こんな映画見ました~

毎日、雨模様・・・。梅雨ですね。

アンナ・カレーニナ

2013年05月22日 | ア行

『アンナ・カレーニナ』
---ANNA KARENINA---
2012年(イギリス)

監督:ジョー・ライト
出演:キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、 アーロン・テイラー=ジョンソン 、 ケリー・マクドナルド 、 アリシア・ヴィキャンデル 、 エミリー・ワトソン、 ドーナル・グリーソン 


ロシアの文豪トルストイの同名小説を「プライドと偏見」「つぐない」のジョー・ライト監督&キーラ・ナイトレイ主演コンビで映画化した文芸ラブ・ロマンス。
全てを捨てて真実の愛に生きる道を選んだヒロイン、アンナ・カレーニナが辿る悲痛な運命を、舞台劇を取り込んだ大胆な演出を織り交ぜ、絢爛豪華に描き出す。
共演はジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン、ケリー・マクドナルド、ドーナル・グリーソン、アリシア・ヴィキャンデル。

19世紀後半のロシア。
アンナ・カレーニナ(キーラ・ナイトレイ)は社交界の華と謳われる美貌の持ち主。
しかし、夫である政府高官カレーニン(ジュード・ロウ )との間に愛を感じられず、満たされぬ日々を送っていた。
そんなある日、兄夫婦のもとを訪れた彼女は、若き将校ヴロンスキー(アーロン・テイラー=ジョンソン)と出会い、一目で恋に落ちてしまう。
許されぬ恋に必死に心を鎮めるアンナだったが、舞踏会で再会した2人にもはや燃え上がる情熱を抑える術はなかった。
一方、アンナの兄嫁の妹でヴロンスキーに想いを寄せるキティ( ケリー・マクドナルド)。
彼女は、田舎の地主で純朴な好青年リョーヴィン(ドーナル・グリーソン)からの求婚も断り、ヴロンスキーとの結婚を信じて待ち続けていたのだが…。
(allcinemaより)
 
 
---------------------------------------------------------------------


ヴィヴィアン・リー(1948年)、ソフィー・マルソー(1997年)主演の映画はビデオ鑑賞しています。
キーラのカレンも本当に綺麗でした。
舞台仕立てにちょっと度胆抜かれました。
そういう表現の仕方だとは知らなかったので・・・。
 
私は古典的な撮り方のリー主演、マルソー主演の方が感動的でした。
ただ、こちらは衣装が素晴らしいし、映像が綺麗でした。
私としてはジョードの味方しちゃうのでカレンへの思い入れが薄かったカナ。。。。
 
特に感動したという作品ではありませんでしたが、まあ楽しめました。
 
若き将校ヴロンスキーを演じたアーロン・テイラー=ジョンソン、素敵でした。
若い頃のジョードのこの役を見てみたかったです。
 
 
 
 
 

 

 

 

 


『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天使の分け前 | トップ | テンペスト  »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
舞台仕立ては~ (cyaz)
2013-05-23 08:23:00
小米花さん、おはようございます^^
TB、ありがとうございましたm(__)m

どういう効果を狙ったのかわかりませんが、
この舞台仕立ては賛否両論あるでしょうが、
せっかくのスクリーンで観るのだから、
もっと大きな展開にしてほしかったと思います。
でしても、舞台装飾や衣装等は壮大でした!
キーラも可愛かったし(笑)
cyazさんへ! (小米花)
2013-05-23 22:26:51
早速のコメントありがとうございます。

舞台仕立ては賛否ありそうですね~。
私はそういう脚色だとは知らなかったので、
ええ~?でした。(^_^;)

