大宮をこよなく愛する女子!

埼玉県大宮市。この町で生まれ、この町で育った私。大宮の良いところを存分に語りたいと思います!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大宮の知られざる歴史!住んでいるなら知っておきたいこと。

2017-03-07 11:00:51 | 地域
大宮に住んでいても以外と知らないことが多いという人も多いと思います。その中で、大宮の知られざる歴史について紹介していきたいと思います。住んでいるなら知っておきたいことや知らなかったことも沢山あると思います。

埼玉県最大の都市の大宮にはその展開となったのは明治時代に始まる鉄道、製糸という2つの大きな産業がありました。製糸は2014年に群馬県の富岡製糸場と絹産業遺産群が世界遺産となり正式登録が話題となりました。

この富岡製糸場は昭和14年以降に、大宮に大きな製糸場を構えて経営なので、閉鎖後も長期にわたって施設を保存してきたことが世界遺産登録に繋がっていて、大宮との縁も不快と言われています。

鉄道の街としての歴史ですが、大宮は武蔵国の一宮と言われる氷川神社の門前町として、また特に江戸時代以降、中山道の宿場町として展開した敵視を持つ街で古くからの交通の要衝だったのです。

現在のJR高崎線は、日本初の私鉄である日本鉄道の第1期線で明治16年に開通したのですが、当初は大宮駅は設置されていませんでした。

大宮工場は鉄道車両の修繕や補修が中心に行われてきて、戦前には蒸気機関車の製造も多く行われ、工場周辺には労働者も多く暮らすようになって、大宮は企業城下町的に発展します。

近年は、工場の規模は最盛期に比べると縮小していて、敷地の一部には鉄道博物館が開設されて、フィットネスクラブなどJRグループの企業の出店も見られて、大宮の新たな魅力となっています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 良く語られる埼玉の千葉の論... | トップ | 大宮駅でおしゃれにランチし... »

コメントを投稿

地域」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。