大宮をこよなく愛する女子!

埼玉県大宮市。この町で生まれ、この町で育った私。大宮の良いところを存分に語りたいと思います!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今なき「大宮市」!なぜ、大宮市はなくなったのか・・・

2017-03-07 11:02:47 | 地域
今大宮市はなくなりましたがなぜなくなってしまったのでしょうか?2001年5月に浦和市、与野市と合併して、さいたま市となり消滅してしまいました。

素晴らしかった大宮市ですが、大宮市では、安全、快適で魅力がある都市の実現を目指していました。都市計画マスタープランの策定を進めていて、住民の意見を反映させながら将来の都市の具体的イメージや今後のまちづくりの基本的な方向などわかりやすく示すとして市町村が定めるものです。

実際に少子化や高齢社会の展開やライフスタイルの変化などに対応して安全で快適で魅力のある都市を実現するものでもありました。

都市計画マスタープランの内容としては、実現できるまでには、時間がかかってしまうものも多く、目標としては20年後ということで必要に応じて見直ししながら進めていくようになっていました。

実際に大宮と与野、浦和が合併して、さいたま市が成立していますが、新都心への市役所建設は立ち消えをなってしまい、開発予算や公共施設などは浦和に集中して、病院や保健所なども次々と浦和の方に移されています。

大宮だけで住民投票を行って、市議会と県議会で承認で独立は可能なのでしょうか。という考え方もあり、もとに戻したいと感じている大宮市の住民は具体的に戻したいという気持ちが大きくなっています。

実際に、様々な計画もなくなり、これまで問題なく過ごしていたのに、不便になってしまったことが何よりも理由となっています。

病院がなくなってしまったり、することにより、高齢な人は通う事もなく不安を感じているという事も事実だと思います。

実際に、時代とともに合併する地域もありますが、きちんと最初に話した計画などを守ってくれると良いのですが、違った方向で話が進んでしまうことにより、問題を抱えてしまうのは理解できるような気があります。

大宮を守るためには、大宮市の復活を目指す事も選択の一つと言えるので、話合いなどをきちんと行っていき住民が納得する事が出来る体制も重要になってくると思います。

やっぱりどこの市も同じだと思いますが、住民が減ってしまうことにより、どうしてもも度に戻せなくなり合併するメリットも沢山あります。子供達についても便利な場所に就職したり、仕事をする上で近い場所に家を借りるなどという時代の流れで仕方がないと感じる面も沢山あります。

地元に戻るというような人が少なく、色々な経験をしたいと感じている人、チャレンジも大切という時代なのであきらめてしまうしかないと考えている人もいると思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大宮駅でおしゃれにランチし... | トップ | 私が尊敬する大宮出身の著名... »

コメントを投稿

地域」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。