古典的な映画しか想像してなかったので、
これもありかな、、、とは思いましたが・・・。
重ければいいという訳でもないかな、、、と思いましたネ。
キーラ、美しかった~!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アンナ・カレーニナ (心のままに映画の風景)
19世紀末のロシア。 政府高官カレーニン(ジュード・ロウ)の妻にして、社交界の華と注目されるアンナ・カレーニナ(キーラ・ナイトレイ)は、華やかな生活の裏で夫との愛なき結婚に空虚なものを抱いてい...
アンナ・カレーニナ /ANNA KARENINA (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click  ロシアの文豪トルストイの小説を「プライドと偏見」「つぐない」のジョー・ライト監督 &キーラ・ナイトレイコンビで新たに映画化した文芸ロマンス。 アカデミー賞では、衣装デザイン賞受賞 衣装も舞台...
『アンナ・カレーニナ』(GAGAオンライン試写) (・*・ etoile ・*・)
'13.03.22 『アンナ・カレーニナ』GAGAオンライン試写 これは見たかった! 試写会いろいろ応募したけど、GAGAオンライン試写に当選! 配信時から24時間以内なら何度でも視聴可能というもの。というわけで、ワイン飲みながら見たー♪ *ネタバレありです! 「政府高官の...
「アンナ・カレーニナ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Anna Karenina」 2012 UK 19世紀後半のロシア。アンナ・カレーニナは社交界の美しい花で、政府高官の夫カレーニンと愛する息子と共にペテルスブルグに暮らしている。ある日、アンナは兄オブロンスキーに会うためモスクワを訪れる。兄を訪ねた理由は彼の浮気によりぎ...
アンナ・カレーニナ (あーうぃ だにぇっと)
アンナ・カレーニナ@よみうりホール
『アンナ・カレーニナ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アンナ・カレーニナ」□監督 ジョー・ライト□脚本 トム・ストッパード□原作 レオ・トルストイ □キャスト キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン、       ケリー・マクドナルド、マシュー・...
アンナ・カレーニナ (試写会) (風に吹かれて)
舞台劇でした公式サイト http://anna.gaga.ne.jp3月29日公開米アカデミー賞衣装デザイン賞受賞原作: アンナ・カレーニナ (レフ・トルストイ著)監督: ジョー・ライト  「プライド
アンナ・カレーニナ/キーラ・ナイトレイ (カノンな日々)
ロシアの文豪L・N・トルストイの代表作で世界的にも有名な「アンナ・カレーニナ」を『つぐない』のジョー・ライト監督がキーラ・ナイトレイを再び主演に迎え19世紀ロシアを舞台に愛 ...
アンナ・カレーニナ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【ANNA KARENINA】 2013/03/29公開 イギリス 130分監督:ジョー・ライト出演:キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン、ケリー・マクドナルド、マシュー・マクファディン、ドーナル・グリーソン、ルース・ウィルソン、アリシア・ヴィキャ....
アンナ・カレーニナ (to Heart)
原題 ANNA KARENINA 製作年度 2012年 製作国・地域 イギリス 上映時間 130分 原作 レフ・トルストイ 監督 ジョー・ライト 出演 キーラ・ナイトレイ/ジュード・ロウ/アーロン・テイラー=ジョンソン/ケリー・マクドナルド/マシュー・マクファディン/アリシア・ヴィキ....
アンナ・カレーニナ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
ロシアの文豪レフ・トルストイが地位のある夫を持ちながら道ならぬ愛に身を焦がす妻を描き、世界中で読まれ続けている小説を、「プライドと偏見」「つぐない」のジョー・ライト監督が豪華絢爛に映画化。 タイトルロールの美貌の妻を「プライドと偏見」で第78回アカデミー...
脳科学の証明。『アンナ・カレーニナ』 (水曜日のシネマ日記)
ロシアの文豪L・N・トルストイの代表作を実写化した作品です。
映画『アンナ・カレーニナ』を観て~アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
12-30.アンナ・カレーニナ■原題:Anna Karenina■製作年、国:2012年、イギリス■上映時間:130分■観賞日:4月7日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)■料金:1,800円 □監督:ジョー・ライト◆キーラ・ナイトレイ(アンナ・カレーニナ)◆ジュード・ロウ(カレ...
アンナ・カレーニナ (いやいやえん)
ざっくり言ってしまえば不倫ドラマなのですが。トルストイの有名な文芸作品なので何となくは知っていましたが、ちゃんと作品に触れるのは実は初めて。 時代コスと言えばこの人、キーラ・ナイトレイ主演。ジュード・
アンナ・カレーニナ (2012年) (のほほん便り)
何度も映像化されてる、ロシアの文豪L・N・トルストイの代表作だけに、あえて斬新なアプローチ。映画全体を舞台劇とし、場面転換の際には映像が隣のステージに移動するという独特の手法を用いています。でも、大いに目の保養作品でした。美男美女で、映像的にも、とてもキ...