Re: The history of "M&Y"

Team "M&Y" and "花鳥風月"
the soliloquy of the father

WEROB(Workshop on Educational Robotics) 2017

2017-07-16 | RoboCup2017

世界大会の直前なのに・・・

ジュニア・ジャパンの国際委員会・世界大会情報のブログの更新が全然ない無いぁ

と思ってしました。

すると、昨日、やっと更新がありました。

http://rcjjinternational.blogspot.jp/2017/07/2017.html

 

タイトルは、「ロボカップ2017名古屋世界大会ジュニアシンポジウムへの参加方法について」と書かれているのですが・・・ジュニアシンポジウム!? 初めて聞く名です。

内容は、WEROB(Workshop on Educational Robotics)への参加についての案内のようです。

 

私の認識だと・・・

4日の競技(7月26日~30日)の後にシンポジウムが開催されます。(7月31日ですね)

これを見ると・・・ロボカップというのは研究発表の場だったんだなぁ、と思い出します(笑)

で、このシンポジウムに参加する(発表するのではなく、発表を見に行くこと)のには 245USD の参加費を支払わなければなりません。(245USD と言えんば大金ですよねぇ)

しかし、元々の世界大会の参加者(参加チームメンバーやメンター)は、大会期間のバッチ(いわゆる名札)があれば、そのまま参加できるらしいです。(まあ、一人 160USD を支払っているのだから、当たり前ですよね。)

さらに、ボランティアはボランティアの名札があれば、やっぱりそのまま参加できるそうです。(つまり、無料!)

 

私は、この245USDという値段が謎です。

競技の4日間は、一般の観客も入場料が必要ですが、1日1,000円、4日間で2,000円だそうです。これに比べても、めっちゃ高いですよね。

 

で・・・元の話の戻すと・・・ブログが紹介しているのは、シンポジウムではなく、WEROBのことです。これをワークショップと略すのは判るのですが、ジュニアシンポジウムと言う表現は初めて見ました。(勘違いしなければよいけど・・・)

謎なのは・・・RoboCup 2017 NAGOYA のHPのどこにもWEROBのことが書かれていないことです。

本当にあるの?

どこでやるの?

何で、書いてないの?(笑)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 大きな変更!? | トップ | Rescue CoSpace 2017 Rules 5... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。