Re: The history of "M&Y"

Team "M&Y" and "花鳥風月"
the soliloquy of the father

RoboCupJunior Rapidly Manufactured league

2016-09-17 | RoboCup2016

本日は、日帰りで名古屋に行ってきました。

ジャパンオープンを開催した愛知工業大学です。

レスキュー実機リーグのキャンプが開催されており、その中の Mini Rescue のワークショップに参加してきました。

で・・・Mini Rescue の名称がタイトルにあるように RoboCupJunior Rapidly Manufactured league  に、なったんだそうです。

 

 

で・・・世界大会での報告を聞いて判ったことなど・・・

・最初は、ひとつのコースを制限時間内にどれだけ往復できるかが得点になった

・そのときは、ロボットを目視してリモコン操作していた。

・チームには複数のロボットがあり、コース毎に最適なロボットで競技をした。

・途中からカメラの搭載を依頼され、操作者はそのカメラの映像(だけ)を見て操作した。

・最終的には、コースが組み上げられて大きなフィールドになった。

・大きなフィールドでは、スタート地点は自由に選べたし、好きなコースを何往復してもその得点が何度も入った。(だから、得意なコースを何往復もした)

まあ、まだ競技としては・・・???という感じですね。

 

このリーグは、まだエキシビジョンであり、ジュニアなのかメジャーなのか・・・ルールも・・・はっきりしていません。

今後、どのようになっていくのか楽しみです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« プリウスαねた ブレーキ | トップ | プリウスαねた 617.1kmを走... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ジュニアじゃない・・・ (M&Y父)
2016-09-18 10:01:31
早速、ロボカップの偉い人から、
RoboCupJunior Rapidly Manufactured league ではなくて RoboCup Rapidly Manufactured league です。と指摘をいただきました。いまのところ、ジュニアのカテゴリーでは無いようです・・・

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

RoboCup2016」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。