正法・阿含仏教あごんぶっきょう 真理への道 釈尊直説の唯一の経典・阿含経 究極の超能力・霊能力開発システム 密教 神道

超人類社会への道 因縁解脱法 霊障解脱法 守護霊法 最高の瞑想法 脳開発法 ノストラダムスの大予言占い ヨガ ようこそ!

日本国憲法は無効!!欽定憲法を民定憲法に改正するのは、理論的にほとんど不可能!!改正ではなく無効化を!!

2017-05-06 02:03:06 | 日本国憲法無効論

日本国憲法の改正はできる限り止めた方が良いと思います。

無効の憲法を改正してしまうと、追認したことになる可能性が出てきてしまうので、改正はできる限り、止めた方が良いと思います。できる限り、無効化すべきです。

象徴天皇制は、立憲君主制ではないということですから、天皇は君主、元首ではないということです。

現代の憲法学通説では、内閣総理大臣が君主、元首ということです。 これは、国体法違反、慣習法違反です。

改正して立憲君主制にしても、この70数年間は、象徴天皇制だったことが残ってしまい、その間、天皇は、君主、元首ではなかったということが歴史上に残ってしまうので、単に改正しても、根本的な問題は解決できません。

ですからやはり無効化する以外にないと思います。

欽定憲法を民定憲法に改正するのは、そもそも作者が違うのですから、ほとんど不可能です。東大法学部が、「八月革命説」という、でっち上げの理論を構築して、それをなんとか可能としてきましたが、この理論は穴だらけで、現在では支持者が急速に減ってきています。そもそも日本で革命など起きていないので当然です。どうして、ポツダム宣言の受諾が、法的革命となるのか、まったく意味不明です。現在では知的水準も上がり、この革命の説明の不十分さが露呈してきており、もはや通用しなくなっているのです。

ですから、欽定憲法を民定憲法に改正するのは、作者が違うのですから、もともとほとんど不可能なのだという点を説明すれば、無効化するのは意外に簡単だと思います。 国民も十分理解できると思います。

これらの点をもっと強調すべきだと思います。


『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月4日(木)のつぶやき その3 | トップ | 5月5日(金)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

日本国憲法無効論」カテゴリの最新記事