Re: The history of "M&Y"

Team "M&Y" and "花鳥風月"
the soliloquy of the father

久々のクレーム

2017-05-19 | ブログ

Hobby train の LEGOモドキの出来が、思いのほか良かったので・・・

ブルドーザのモデルを買ってみました。

さて、いざ組み立てようと、すべてのパーツを並べてみると・・・部品が足りません。

最初の1個2個は、本物のLEGOで代用・・・(逆ですか!? 笑)・・・していたのですが、足りない部品が多すぎて・・・組み立てを中止しました。

そして、クレームをするために、何がいくつ足りないかを、確認しました。

組み立て説明書の1枚1枚を見て、そこで使うパーツが有るのか確認します。

最後のページまでの確認に、大変な労力を使いました。

 

そして、その負のパワーを開放するように・・・ショップにクレームのメッセージを入れました。

しかし、2日経過しても、何のリアクションも無かったので、AliExpressに仲裁を申し立てました。(Open Dispute というものです)

すると、2日で AliExpress から2つの提案が出されました。

案1:2000円を返金するから、それで納得してくれ
案2:全て送り返してくれれば、全額を返還する

送り返すのは面倒なので、案1ですかねぇ。

私は、返金ではなく、足りない部品を送ってもらえれば、それで良いのですが・・・

 

すると、ショップの方から、「部品を送るから Dispute を取り消してくれ」とうメッセージが送られてきました。

彼ら(ショップ)には、AliExpressの Open Dispute は、結構なペナルティのようです。メッセージ毎に、「please close the dispute」という文書が織り込まれています。

部品を送ってくれるのであれば、問題は無いのですが・・・私は、彼らには送る気がなく、ただ単に「Open Dispute」をクロ-ズしてもらうために、出まかせを言っているようにしか思えません。

なぜなら、足りない部品を教えてくれ・・・と言ってきたからです。

私は、最初のクレームのときに、この部品が足りない・・・と、足りない部品の写真(組み立て説明書の部品に印を付けたもの)を送っていました。

そういうのを、調べないのですかねぇ。

で・・・「私は既に、足りない部品を示しました。それを確認してください。」と書いたら、「写真が汚いので判りません。」だって・・・・

よし、じゃあ、もう、絶対に判る写真を送ってやる。

足りない部品について、組み立て説明書に赤いマジックで印を付けて、はっきりとわかるように写真を撮って、23枚の画像データを送りつけました。

さあ、これでどうだ!

 

まあ、ここまでしといて何ですが・・・

本当は、ショップが悪いのではなくて、ブロックのメーカーが悪いのですよねぇ。

だから、彼らを責めるのはお門違い・・・という考えもありますよねぇ。

私ってクレーマーだなぁ・・・と自分でも思います。(笑)

 

この先、どうなるかは判りませんが・・・

・足りない部品を送ってもらえるのなら送ってもらって終了

・足りない部品が送ってもらえないのであれば、2,000円を返金してもらって終了

このどちらかになると思います。

 

部品が揃うほうが嬉しいのですが・・・ねぇ。

 

AliExpress を使う時・・・何かトラブルがあると、わくわくしてしまうのは・・・私だけでしょうか!? (笑)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« LEGO® Digital Designer | トップ | プリウスαねた EV走行 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。