ミニ菜園/畑の作物・水彩画

毎日が日曜日:晴れの日は畑・時々水彩画、雨の日は読書時々水彩画

大谷石資料館を訪ねて

2016年10月28日 | その他

◇ 宇都宮市の「大谷石資料館
  友人4人と馬頭温泉で遊んだあと、宇都宮市にある「大谷石資料館」を見学した。
 大谷石は一時期家の門塀、擁壁、縁石などに多用された。
 今は細々としか出荷されないのでコンクリートブロックなどにとって代わられた。
 フランク・ロイド・ライトの設計になる旧帝国ホテル本館に使用され有名になった。

  そもそも大谷石とは「栃木県宇都宮市大谷町付近に産する流紋岩質凝灰岩の石材名。
 新生代第三紀の火山活動で噴出した火山灰が,海水中に堆積して形成されたもので,
 緑色から淡緑色,あるいは淡褐色を呈する文字どおりのグリーンタフである。かつて
 は露天掘りでつるはしによって採石され,地表に近い層の〈白目〉と下層の〈青目〉
 とに分けられていたが,今日では石切場は地下に移り,地下数10mに達する大洞窟を
 作りながらチェーンソーによって大規模に切り出されている。」
                           (出典:世界大百科事典)
  露天掘りから洞窟掘りとなったため1989年ころ陥没事故が多発し、次第に掘削が
 困難になってきた。かつて掘り進んだ石切り場は現在「大谷石資料館」として公開
(有料:大人700円)されている、また幻想的空間として映画やドラマの舞台、音楽
 イベント、造形芸術の展示などに活用されている。
  掘削後の洞窟は常時10℃前後の温度で、夏なら格好の避暑空間である。

  

     まるでエジプトのファラオの墳墓のような雰囲気。

  
     ただいま気温10℃。

  
       機械掘削時のノコギリの痕。

  
        鑿等で掘っていた当時の掘削痕。

  
       演出が幻想的です。

  
        演劇などに格好の舞台。

  
        例えばこんな演出も。

  


    
       掘削機械1。

  
   掘削機械2。

  
       見学通路遠景。

  
       歴史資料室1。

  
       歴史資料室2。

  
       歴史資料室3。

  
         歴史資料室4。

  「大谷石資料館」は宇都宮駅からバスで30分、450円で行ける。 
                                
                            (以上この項終わり)
   
 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恵比寿ガーデンプレースで写生会 | トップ | 透明水彩で秋の花を描く »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事