ミニ菜園/畑の作物・水彩画

毎日が日曜日:晴れの日は畑・時々水彩画、雨の日は読書時々水彩画

このブログをご覧いただいて・・・

2016年12月31日 | その他

◇ 年の暮れご挨拶
   馬齢を重ねるごとに一年が飛ぶように過ぎ、あっという間に年の暮れを迎えた。
 昨年は長女の息子が中学受験で「家族でお母さんの実家に」というわけにいかな
 かった。
   今年はカリフォルニアにいる次女の家族は遠すぎておいそれと来られないので、
 長女・三女の家族と総勢9人でお正月を迎えることになっている。
  親も娘も孫もそれぞれ1歳ずつ歳をとっているが、子供の成長が激しくて、会
 話も遊びも昔と違ってきている。「歳は取りたくないもんだ」と思うがそうはい
 かない。世の中自分だけ若いままというふうには出来ていないのだ。
  今年は人並みに喜寿を迎えた。子供の家族から祝ってもらって嬉しかった。と
 りわけ5人の孫たちから心のこもったメッセージと手作りのプレゼントをもらっ
 た。何よりの贈り物だった。そうすると次は米寿か?。この子らも成人していて、
 もしかすると曾孫まで見られるかも…などと見果てぬ夢で夜も眠れなくなる。

  そんなわけで暮れに来柏するみんなのために正月料理を作る。妻は日本古来の
 ゆかしきおせち料理を作る。娘らはいつも手伝わなくて食べに来るだけなので、
 おせち料理の伝統が継承されるかはなはだ覚束ない。
  吾輩は数十年前から二つの料理を作っている。今週築地で買い物をし、翌日か
 ら作り始めた。一つは松前漬け風、今一つは鮭のマリネ。

   
 
  松前漬け風は北海道のするめ、北海道の数の子、須坂市米子のひたしマメ、自
 家製割り干し大根、北海道のにんじん、柏の柚子である。松前漬けはふつう昆布
 が入るが、ぬるぬるがちょっと食べにくいので入れない。

   
  鮭のマリネは、チリの鮭の切り身、北海道の玉ねぎ、セルリ、柏の柚子である。
 つけ汁はサラダオイル、オリーブバージンオイル、沖縄の塩、砂糖、ブラックペ
 ッパー、にんにくの摺りおろしである。

  新春の華としてピンクのシクラメンが咲き誇っています。
  水彩画の格好の題材です。

  

  早くも庭の梅が蕾を膨らませ、春を待ちかねています。

  

  この一年本ブログにお付き合いいただきありがとうございました。
 来年からは家庭お菜園として借りていた畑が宅地化されるため無く
 なります。庭の1坪で細々と二人分の野菜を作ることになります。
  したがってこのブログも水彩画と読書感想文が 主体となりますが、
 相変わりませずご愛顧のほどお願いいたしまする。

                     (以上この項終わり)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジョナサン・オージエの『夜... | トップ | 新年初めての絵・シクラメン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む