発生、 ボストンの街は騒然となる。事件発生から3日目、警察の捜査に進展が...
ゴーン・ベイビー・ゴーン (★YUKAの気ままな有閑日記★)
WOWOWで鑑賞―【story】パトリック(ケイシー・アフレック)とアンジー(ミシェル・モナハン)は、ボストンで私立探偵をするカップル。ある日、4歳の少女アマンダが誘拐される事件が発生し、その3日後、警察の捜査に限界を感じたアマンダの叔母夫婦が、街の裏側に精通する...
ゴーン・ベイビー・ゴーン (レンタルだけど映画好き)
2007年 アメリカ  日本未公開  レンタル開始日2008/09/17 監督 ベン・アフレック 脚本 ベン・アフレック/アーロン・ストッカード 出演 ケイシー・アフレック/ミシェル・モナハン/モーガン・フリーマン/エド・ハリス/ジョン・アシュトン/エイミー・ライアン/...
ゴーン・ベイビー・ゴーン/Gone Baby Gone (我想一個人映画美的女人blog)
名作なのに日本公開ならず{/ee_3/} 最近は俳優業よりも監督やプロデュースで忙しいベン・アフレック、初監督作品{/atten/} 第80回アカデミー賞助演女優賞を始めとする多数の映画賞に受賞・ノミネートされて 気になってたんだけどいつの間にか(9月)DVD化されてた~{/a...
ゴーン・ベイビー・ゴーン (映画通信みるみる)
“人間を形づくるのは 自分以外の何かだ 住む街 隣人たち 家族 ここの住人たちにとっては そうしたものが誇りだ 肉体が魂を包み それ...
ゴーン・ベイビー・ゴーン (映画マニアの独り言)
ゴーン・ベイビー・ゴーン [Blu-ray] 愛しき者はすべて去りゆく 今回紹介する映画は『ゴーン・ベイビー・ゴーン』です。 監督は「アルマゲドン」、「パール・ハーバー」に出演している俳優のベン...
ゴーン・ベイビー・ゴーン (映画マニアの独り言)
ゴーン・ベイビー・ゴーン [Blu-ray] 愛しき者はすべて去りゆく 今回紹介する映画は『ゴーン・ベイビー・ゴーン』です。 監督は「アルマゲドン」、「パール・ハーバー」に出演している俳優のベン...
ゴーン・ベイビー・ゴーン (銀幕大帝α)
GONE BABY GONE/07年/米/114分/ミステリー・サスペンス・ドラマ/劇場未公開 監督:ベン・アフレック 原作:デニス・レヘイン『愛しき者はすべて去りゆく』 脚本:ベン・アフレック 出演:ケイシー・アフレック、ミシェル・モナハン、モーガン・フリーマン、エ....